企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人事のQ&A<解決済み>

相談数12150件   回答数25154

業務災害か通勤災害か

はじめまして。労務配属1ケ月になります。判断できない案件がでましたのでご相談させていただきます。
① 被災者は金曜日の夕方、タイムカード押し、業務を終えて、会社の敷地から公共の道路をまたいで従業員駐車場に向かっていました。
② 横断歩道を渡り終えるあたりで体ががくっとなり股関節に違和感を感じました。転倒はなく、痛みも感じてなくそのまま帰宅。
③ 土曜日は通常出勤、通常業務で、他の従業員も「何ら違和感がなかった」と確認
④ 日曜日は通常の休み 外出なども行っている
⑤ 月曜日の朝、起床した時に股関節に痛みを感じた。会社まで出勤したが痛みで仕事ができそうにないとしてそのまま帰宅。行きつけの病院へ行った。
⑥ 病院の診断では骨折は無く「筋を痛めたのだろう」との見解。夕方、医者の見解を聞き行く。「被災者は腰痛を持っており日曜日も外出していますし、金曜日に違和感があったそうですがそれが今回の股関節の痛みを原因とは言い難いです。直接原因はわかりません」とコメントされる
⑦ 被災者も「私病」ということを認めている

ただ、元請の方から「これは通勤災害だ」としつこく言われています。
わが社は下請けなので何も言い返せないのですが上記の案件は「労働災害」や「通勤災害」にあたるのでしょうか。
ご指導よろしくお願い申しあげます。

  • 投稿日:2017/10/19 08:06
  • ID:QA-0072984

この相談に関連するQ&A

専門家・人事会員からの回答
3件中 1~3件を表示
並び順:投稿日時順評価順
  • 1

専門家より
  • 投稿日:2017/10/19 10:09
  • ID:QA-0072989

東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 

ご質問の件

体が、がくっとなったことに災害的要素があれば、通勤災害の可能性がありますが、特に原因もなく、ただ普通に歩いていただけということであれば、それは日常動作ということになり、たまたま通勤途上に起こっただけで、通勤災害とは認められません。ただし、最終的には労基署が判断しますので、請求してみるのはかまいませんが。

  • 投稿日:2017/10/19 14:08
  • 相談者の評価:大変参考になった

ご回答ありがとうございました。被災者はただ横断歩道を歩いていただけで、横断歩道にも凸凹は見られませんでした。非常に難しい内容だったのが分かりました。早急に労基署に伺います。ありがとうございました。

この回答は参考になった
参考になった:0名
専門家より
  • 投稿日:2017/10/19 11:04
  • ID:QA-0072993

代表者

通勤災害の判断は困難。労基署、労働センターに意見を求めた上で対処を

▼ 通勤災害に関する全ての定義要件に就き、本件の該当性をチェックしてみましたが、積極的に肯定、或いは、否定する決め手は見当りませんでした。
▼ こうなれば、力関係で、元請がぐいぐい押してくるのは容易に想定出来ますので、先ず、書面に相談に関する状況を正しく、簡潔に記載し、所轄労基署、或いは、都道府県労働センターに出向き、意見を求めた上で、本人、並びに、元請に対応されることをお薦めします。

  • 投稿日:2017/10/19 14:10
  • 相談者の評価:大変参考になった

早々の対応ありがとうございました。難しい案件だったんですね。労基署に伺いたいと思います。

この回答は参考になった
参考になった:0名
専門家より
  • 投稿日:2017/10/19 18:13
  • ID:QA-0073008

オフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

ご相談の件ですが、やはりポイントは今回の股関節の痛みが業務負担によるものであるのか、帰宅の際の出来事によるものであるのか、それとも持病等の私傷病によるものであるのかといった原因事由にあるものといえます。

文面を拝見する限り、実際にどれに当たるのかは医師でも不明という事ですので、まして素人判断で労災適用を決める事は不可能といえるでしょう。まして、当人が私傷病であると言われているにもかかわらず元請側が明確な理由も示されずに通勤災害と決めつけるのは明らかに不適切といえます。

結局のところ、判断は労働基準監督署に委ねるしかございませんので、御社といたしまして再度主治医や産業医に可能性が高いと思われる原因を確認の上、監督署にご相談されるのが妥当といえるでしょう。

