企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人事のQ&A

相談数13046件   回答数27280

セクハラ社員の異動にかかる費用負担

社内でセクハラ事案が発生しました。
双方の言い分を聞き、弁護士にも相談し、加害者を異動させることとなりました。
この異動には転居を伴い、かつ、単身赴任となる予定です。
これにかかる費用等をどうしたらよいか、悩んでいます。

ちなみに、もともとは転勤のない会社であったため、
会社命令で転居した場合の転居費用や、単身赴任中の住居補助、単身赴任旅費等について
労使での取り決めもなく、社内の規程もありません。
ただ、別の営業所で2名、業務上、転居を伴う異動を命じたことがあり、
彼らには引越しの費用負担や住宅補助を行っています。

それにならうと、会社が命じる異動による転居といえるので、
前例の2名のように会社が費用負担をするのが当たり前のような気もするのですが
なにしろ、異動の発端は加害者社員のセクハラにあり、社としてもやむなく命じた異動です。
それなのに会社で負担をしなくてはいけないものなのか、と疑問に思いました。

一般的にはどのような取り扱いをされているのでしょうか。

被害者と加害者の営業所は人数が少なく、狭いフロアで顔を合わせずに
就労させることは難しいこと、また、セクハラの程度は軽微ですが、
被害者の精神状態が良くないため、異動は止むを得ないと考えています。

この場合の費用負担について、ご教示いただけましたら幸いです。

  • 規程整備中さん
  • 北海道
  • 販売・小売
  • 回答数:2件
  • カテゴリ:福利厚生
  • 投稿日:2017/08/18 17:19
  • ID:QA-0072017

この相談に関連するQ&A

専門家・人事会員からの回答
2件中 1~2件を表示
並び順:投稿日時順評価順
  • 1

専門家より
  • 投稿日:2017/08/22 00:01
  • ID:QA-0072052

人事・経営コンサルタント

事例

掲示板では詳細も経緯もわかりませんので、あくまで法律ではなく似た事例の説明であることご理解下さい。
懲戒と異動は別物で、本人も認めている以上懲戒対象であって、減給や降格など処罰を行い、それで懲戒は終了です。異動は懲戒ではありませんので、一般の会社指示と同じに扱い、必要経費ももちろん会社が負担します。この二つを混同してしまうと二重懲罰となる恐れが高く違法性が出てきます。お気持ちはわかりますが、しっかり懲戒で形を付けることで完結できるように対応するのが先でしょう。

  • 投稿日:2017/08/22 08:30
  • 相談者の評価:大変参考になった

懲戒と異動は別物と考える、目からウロコです。
切り分けて考えなくてはならないですね。
ありがとうございます。大変勉強になりました。

この回答は参考になった
参考になった:0名
専門家より
  • 投稿日:2017/08/22 09:50
  • ID:QA-0072076

オフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

ご相談の件ですが、理由はどうであれ、会社が異動を命じた以上、過去の例と同様異動に伴って生じる最小限の費用負担については会社側が負うべきといえます。

しかしながら、既に転勤事例が散見されているにもかかわらず規定が設けられていないというのでは、都度対応に苦慮しなければなりませんので、御社の転勤実態を踏まえた上でこの機会に転勤に関わる規定内容をきちんと整備されることをお勧めいたします。

  • 投稿日:2017/08/22 10:40
  • 相談者の評価:大変参考になった

ありがとうございます。
転居に伴う費用について、巷の「転勤取扱規程」の雛形なども参考にしながら、整備を進めてまいります。

この回答は参考になった
参考になった:0名
回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
本人希望の異動における転居費用の負担
当社では業務命令での転勤に関しては転居費用等を会社で負担しておりますが、本人希望の場合は、会社負担しておりません。 ただ本人希望であっても、たまたま希望地域に職務があって始めて転勤を伴う異動が実現するわけであり、本人希望だけで成立するものではないと考えております。 その意味からすると本人希望のあるな...
赴任支度金への所得税の課税について
弊社では、転居を伴う異動時に赴任支度金を支給しております。 赴任支度金は、転居時に必要となる物品の購入や、転居準備費用に当てられます。 所得税法上、赴任支度金にも課税するべきでしょうか。
休職中の社保料
お世話になっております。以下質問です。 休職中の社員がおります。 社保料の会社負担分を払い続けていますが、会社負担分がひとつのネックとなり退職してもらう事になりそうです(会社負担分だけが理由ではないですが) 休職中の社員が納得すれば、今後の会社負担分を本人負担としたいと思いますが、問題ありますでし...
新たに相談する
相談する(無料)
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

この相談に関連する記事

定番のQ&Aをチェック

従業員に役員は含まれるか
はじめて、投稿します。よろしくお願い致します。 一般的に就業規則で『従業員の定義』という条項で役員を含むかどうか言及していない場合で、かつ別途役員就業規則を設けていない場合、この従業員に役員は含まれると解釈するのでしょうか?
規程と規則の違いについて
現在、規程類の見直しをおこなっているのですが、 規程類の中で就業規則だけが「規則」となっております。 なぜ就業「規程」と言わないのでしょうか。 定義に違いがあるのでしょうか。 会社ごとに決めることなのでしょうが、 多くの会社が就業「規則」としていると思います。 なにか意味があるのでしょうか。 ...
有給休暇取得率の計算方法
有給休暇取得率の計算方法を教えて頂けませんでしょうか? 本日の日経新聞の一面にも「43.7%」という数字がありましたが、 どういう計算式によって算出し、比較すれば良いかが知りたいと思っております。 有休は期限が2年間というややこしい部分もありますので、具体的に教えて頂けますと幸いです。
課題解決のノウハウが満載!『日本の人事部』注目のセミナー特集

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

仕事と介護の両立支援セミナー 20代優秀層の採用ならキャリトレ
相談する
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

専門家回答ランキング

集計期間:08/01~08/17
服部 康一 服部 康一
オフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
増沢 隆太 増沢 隆太
人事・経営コンサルタント
得意分野:モチベーション・組織活性化、安全衛生・メンタルヘルス、人材採...
川勝 民雄 川勝 民雄
代表者
得意分野:労務・賃金、福利厚生、人材採用、人事考課・目標管理

注目コンテンツ


課題解決のノウハウが満載!『日本の人事部』注目のセミナー特集

下期や来期に向けて、新たな人事ソリューション導入を検討されている企業様向けに、『日本の人事部』が厳選したセミナーをご紹介します。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。