企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人事のQ&A

相談数13191件   回答数27609

当社の社会保険料の徴収は当月徴収、翌月徴収どちらに該当?

いつもお世話になります。

インターネットで随時改定について次のような記述がありました。

**********************************************************
<随時改定を行うケース>

随時改定を行う場合は、次にあげた3項目のすべてに該当したときになります。

1.固定的給与が変更になったこと。
2.変動月から連続3か月間の支払基礎日数が17日以上であること。
3.この3か月間の給与の平均額から計算した標準報酬月額と、これまでの標準報酬月額に2等級以上の差があること。

実際の給与計算業務では、随時改定の対象になった月から数えて、4か月後(保険料を当月徴収している会社)あるいは5か月後(保険料を翌月徴収している会社)に保険料が変更になります。
**********************************************************
当社の給与計算は月末締めの翌月10日払いなのですが(例:9月給与でしたら、9月30日で締めて10月10日に給与を支給)。例えば、9月1日入社でも9月20日入社でも、9月度給与(10月10日支給分)より社会保険料を控除していますので、上述のインターネットの記述の当てはめますと、当社の場合、保険料を当月徴収している会社と考えてよろしいのでしょうか?

それとも、9月度給与の社会保険料は9月度給与より控除していますが、支給日(10月10日)から見ますと、翌月(10月)に控除していると考え、上述のインターネットの記述に当てはめますと、保険料を翌月徴収している会社と考えるのでしょうか。

  • newyuiさん
  • 神奈川県
  • その他業種
  • 回答数:2件
  • カテゴリ:雇用管理
  • 投稿日:2017/11/01 08:48
  • ID:QA-0073228

この相談に関連するQ&A

専門家・人事会員からの回答
2件中 1~2件を表示
並び順:投稿日時順評価順
  • 1

専門家より
  • 投稿日:2017/11/01 09:56
  • ID:QA-0073233

オフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

ご相談の件ですが、文字通り御社の場合は翌月徴収されていますので、実務上では5か月後からの保険料変更となります。

例えば9月度給与から見直し対象となる場合、9月~11月の翌月、つまり12月給与分から変更となりますが、御社の場合は翌月10日支給ですので、1月10日支給分からの変更適用、つまり9月から数えて5カ月後からの変更ということになります。

  • 投稿日:2017/11/01 11:32
  • 相談者の評価:大変参考になった

いつもお世話になります。
大変参考になりました。
有難うございました。

この回答は参考になった
参考になった:0名
専門家より
  • 投稿日:2017/11/01 14:09
  • ID:QA-0073246

東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 

ご質問の件

社会保険は、原則支給月ベースで考えます。

10/10支給分から固定的賃金が変更し、10,11,12月で2等級以上変動があれば、1月分(4月目)の保険料から改定しますので、翌2月(5月目)支給から保険料は変更となります。

  • 投稿日:2017/11/01 15:10
  • 相談者の評価:大変参考になった

いつもお世話になります。
大変参考になりました
有難うございました。

この回答は参考になった
参考になった:0名
回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
海外出張と海外派遣の労災の適用
いつもお世話になります。 以下、ご質問です。よろしくお願いします。 厚生労働省の「特別加入制度のしおり」の「海外派遣と海外出張の区分」を見ますと以下のような記述があります。 ************************************************************...
育児短時間勤務社員の休日出勤について
お世話になっております。 ********************************************** まずは弊社の基本情報ですが、 ・所定労働時間は8:30~17:00の7.5時間です。 ・土日祝日がお休みの、完全週休2日制です。 ・休日出勤は、基本的には振替休日を後日取得するこ...
パート社員の雇用契約書の定年についての表記
いつもお世話になります。 当社ではパート社員の定年について定めていなかったため、今年4月1日よりの就業規則では定年制を定めることとしました。 色々な意見が出た中で、60歳未満のパート社員については以下のように定めることとしました。 ********************************...
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

この相談に関連する記事

  • 中途採用の「現状」
    人材不足が叫ばれる中、中途採用の応募は「集めにくかった」が「集めやすかった」を大きく上回るーー。最近の中途採用の実績と見通しについて、実態調査をもとに分析する。
  • 「給与計算」とは
    企業と従業員は、労働に対して給与を支払うという労働契約で結ばれています。遅配や支給ミスなどがあれば、従業員の信頼は大きく損なわれてしまうでしょう。ここでは労働契約の根幹を支える業務である給与計算の仕組みを正しく解説し、効果的な給与計算システムの導入やアウトソーシングを活用するための情報を提供します。...
  • 「給与計算代行」の利用メリット
    企業を取り巻く環境が変化のスピードを増している現代。企業にとって、欠かせないサービスとなりつつあるのが「人事給与業務の戦略的アウトソーシング」=「給与計算代行」だ。

定番のQ&Aをチェック

規程と規則の違いについて
現在、規程類の見直しをおこなっているのですが、 規程類の中で就業規則だけが「規則」となっております。 なぜ就業「規程」と言わないのでしょうか。 定義に違いがあるのでしょうか。 会社ごとに決めることなのでしょうが、 多くの会社が就業「規則」としていると思います。 なにか意味があるのでしょうか。 ...
有給休暇取得率の計算方法
有給休暇取得率の計算方法を教えて頂けませんでしょうか? 本日の日経新聞の一面にも「43.7%」という数字がありましたが、 どういう計算式によって算出し、比較すれば良いかが知りたいと思っております。 有休は期限が2年間というややこしい部分もありますので、具体的に教えて頂けますと幸いです。
産休・育休取得者の翌年の有給休暇付与について
いつも的確な回答を頂き有難うございます。 産休・育休取得後、翌年の有給休暇付与についてお伺いさせていただきます。 これまで私の認識では、 ・育児休業だけでなく産前産後休暇を取得した期間についても出勤したものとみなす ・そのため産休・育休を取得しても翌年の有給休暇付与には影響しない、と考えておりまし...
定着率を高め、自発的に行動する新入社員を育成するソリューション特集

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

管理者が成長するために必要なこと 表彰盾/記念品工房のアトリエグレイン
相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

専門家回答ランキング

集計期間:09/01~09/18
服部 康一 服部 康一
オフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
増沢 隆太 増沢 隆太
人事・経営コンサルタント
得意分野:モチベーション・組織活性化、安全衛生・メンタルヘルス、人材採...
小高 東 小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 
得意分野:経営戦略・経営管理、モチベーション・組織活性化、法改正対策・...

注目コンテンツ


定着率を高め、自発的に行動する新入社員を育成するソリューション特集

本特集では、自発的に行動し、早期に戦力となる新入社員を育成するための多彩なプログラムをご紹介。体験セミナーや資料請求のお申込みも可能です。万全の体制で春を迎えるために、ぜひご活用ください。



新しい働き方を実現するソリューション特集

いま、『日本の人事部』が注目する『働き方改革』についての記事・セミナーやサービスをご紹介します。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


2020新卒採用の“傾向”と“対策”

2020新卒採用の“傾向”と“対策”

大卒求人倍率は7年連続して上昇、300名未満の中小企業の求人倍率は9....