企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人事のQ&A

相談数13525件   回答数28409

通勤手当について

以前勤めていた会社は、車通勤の人も電車通勤のひとも皆、交通費は電車代で支払われていました。

会社には車で来ると伝えてあるけど、実際には 給与明細に通勤手当として電車代が記載されていました。

法律上ほんとうはだめなんですか?
それともそういう決まりを会社で作っていればOKですか?

  • bnndさん
  • 兵庫県
  • 医療・福祉関連
  • 回答数:3件
  • カテゴリ:報酬・賃金
  • 投稿日:2017/10/19 02:12
  • ID:QA-0072983

この相談に関連するQ&A

専門家・人事会員からの回答
3件中 1~3件を表示
並び順:投稿日時順評価順
  • 1

専門家より
  • 投稿日:2017/10/19 09:52
  • ID:QA-0072987

東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 

ご質問の件

問題ありません。

通勤手当は、支給するかどうかも含めて法律で義務化されているものではありませんので、支給する場合には、どのように支給するかは会社の規定どおりで問題ありません。

  • 投稿日:2017/10/19 10:08
  • 相談者の評価:大変参考になった

重ねて質問してもよろしいですか?
通勤手当などは、非課税になると思うのですが、車通勤の場合、非課税なるワク(範囲)が法律で定められていると聞いたことがあります。
会社で独自に基準を作って支給しても、一部課税対象になったりするんでしょうか?公共交通機関 なら、問題ないのですか?

この回答は参考になった
参考になった:0名
専門家より
  • 投稿日:2017/10/19 10:21
  • ID:QA-0072990

東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 

ご質問の件2

通勤手当が課税か非課税かは別の問題となります。車通勤の場合には、距離数に応じて一定額以上は課税となりますが、実際に支給している、電車通勤計算の額で判断して問題ありません。
支給額が一定額以内であれば、非課税ですし、一定額を超えた分については課税となります。

この回答は参考になった
参考になった:0名
専門家より
  • 投稿日:2017/10/19 17:51
  • ID:QA-0073007

オフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

ご相談の件ですが、通勤費用の支給内容につきましては、労働法令上定めがございませんので、そのような方法でも直ちに違法ということにはなりません。

但し、就業規則上で車通勤として正式に支給する旨の定めがある場合ですと、やはり規則違反として改めるべき措置ということにはなります。

加えまして、通勤費に関しましては交通手段によって非課税枠が税法上定められていることからも、実態と異なる記載をされていますと、場合によっては非課税枠が適用されないといった不利益を受けることも考えられます。

従いまして、車通勤であれば、当然ながら車通勤の費用と分かるよう明確に記載されるべきといえます。

この回答は参考になった
参考になった:0名
回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
マイカー通勤者の通勤交通費について
ほとんどがマイカー通勤者ですが、通勤交通費としてバス・電車で通勤した場合の定期代を支給しています。これでは非課税限度額を超過していることになるようですが、マイカー通勤者は非課税限度額までの通勤手当に変更しないとまずいでしょうか。脱税になりますか?
申請通勤手段と異なる通勤手段による通勤災害について
当社では、従業員に通勤手段、経路を申請されたものを基に通勤手当を支給しています。 もし、会社に申請している通勤手段以外の方法で通勤した場合、通勤災害(労災)は認定されるのでしょうか。 例)会社申請通勤手段・・・JRによる電車通勤   事故発生時通勤手段・・・自家用車 よろしくお願い致します。
通勤手段について
現在自転車で通勤をしております。 今後会社の動きとして、事業所によっては自転車通勤を認めないことになるそうです。 理由としては、駐輪場が少ない(もしくはない)ため。建前的には交通安全のためということでもあるようです。 私の場合、電車で通勤した場合30分、自転車の場合10分と通勤時間が大きく変わるため...
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

この相談に関連する記事

  • 発生しうるリスクを意識した管理が必要!従業員の「自転車通勤」をめぐる問題点と社内規程・書式の作成例
    昨今、エコブームや健康を意識して、都市部を中心に自転車通勤を始める人が増えています。それに伴い、自転車通勤によるリスクも高まっています。今回の記事では、通勤中に事故が発生した場合の対応や通勤費の取扱いなどについて、わかりやすく解説しています。
  • 長時間通勤は採用の合否に影響する?
    採用選考の際に、居住地を合否の判断材料にはしないというのは、人事にとって基本だろう。しかし、長時間の通勤が業務に差し支えることが予想されるケースもないわけではない。家庭の事情で転居できないと最初から分かっている場合は、本人が通勤可能だと主張しても、企業側はどうしても気になってしまうものだ。特に郊外か...
  • 薄井ゆうじさん 「新会社法」で起業して成功する社長、失敗する社長
    今年5月から新しく「新会社法」が施行され、誰でも資本金1円でも簡単に株式会社がつくれるようになります。しかし、「なぜ会社をつくるのか」「会社をつくるとはどういうことなのか」が、現在ほど問われている時代もないでしょう。薄井さんに改めて、会社をつくるということについてうかがいました。

定番のQ&Aをチェック

離職率の算出方法について
当社では離職率は、年初の従業員数を分母として、当年内に退職した従業員数を分子(当年に入社し、退社した数は除く)としてを算出しています。法的な離職率の算出方法はどのような算出方法なのでしょうか?もし法的なものがなければ、他社事例など教えていただければ幸いです。
会社の緊急連絡網の作成について
総務では現在、従業員の連絡先(自宅、又は自宅+携帯電話)を把握している状態です。 他は、各従業員の意思により個人、又は上長に連絡先を教えあっている状態で、 会社としての連絡網は作成していません。 新任の部門中の発案で、会社としての緊急連絡網を作成して配布するよう指示がきたのですが、 総務で把握して...
通勤交通費の支給に関する規定、ルール
お世話になっております。 現在通勤交通費は、社内申請書の自己申告記載のみで支払っております。(6ヵ月毎)。 規程には「交通費の実費を支給する」とあるのみで、遠回りの経路を 申請している社員にも申請書に記載している遠回りの経路の金額を 支払っているのが現状です。口頭注意しても是正されず。 通勤交通...
注目のHR Technology特集

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

インディードの採用ノウハウを無料公開 高尾の森わくわくビレッジ
相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

専門家回答ランキング

集計期間:12/01~12/10
服部 康一 服部 康一
オフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
小高 東 小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 
得意分野:経営戦略・経営管理、モチベーション・組織活性化、法改正対策・...
増沢 隆太 増沢 隆太
人事・経営コンサルタント
得意分野:モチベーション・組織活性化、安全衛生・メンタルヘルス、人材採...
<アンケートのお願い>人事コンサルティングに関する活用実態調査

注目コンテンツ


注目のHR Technology特集

【採用・退職率予測・エンゲージメント推進】
人事・経営者として知っておきたいHR Technologyサービス、セミナー、資料をピックアップ!


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


人手不足と多様化の時代<br />
「給与前払い」は人材採用のフックとなるか?
new

人手不足と多様化の時代
「給与前払い」は人材採用のフックとなるか?

人材獲得施策にはさまざまなものがありますが、最近注目されているツールが...


グローバル時代を勝ち抜くために必要な“人材育成とマネジメント”

グローバル時代を勝ち抜くために必要な“人材育成とマネジメント”

日本企業はグローバル化を進めるにあたり、長年解決できない課題を持ち続け...