企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人事のQ&A<解決済み>

相談数12431件   回答数25793

請負契約から派遣契約へ変更 チームリーダー業務について

以前から請負契約を締結していた事業所で、業務量の減少により請負契約継続が困難になったため派遣契約へ変更する方向で話を進めています。(自動車部品の組立作業です)
そこで、請負現場の管理責任者を派遣契約変更後も継続して配属したいと提案がありました。
派遣法(旧法)でありました「チームリーダー業務」に関して質問があります。

1.複数の労働者を代表して派遣先などと行う業務上の打合せ
2.派遣先からの業務上の指揮命令その他を派遣スタッフに伝達
3.他の派遣スタッフに対して行う仕事の割り付け、順序、緩急の調整等業務の遂行方法に関する調整
4.他の派遣スタッフに対して行う業務遂行に関する技術指導
上記4項目の業務になりますが、チームリーダー業務として派遣契約で締結可能でしょうか?
また、同じ工場内になりますが部署がそれぞれある関係で派遣先の指揮命令者も複数になります。
各部署ごとではなくて、事業所と複数の指揮命令者で契約書を締結しても問題ありませんか?

宜しくお願いいたします。

  • 投稿日:2017/07/31 11:24
  • ID:QA-0071758

この相談に関連するQ&A

専門家・人事会員からの回答
2件中 1~2件を表示
並び順:投稿日時順評価順
  • 1

専門家より
  • 投稿日:2017/08/01 11:44
  • ID:QA-0071787

代表者

チームリーダー業務の派遣は可能だが、契約当事者は、あくまで、派遣元・派遣先の両企業

▼ チームリーダー業務の派遣は、あくまで、派遣元・派遣先の両企業間で締結される契約自体において決定されます。
▼ 派遣先におけるリーダーの具体的な指揮事業所、部署、指揮命令者等は、上記基本的契約に基づき、必要に応じ、具体的に決めることになると思いますが、契約(書)自体は、派遣元・派遣先の企業レベルの位置付けで、派遣先の個々の事業所が契約主体になれる訳ではありません。

  • 投稿日:2017/08/01 17:19
  • 相談者の評価:参考になった

ご回答ありがとうございます。

チームリーダー業務において、同じ工場内で組織単位(指揮命令者)が複数になります。
弊社正社員を配属する予定ですので、個人の期間制限に関して問題ありませんが、指揮命令者と派遣個別契約のあり方としたら組織単位ごとの契約で良いですか?それともまとめて契約する形で良いですか?
申し訳ありません。宜しくお願いいたします。

この回答は参考になった
参考になった:0名
専門家より
  • 投稿日:2017/08/02 10:04
  • ID:QA-0071810

代表者

マスター契約に事業所別サブ事項を付加する形式は如何でしょうか

複数の事業所、それに伴う複数の指揮命令者が存在し、事業所毎に、機動性のある対応が必要ということであれば、先ず、派遣元・派遣先の企業レベルでの基本契約書(マスター契約)を締結、その下に、可変性を視野にいれた事業所単位の個別契約事項(サブ契約)を付加する形式が実用的かともとも思います。

  • 投稿日:2017/08/02 10:19
  • 相談者の評価:大変参考になった

ありがとうございました!
参考にさせていただきます。

この回答は参考になった
参考になった:0名
回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
26業務について
26号業務内で2つ以上の業務を行う契約書(○号業務と○号業務のような形式)は有効となるのでしょうか?
一人で複数の26業務に就くのは可能か。
現在2号業務で受け入れている派遣社員を、2号業務が少なくなってきたため、契約更改時にこの社員に5号業務もお願いしようかと考えていますが、一人の派遣社員に複数の26業務をお願いする事は可能なんでしょうか。
派遣契約の条件について
製造業で、数社の協力会社と請負契約を結び、自社工場内で業務を行っていただいています。 一部の業務において、年度内の業務の繁忙時期が偏っており、請負形態がとりにくくなっております。 業務を依頼している会社は派遣業の認可を受けているため、派遣契約に変更したいと考えておりますが、当社以外に対して請負業務は...
新たに相談する
相談する(無料)
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

この相談に関連する記事

定番のQ&Aをチェック

離職率の算出方法について
当社では離職率は、年初の従業員数を分母として、当年内に退職した従業員数を分子(当年に入社し、退社した数は除く)としてを算出しています。法的な離職率の算出方法はどのような算出方法なのでしょうか?もし法的なものがなければ、他社事例など教えていただければ幸いです。
従業員に役員は含まれるか
はじめて、投稿します。よろしくお願い致します。 一般的に就業規則で『従業員の定義』という条項で役員を含むかどうか言及していない場合で、かつ別途役員就業規則を設けていない場合、この従業員に役員は含まれると解釈するのでしょうか?
規程と規則の違いについて
現在、規程類の見直しをおこなっているのですが、 規程類の中で就業規則だけが「規則」となっております。 なぜ就業「規程」と言わないのでしょうか。 定義に違いがあるのでしょうか。 会社ごとに決めることなのでしょうが、 多くの会社が就業「規則」としていると思います。 なにか意味があるのでしょうか。 ...
女性活躍推進特集

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

マネジメント向け両立支援/カムバボス版!
相談する
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

専門家回答ランキング

集計期間:02/01~02/23
服部 康一 服部 康一
オフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
川勝 民雄 川勝 民雄
代表者
得意分野:労務・賃金、福利厚生、人材採用、人事考課・目標管理
小高 東 小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 
得意分野:経営戦略・経営管理、モチベーション・組織活性化、法改正対策・...

注目コンテンツ


組織活性化特集

本特集では、組織活性化をはかるためのセミナーやサービス、資料をご紹介いたします。ぜひ貴社の変革を促すヒントを見つけてください。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


HR Techで人事が変わる~AI・データ分析の基本と実例~ 提供:ワークデイ

HR Techで人事が変わる~AI・データ分析の基本と実例~ 提供:ワークデイ

HRカンファレンス2016秋で大好評だった、『HR Techで人事が変...


いま求められる「ハラスメント対策」<br />
~人事部が果たすべき「役割」とは何か?

いま求められる「ハラスメント対策」
~人事部が果たすべき「役割」とは何か?

近年、職場ではさまざまな「ハラスメント」が増加してきている。しかし、な...