人事のQ&A

相談数11467件   回答数23775

フレックスタイム制導入時の36協定

お世話になります。

フレックスタイム制を導入の予定です。
試用期間中の社員および勤務状態が悪いと判断されて標準時間勤務を命ぜられた社員以外はフレックスタイム制を適用となるよう協定を結びます。

この場合の36協定の記入は別途決まりがあるのでしょうか。

1.現時点で標準時間で勤務する社員がいなくても届ける(雇用増を見越して)
2.「延長することができる時間」の上限は同じ
  (清算期間における総労働時間は1日8時間を基準とし、その時間に当該期間の所定労働日数を
  乗じた時間)
  所定労働時間の項目のまま8.0時間と記入
3.「1日を超える一定の期間起算日」は項目が違うので用紙を分ける
  (今回は起算日は同じで、清算期間は1ヶ月と労使協定を結びます)
 標準時間勤務(下記に該当しない労働者)  1日5時間 1ヶ月(15日)45時間  1年(7月15日)360時間
 フレックスタイム制により労働する労働者 1日 -  清算期間1ヶ月(15日) 1年(7月15日)360時間
4.製造と事務など兼務する場合、業務の種類と労働者数はそれぞれ1人とする
  (合計数は社員数を上まります)
  
  3.については清算期間が2ヶ月、3ヶ月ではないので1枚にならないかと考えております。
  
以上のように作成の準備をしていますが、問題があるでしょうか。
よろしくお願いいたします。
 

  • IOIさん
  • 大阪府
  • 精密機器
  • 回答数:2件
  • カテゴリ:雇用管理
  • 投稿日:2017/04/19 19:05
  • ID:QA-0070213

この相談に関連するQ&A

専門家・人事会員からの回答
2件中 1~2件を表示
並び順:投稿日時順評価順
  • 1

専門家より
  • 投稿日:2017/04/20 21:13
  • ID:QA-0070228

オフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

ご相談の件ですが、フレックスタイム制であっても36協定の作成内容については1日の延長時間の定めが不要である点を除いては特に通常の場合と変わりません。

従いまして、文面内容で特に問題はないでしょうし、3についても1枚で記入が収まるようであれば差し支えないものといえるでしょう。

但し、勤務状態が悪いという適用除外理由は明確性に欠け恣意的に運用される等のリスクがございます。加えまして、そうした勤務不良社員に関しましては労働時間制を変えたところで態度が改まるとは考え難いですし、人事管理の負担が増えるだけとも思われますので、そうではなく人事評価または制裁によって厳しく対応されるのが妥当ではというのが私共の見解になります。

  • 投稿日:2017/04/21 10:54
  • 相談者の評価:大変参考になった

ご回答ありがとうございます。
36協定の作成を進めて行くことができます。
ご指摘いただいた件ですが、
勤務状態が悪いので標準時間への変更(9:00~18:00)これは長期というものではなく一定期間(給与計算期間1ヶ月分)制裁の一部として規則に含めようとしていました。このような罰則は不適切とであるということでしょうか。

この回答は参考になった
参考になった:0名
専門家より
  • 投稿日:2017/04/21 11:21
  • ID:QA-0070234

オフィス代表

再度お答えいたします

ご返事下さいまして感謝しております。

「勤務状態が悪いので標準時間への変更(9:00~18:00)これは長期というものではなく一定期間(給与計算期間1ヶ月分)制裁の一部として規則に含めようとしていました。このような罰則は不適切とであるということでしょうか。」
― 会社としてのフレックスタイム制度について、罰則で個人的に適用除外とするというのは労働時間制や罰則の主旨からしましても外れるものと考えます。最終的には御社自身での判断にお任せいたしますが、前回も説明申し上げました通り有効かつ適切な手段とは言い難いですので、避けるべきというのが私共の見解になります。

  • 投稿日:2017/04/21 13:16
  • 相談者の評価:大変参考になった

ありがとうございます。
規則へは含めないように改定していきます。

この回答は参考になった
参考になった:0名
回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
36協定
36協定は、時間外労働と休日労働を分けて協定するようになっていますが、休日労働の時間数は、時間外労働の時間数に算入しなくて良いのでしょうか?
翌日に跨ぐ勤務時間について
基本的な質問になるかと思いますが、 勤務時間が0:00を跨ぐ場合で、翌日が休日の場合、0:00から5:00までは休日かつ深夜労働とみなすべきでしょうか? 例えば平日の9:00~翌日(休日)3:00まで勤務した場合の0:00~3:00までの勤務時間についてです。 宜しくお願いいたします。
みなし労働制等における深夜労働の割増率について
深夜労働は割増率を払うことは承知(当社では2割5分増)していますが、次のみなし労働時間制およびフレックスタイム制ではどういう計算になるのでしょうか。つまり、深夜の実労働時間の0.25でよいのか、1.25で計算しないといけないのかご教授願います。 ①事業場外労働のみなし労働時間制 ②専門業務型の裁量労...
新たに相談する
相談する(無料)
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

この相談に関連する記事

定番のQ&Aをチェック

離職率の算出方法について
当社では離職率は、年初の従業員数を分母として、当年内に退職した従業員数を分子(当年に入社し、退社した数は除く)としてを算出しています。法的な離職率の算出方法はどのような算出方法なのでしょうか?もし法的なものがなければ、他社事例など教えていただければ幸いです。
26業務と自由化業務(一般派遣)の違いについて
いまいち26業務と自由化業務の区別がピンときませんので教えて頂きたく存じます。 両者とも派遣期間が3年ということは分かっているのですが、3年を超えた場合は26業務も自由化業務も両方とも派遣労働者へ「雇用契約の申込みをする義務」が発生するのでしょうか? また、自由化業務は絶対に正式雇用にしなければ...
産休・育休取得者の翌年の有給休暇付与について
いつも的確な回答を頂き有難うございます。 産休・育休取得後、翌年の有給休暇付与についてお伺いさせていただきます。 これまで私の認識では、 ・育児休業だけでなく産前産後休暇を取得した期間についても出勤したものとみなす ・そのため産休・育休を取得しても翌年の有給休暇付与には影響しない、と考えておりまし...
貴社の課題解決ノウハウが満載!! 『日本の人事部』注目のセミナー特集
会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。会員ができること
相談する
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

専門家回答ランキング

集計期間:04/01~04/28
服部 康一 服部 康一
オフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
川勝 民雄 川勝 民雄
代表者
得意分野:労務・賃金、福利厚生、人材採用、人事考課・目標管理
小高 東 小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 
得意分野:経営戦略・経営管理、モチベーション・組織活性化、法改正対策・...

注目コンテンツ


『日本の人事部』注目のセミナー特集

人事担当者必見の注目のセミナーをご紹介。貴社の人事課題の解決や、情報収集にお役立てください。



新卒採用支援/内定者フォロー特集

新卒採用から内定者フォローまでを支援するサービスやソリューションをご紹介します。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


時代とともに進化する人事業務に求められる<br />
ICTサポートとは何か

時代とともに進化する人事業務に求められる
ICTサポートとは何か

経営戦略を実現する上で重要なポジションである人事業務。人事業務は日々進...