企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人事のQ&A

相談数14847件   回答数31783

資格取得の助成費用の返還請求について

いつもお世話になっております。

倉庫業・運送業です。
従業員はアルバイト中心で、商品仕分作業員と大型自動車ドライバーがおります。
このたび、大型免許取得者の免許取得費用を助成する制度を導入しようと検討中です。

費用の全額を会社で負担するが、免許取得後1年以内に退職した場合は全額返還してもらおうと考えています。

前提として、会社として資格取得を命じるというものではありません。
アルバイトはもともと商品仕分作業員として、あるいは大型自動車ドライバーとして採用しているので、資格取得は必須ではないのです。
つまり、この資格は場合によっては当社の業務に生かせるという意味(ドライバーの仕事もできるようになる)に過ぎず、資格を持っていれば当社の別の業務に就かせることもできる(商品仕分作業員をドライバーに配置換えできる)という意味で「会社にとって有益だから費用は助成する」が、資格を持っていないからと言って「現在の商品仕分業務に支障はないから資格取得は任意」というものです。

ところで、助成金を支給して返還請求する場合は「損害賠償の予定」にあたるのでダメだが、貸付金という形(1年経過したら返済免除)であればよいという話を聞きました。

費用助成の制度なのに、貸付金という形で利息を取るということには違和感があります。
また、貸付金ということになると返済するのが原則になるはずですが、返済期限をどのように定めればよいかも分かりません。
ちなみに、この制度を導入する場合、就業規則に規定する必要があるでしょうか。あくまでも法律上という意味です。

ご教示いただけると幸いです。

  • *****さん
  • 東京都
  • 運輸・倉庫・輸送
  • 回答数:5件
  • カテゴリ:福利厚生
  • 投稿日:2017/12/01 10:04
  • ID:QA-0073762

この相談に関連するQ&A

プロフェッショナル・人事会員からの回答
5件中 1~5件を表示
並び順:投稿日時順評価順
  • 1

プロフェッショナルより
  • 投稿日:2017/12/01 11:50
  • ID:QA-0073768

オフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

ご相談の件ですが、ご認識の通り、こうした自由取得の資格に関する費用援助につきましては、労働契約と関連性のない貸借契約を締結する事で返還を求める事も可能となります。

そして、この貸借契約につきましては法令違反とならない限り任意で内容を定める事が可能です。それ故、当該貸付金の性格からも利息を徴収される必要性もございませんので、原則無利息での貸付とされるのが妥当といえるでしょう。返済期限につきましても、例えば退職後1か月以内とされる等、現実的な期限を設定される事で差し支えございません。また貸付金の詳細規定については書籍やネット検索等で容易に調べる事が出来ますので、参考にされてもよいでしょう。

  • 投稿日:2017/12/02 00:47
  • 相談者の評価:参考になった

丁寧なご回答、誠にありがとうございます。
参考にさせていただきます。

この回答は参考になった
参考になった:0名
プロフェッショナルより
  • 投稿日:2017/12/01 12:04
  • ID:QA-0073770

人事・経営コンサルタント

貸付

ご提示のように、資格取り逃げを防ぐため、助成ではなく貸し付けとして金銭消費貸借契約をする例があります。ただし業務に必須な資格ですと、退職妨害となり契約が違法とされる可能性があるようですが、本件は業務に直接結びつかないということですので普通の貸付契約となるでしょう。退職を妨害するペナルティを課すのは労基法で禁じられます。

貸し付け契約であれば、いちいち就業規則への反映はいらないので対応もいらないことになります。また貸付期間ですが貴社の一般的在職期間含めて考える必要がありますが、2年程度にする企業は多いようです。返済免除義務を果たせば負担はゼロなのですから、利息も発生しないはずで、それに満たずに取り逃げする場合に一定の負担を負うのは自然な感じを受けます。

尚、職業選択の自由は憲法の規定のため、本件について小職の知る範囲で絶対的な法的正当性を保証するものではないといえます。実際には弁護士など交えて慎重に契約なども作成する必要があります。何より当人への丁寧で詳細な説明とあくまで退職自由の保障など、その説明理解の証拠も残すような対応が必要でしょう。

  • 投稿日:2017/12/02 00:53
  • 相談者の評価:参考になった

丁寧なご回答、誠にありがとうございます。
参考にさせていただきます。

逃げ得ということで思ったのですが、退職者との連絡が取れなくなったときに備えて「退職時には給与天引きすることに同意します」という旨の誓約書を取ることはどうかな、ということを思いました。