  • 投稿日:2017/10/22 08:19
  • 相談者の評価:大変参考になった

ご回答ありがとうございました。最後は労基に行かないといけない事が良く分りました。

この回答は参考になった
参考になった:0名
回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
26業務について
26号業務内で2つ以上の業務を行う契約書(○号業務と○号業務のような形式)は有効となるのでしょうか?
通勤災害になるか
出勤中、会社の敷地内(建物前のスロープ)で滑って負傷をした場合は、通勤災害と考えてよろしいでしょうか。 また、通勤と業務中の境目の判断はどこになるでしょうか。
休職期間中の出勤時における労災
いつもお世話になっています。 さて、質問ですが、休職期間中に当人を会社に用事で呼び出した場合に、たまたま通勤災害にあったときは、通勤災害の取り扱いとなるのか? 教えてください。
新たに相談する
相談する(無料)
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

この相談に関連する記事

  • 発生しうるリスクを意識した管理が必要!従業員の「自転車通勤」をめぐる問題点と社内規程・書式の作成例
    昨今、エコブームや健康を意識して、都市部を中心に自転車通勤を始める人が増えています。それに伴い、自転車通勤によるリスクも高まっています。今回の記事では、通勤中に事故が発生した場合の対応や通勤費の取扱いなどについて、わかりやすく解説しています。
  • 中堅・中小企業調査──業務・通勤災害の法定外補償
    労働災害の発生に備え、多くの企業では、労災保険法による法定給付に加えて、独自の上積みを図るための法定外補償(付加給付)制度を設けています。労務行政研究所では、主要企業を中心に、1、2年に1度、業務災害・通勤災害における法定外上積み補償の水準調査を行っていますが、今回、従業員1,000人未満の中堅・中...
  • 長時間通勤は採用の合否に影響する?
    採用選考の際に、居住地を合否の判断材料にはしないというのは、人事にとって基本だろう。しかし、長時間の通勤が業務に差し支えることが予想されるケースもないわけではない。家庭の事情で転居できないと最初から分かっている場合は、本人が通勤可能だと主張しても、企業側はどうしても気になってしまうものだ。特に郊外か...

定番のQ&Aをチェック

26業務と自由化業務(一般派遣)の違いについて
いまいち26業務と自由化業務の区別がピンときませんので教えて頂きたく存じます。 両者とも派遣期間が3年ということは分かっているのですが、3年を超えた場合は26業務も自由化業務も両方とも派遣労働者へ「雇用契約の申込みをする義務」が発生するのでしょうか? また、自由化業務は絶対に正式雇用にしなければ...
従業員に役員は含まれるか
はじめて、投稿します。よろしくお願い致します。 一般的に就業規則で『従業員の定義』という条項で役員を含むかどうか言及していない場合で、かつ別途役員就業規則を設けていない場合、この従業員に役員は含まれると解釈するのでしょうか?
会社の緊急連絡網の作成について
総務では現在、従業員の連絡先(自宅、又は自宅+携帯電話)を把握している状態です。 他は、各従業員の意思により個人、又は上長に連絡先を教えあっている状態で、 会社としての連絡網は作成していません。 新任の部門中の発案で、会社としての緊急連絡網を作成して配布するよう指示がきたのですが、 総務で把握して...
受けさせたいスキルアップ系講座特集

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

相談する
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

専門家回答ランキング

集計期間:11/01~11/24
服部 康一 服部 康一
オフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
小高 東 小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 
得意分野:経営戦略・経営管理、モチベーション・組織活性化、法改正対策・...
川勝 民雄 川勝 民雄
代表者
得意分野:労務・賃金、福利厚生、人材採用、人事考課・目標管理
<アンケートのお願い>採用マーケットの構造変化に関する意識調査

注目コンテンツ


『日本の人事部』受けさせたいスキルアップ系講座特集

コミュニケーションや英語力、個人の生産性やPCスキルなど、ビジネス上必須となる多彩なプログラムをご紹介



「健康経営特集」
従業員の健康づくりを通じて生産性向上を目指す!

健康経営の推進に役立つ多彩なプログラムをご紹介。資料請求のお申込みや資料のダウンロードも可能です。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


HR Techで人事が変わる~AI・データ分析の基本と実例~ 提供:ワークデイ

HR Techで人事が変わる~AI・データ分析の基本と実例~ 提供:ワークデイ

HRカンファレンス2016秋で大好評だった、『HR Techで人事が変...