人事のQ&A

相談数11812件   回答数24446

土日を含め日勤を365日続ける場合の注意点

いつも大変お世話になります。
当社は製造業でお客様の工場内に製造課があります。
このたびお客様より日勤帯(8:30~17:00)だけで良いので365日対応を求められました。
製造課員は直接雇用社員が4名、派遣社員が8名おります。
当社は週休2日制ですので、上記12名に一週間の間に休日2日を順番に取らせれば良いと考えてますが、
それで問題ないでしょうか?
また法的に注意する点は何かありますでしょうか?
宜しくお願い致します。

  • しんちんさん
  • 群馬県
  • 化学
  • 回答数:1件
  • カテゴリ:雇用管理
  • 投稿日:2017/05/19 10:59
  • ID:QA-0070624

この相談に関連するQ&A

専門家・人事会員からの回答
1件中 1~1件を表示
並び順:投稿日時順評価順
  • 1

専門家より
  • 投稿日:2017/05/19 12:12
  • ID:QA-0070632

オフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

ご相談の件ですが、ご認識の通り、12名全員が週に2日休日取得出来るよう所定労働日を設定すれば通常問題ございません。

但し、就業規則や雇用契約におきまして、休日が土日といったように特定されている場合ですと、これを変更することは労働条件の不利益変更になりますので、労働者の個別同意を得て変更する事が求められます。この場合、派遣社員については雇用主である派遣元に相談の上、派遣元の方で当人の合意を得ることが求められますので注意が必要です。

また、直接の法的義務はないとはいえ、少なくとも直接雇用社員が1名は必ず勤務されるよう設定する事が労務管理面でのリスクを回避する上で必要といえるでしょう。

  • 投稿日:2017/05/22 08:45
  • 相談者の評価:大変参考になった

早速のご回答ありがとうございます。
弊社は就業規則で全日曜日を休日と定めているので、従業員の了解を取る必要があるのですね。
勉強になりました。
ありがとうございます。

この回答は参考になった
参考になった:0名
回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
出向社員と二重派遣
派遣法で二重派遣を禁止していますが派遣元からの派遣社員を出向社員として雇用したうえで客先に派遣した場合、派遣法上問題ありますか。
派遣社員の直接雇用について
自由化業務にて、派遣社員を利用しています。 ①1年間(最大3年)受け入れて ②派遣社員が直接雇用を希望する場合 直接雇用するべきだと認識しています。 お伺いしたいのは、派遣社員から、直接雇用の希望がでない場合です。 希望がでない場合には、そのまま派遣社員として継続勤務してもらうことはできますか。 ...
派遣社員を雇用後に派遣先で働くことについて
派遣社員と同じ現場で派遣先に業務委託で契約している別会社なのですが 派遣社員から弊社の正社員への打診を頂いています。 雇用後に現在の派遣先の業務を引き続き行うことは問題ありませんでしょうか。
新たに相談する
相談する(無料)
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

この相談に関連する記事

定番のQ&Aをチェック

離職率の算出方法について
当社では離職率は、年初の従業員数を分母として、当年内に退職した従業員数を分子(当年に入社し、退社した数は除く)としてを算出しています。法的な離職率の算出方法はどのような算出方法なのでしょうか?もし法的なものがなければ、他社事例など教えていただければ幸いです。
従業員に役員は含まれるか
はじめて、投稿します。よろしくお願い致します。 一般的に就業規則で『従業員の定義』という条項で役員を含むかどうか言及していない場合で、かつ別途役員就業規則を設けていない場合、この従業員に役員は含まれると解釈するのでしょうか?
規程と規則の違いについて
現在、規程類の見直しをおこなっているのですが、 規程類の中で就業規則だけが「規則」となっております。 なぜ就業「規程」と言わないのでしょうか。 定義に違いがあるのでしょうか。 会社ごとに決めることなのでしょうが、 多くの会社が就業「規則」としていると思います。 なにか意味があるのでしょうか。 ...
課題解決ノウハウが満載!! 『日本の人事部』注目のセミナー特集
会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。会員ができること
相談する
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

専門家回答ランキング

集計期間:08/01~08/19
服部 康一 服部 康一
オフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
川勝 民雄 川勝 民雄
代表者
得意分野:労務・賃金、福利厚生、人材採用、人事考課・目標管理
小高 東 小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 
得意分野:経営戦略・経営管理、モチベーション・組織活性化、法改正対策・...

注目コンテンツ


『日本の人事部』注目のセミナー特集

人事担当者必見の注目のセミナーをご紹介。貴社の人事課題の解決や、情報収集にお役立てください。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


人事システムが人材マネジメントの基盤を作る! <br />
~常陽銀行の「POSITIVE」導入に見る、人材力「可視化」の狙い

人事システムが人材マネジメントの基盤を作る!
~常陽銀行の「POSITIVE」導入に見る、人材力「可視化」の狙い

地方の企業は厳しい経営環境にあります。地域経済をけん引する地方銀行では...


SAPジャパン「人事業務効率化セミナー」レポート<br />
三井造船グループのシェアードサービスに学ぶ、業務効率化の真実

SAPジャパン「人事業務効率化セミナー」レポート
三井造船グループのシェアードサービスに学ぶ、業務効率化の真実

昨今の激変する経済環境に企業が対応していくためには、人事業務の「効率化...