この回答は参考になった
参考になった:0名
プロフェッショナルより
  • 投稿日:2017/12/01 12:42
  • ID:QA-0073773

代表者

免除特約付金銭消費貸借契約の締結で対処、貸付金規程は必要

▼ 本費用助成のポイントは、「会社にとって有益」だが、「資格取得は従業員の任意」、且つ、(推定乍ら)「取得しないことよる不利益扱い無し」と言った処でしょうか。
▼ その程度の助成金制度なら、労働契約とは別個の免除特約付金銭消費貸借契約の締結で、労基法16条違反にもならないでしょう。但し、対象は会社の公金故、貸付金規程(就業規則の付属)を設け、シッカリした契約が必要です。
▼ 福利厚生の一環とすれば、無利息としても税法上の問題は生じないでしょう。返済期限は、貸付金額と従業員の返済能力を考慮して御社ご自身で決められるべき事項です。
▼ 免許取得後1年以内に退職した場合は全額返還という条件は、取得後1年以上勤務すれば、貸付金返済義務免除と理解してよいのでしょうね。

  • 投稿日:2017/12/02 01:00
  • 相談者の評価:参考になった

丁寧なご回答、誠にありがとうございます。
参考にさせていただきます。

労基法上、就業規則には規定しなければならない事項があるとことで、今回の助成金(貸付金)制度は労基法上規定しなければならない事項であるのか分かりませんでした。
ちなみに対象者は全従業員ではなく、商品仕分作業のアルバイトのみです。

この回答は参考になった
参考になった:0名
プロフェッショナルより
  • 投稿日:2017/12/01 13:11
  • ID:QA-0073774

株式会社ベネフィット・ワン ヒューマン・キャピタル研究所 所長 千葉商科大学会計大学院 教授

資格取得費用の退職時の返還

・「損害賠償の予定」は、業務上必要な資格であり、本来、使用者が負担すべき費用についての定めです。貴社は自己啓発補助ですので、労働基準法には抵触しないと考えます。これは労基署に確認してください。
・それが気になるのであれば、「資格を取得して後、1年以上勤務した者」に支給すれば、返還が発生することはありません。
 または半額を合格後補助し、残りは1年後にする規程ではいかがでしょうか?

  • 投稿日:2017/12/02 01:07
  • 相談者の評価:参考になった

丁寧なご回答、誠にありがとうございます。
参考にさせていただきます。

貸付という形ではなく、事後支給ということも考えましたが、それだと資格取得時に従業員が立替をすることになるので、利用者がほとんどいないという懸念がありました。

この回答は参考になった
参考になった:0名
プロフェッショナルより
  • 投稿日:2017/12/01 19:46
  • ID:QA-0073787

東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 

ご質問の件

・貸付金ですから、利子を取っても問題はありません。ただし、あらかじめ利子の有無は明確にしておく必要があります。

・1年以上継続した場合には免除ということであれば、途中で辞めた時点で請求すればよろしいでしょう。返済方法や期日は貸付金額にもよりますが、これもあらかじめ明確にしておく必要があります。

・全社員が対象のスキルアップ研修に対する貸付金制度ですから、就業規則にも共通ルールを規定したうえで、金銭消費貸借契約を結ぶ必要があります。

  • 投稿日:2017/12/02 01:13
  • 相談者の評価:参考になった

丁寧なご回答、誠にありがとうございます。
参考にさせていただきます。

今回の対象は、全従業員ではなく仕分業務のアルバイトを想定しています。それであれば就業規則への記載は不要と考えても差し支えないでしょうか。

この回答は参考になった
参考になった:0名
回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
会社補助による資格取得者の転職制限について
会社業務において必要と思われる資格を従業員に取得して貰いたいと考えており、その全額または一部を会社にて負担したいと考えています。 そこで問題になったのが、その資格が転職に優位な四角のため、会社負担(一人あたり数十万を予定)での資格取得者が、その資格を持ってすぐに他社に転勤などを行うのを防止したいと考...
会社指定資格の取得について
基本的なことですが、会社が資格取得してもらうことを明示しておきたい(規程に掲載したい)場合は 就業規則でしょうか?それとも資格取得(取得できない場合の職務変更も必要になりますので)による 給与改定が発生する可能性もあることから、給与規程でしょうか? どのような規程に掲載するのがよいのかわからず。 教...
【労働保険】資格取得時の表彰金について
いつもお世話になっております。 当社では、会社が推奨する資格を取得したものに対し、表彰金(一時金)を贈る制度があります。 この表彰金は、労働保険の賃金にあたるのでしょうか? 支給は一回限り、一時金の金額は資格により1万~3万円程度です。 尚、所得税の課税対象になることは承知しております。 よろし...
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

