企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人事のQ&A

相談数13446件   回答数28216

通常の派遣社員を直接雇用する場合紹介手数料は必要か?

紹介型派遣ではない派遣社員を3ヶ月の派遣契約が終了(5/31)した翌日に直接雇用したいのですが
紹介料を払わなくてはいけないでしょうか?

契約書に以下の文面が載っています。

【派遣先が派遣労働者を雇用する場合の紛争の防止処置】
労働者派遣の役務の提供の終了後、当該派遣労働者を(甲)←当社 が雇用する場合には、甲は
雇用意思を(乙)←派遣会社 に対して事前に示し、職業紹介による紹介手数料を支払うものとする。
尚、その手数料額については、職業紹介による紹介手数料として甲乙間で定める。

とあります。

たしか派遣法33条では、契約期間を過ぎた労働者に対しての派遣会社の拘束力はなく、更に紹介型でない契約に紹介料うんぬんは謳えないと認識していました。

ご回答を宜しくお願い致します。

  • 投稿日:2017/04/21 16:08
  • ID:QA-0070238
専門家・人事会員からの回答
3件中 1~3件を表示
並び順:投稿日時順評価順
  • 1

専門家より
  • 投稿日:2017/04/22 10:11
  • ID:QA-0070252

代表者

紹介料請求の特約は無効

▼ ご指摘の様に、法第33条の派遣期間終了後の労働者に係る雇用制限の禁止の定めに反し、当該契約部分は無効です。
▼ 又、紹介料の請求も、派遣労働者の派遣先への雇用を制限する意味をもつことから、同法違反、無効となります。紹介型でもないのに、態々、紛争防止処置なる特約を設けたのは、無効を承知の上で、「あわよくば・・」の意図が見え隠れしますね。

  • 投稿日:2017/05/16 13:21
  • 相談者の評価:大変参考になった

大変ありがとうございました。

この回答は参考になった
参考になった:0名
専門家より
  • 投稿日:2017/04/22 14:03
  • ID:QA-0070254

人事・経営コンサルタント

商道徳

本件は法律問題というより、派遣会社との付き合う上での商道徳の問題ではないでしょうか。正規雇用促進の流れが法解釈ですので、派遣会社との契約を無視して突っぱねても裁判で勝てるかも知れません。しかし本来自社がやるべき求人や人選を行う派遣会社の商品(サービス)価値を横取りすることになり、派遣会社からすれば横取りされた感覚なのだと思います。
末永く派遣会社と付き合うのであれば話し合いで適正な料金などもできるのではないでしょうか。

  • 投稿日:2017/05/16 13:22
  • 相談者の評価:大変参考になった

そういう見方をすればそうですね。
ありがとうございました。

この回答は参考になった
参考になった:0名
専門家より
  • 投稿日:2017/04/22 20:02
  • ID:QA-0070257

オフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

ご相談の件ですが、労働者派遣法第33条におきまして派遣期間終了後の派遣先による直接雇用を禁止することは違法とされています。こうした定めに関しましては、職業選択の自由という憲法上保証される権利からも当然の内容といえます。

従いまして、契約に定められた紹介料を支払わなくとも直接雇用は可能であり、契約不履行(紹介料不払い)を理由に派遣元が直接雇用を拒む事は出来ないものといえます。

但し、直接雇用の要件としてではなく、派遣元と派遣先の双方が合意の上で紹介料を支払うという事であれば必ずしも33条違反とまでは言い切れません。直接雇用については無条件で有効と認められた上で、別途紹介料の支払を求められるようであれば、文面内容の契約を現実に締結されている以上、相互の信頼関係醸成の為にも派遣元と協議された上で決められるのが妥当といえます。

  • 投稿日:2017/05/16 13:23
  • 相談者の評価:大変参考になった

お互いの信用問題ですね。
ありがとうございました。

この回答は参考になった
参考になった:0名
回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

定番のQ&Aをチェック

離職率の算出方法について
当社では離職率は、年初の従業員数を分母として、当年内に退職した従業員数を分子(当年に入社し、退社した数は除く)としてを算出しています。法的な離職率の算出方法はどのような算出方法なのでしょうか?もし法的なものがなければ、他社事例など教えていただければ幸いです。
有給休暇取得率の計算方法
有給休暇取得率の計算方法を教えて頂けませんでしょうか? 本日の日経新聞の一面にも「43.7%」という数字がありましたが、 どういう計算式によって算出し、比較すれば良いかが知りたいと思っております。 有休は期限が2年間というややこしい部分もありますので、具体的に教えて頂けますと幸いです。
産休・育休取得者の翌年の有給休暇付与について
いつも的確な回答を頂き有難うございます。 産休・育休取得後、翌年の有給休暇付与についてお伺いさせていただきます。 これまで私の認識では、 ・育児休業だけでなく産前産後休暇を取得した期間についても出勤したものとみなす ・そのため産休・育休を取得しても翌年の有給休暇付与には影響しない、と考えておりまし...
次世代リーダー育成に役立つソリューション特集

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

学びを可視化する ビジログ 優秀な人材確保のために、女性活躍推進を!
相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

専門家回答ランキング

集計期間:11/01~11/19
服部 康一 服部 康一
オフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
川勝 民雄 川勝 民雄
代表者
得意分野:労務・賃金、福利厚生、人材採用、人事考課・目標管理
増沢 隆太 増沢 隆太
人事・経営コンサルタント
得意分野:モチベーション・組織活性化、安全衛生・メンタルヘルス、人材採...

注目コンテンツ


次世代リーダー育成に役立つソリューション特集

次世代リーダー育成に役立つセミナーやサービス、ダウンロード資料をご紹介します。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


「入社前に、“ストレス耐性”を確認したい」<br />
――辞めない人材を採用する、科学的な採用手法とは

「入社前に、“ストレス耐性”を確認したい」
――辞めない人材を採用する、科学的な採用手法とは

能力が高くても、ストレスにうまく対応できなければ思うような成果をあげる...