この相談に関連する記事

  • 会社は社員の「資格取得」をどこまでサポートしてくれる?
    働く社員の側にとっても、自己のキャリアアップにつながる資格取得に会社が何らか援助してくれることは大歓迎だと思いますが、では実際にその援助は今、どこまで進んでいるのでしょうか。企業の資格取得援助をめぐる事情について、労務行政研究所の調査をもとに探ってみます。
  • 転職と資格取得の関係
    「資格取得」を転職やキャリアアップの強力な武器と考えている人は多い。メディアを見ても、資格取得のためのスクールや通信講座などが、「資格を取れば人生大逆転も可能!」とでもいうような勢いで、連日派手なPR合戦を繰り広げている。しかし、実際に採用する企業サイドは、あくまでも実務経験優先が基本という姿勢を崩...
  • 人事制度構築フロー
    人事制度構築はどのような手順で行うのだろうか。ここでは、既存の企業が人事制度を新たに構築する際の一般的なフローを見ていく。

あわせて読みたいキーワード

出生時両立支援助成金
「出生時両立支援助成金」とは、男性従業員が育児休業を取得しやすい制度の導入や職場風土醸成の取り組みを行い、実際に男性従業員がその制度を利用して育児休業を取得した企業に支給される助成金で、「イクメン助成金」とも呼ばれています。仕事と育児の両立を望む男性と両立支援に取り組む事業主を後押しするために、20...
高年齢者等共同就業機会創出助成金
45歳以上の高齢者が3人以上集まって会社を設立し、雇用保険に加入したうえで同じような年齢の人たちに雇用機会を提供すると、会社の成立にかかった費用や設備投資の3分の2が支給される制度です。
受給資格者創業支援助成金
失業して雇用保険をもらっている期間中に、就職することをやめて起業した場合に、一定の要件を満たせば支給される助成金です。要件は厳しいのですが、独立や起業を考えている人には大きな追い風となるかもしれません。

定番のQ&Aをチェック

従業員に役員は含まれるか
はじめて、投稿します。よろしくお願い致します。 一般的に就業規則で『従業員の定義』という条項で役員を含むかどうか言及していない場合で、かつ別途役員就業規則を設けていない場合、この従業員に役員は含まれると解釈するのでしょうか?
有給休暇取得率の計算方法
有給休暇取得率の計算方法を教えて頂けませんでしょうか? 本日の日経新聞の一面にも「43.7%」という数字がありましたが、 どういう計算式によって算出し、比較すれば良いかが知りたいと思っております。 有休は期限が2年間というややこしい部分もありますので、具体的に教えて頂けますと幸いです。
産休・育休取得者の翌年の有給休暇付与について
いつも的確な回答を頂き有難うございます。 産休・育休取得後、翌年の有給休暇付与についてお伺いさせていただきます。 これまで私の認識では、 ・育児休業だけでなく産前産後休暇を取得した期間についても出勤したものとみなす ・そのため産休・育休を取得しても翌年の有給休暇付与には影響しない、と考えておりまし...
次世代リーダー育成特集

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

介護休業取得応援奨励金 - 東京しごと財団 ジョブ・カード制度 総合サイト
相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

プロフェッショナル回答ランキング

集計期間:11/01~11/20
服部 康一 服部 康一
オフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
小高 東 小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 
得意分野:経営戦略・経営管理、モチベーション・組織活性化、法改正対策・...
川勝 民雄 川勝 民雄
代表者
得意分野:労務・賃金、福利厚生、人材採用、人事考課・目標管理

注目コンテンツ


次世代リーダー育成特集

さまざまな取り組み方がある「リーダーシップ育成」について手法や外部ソリューションをご紹介します。
コンテンツトップバナー


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


事業所内保育施設を作る強い味方!<br />
内閣府が主導する「企業主導型保育事業」とは

事業所内保育施設を作る強い味方!
内閣府が主導する「企業主導型保育事業」とは

2016年4月に内閣府が「企業主導型保育事業」をスタートしました。これ...