企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人事のQ&A

相談数12412件   回答数25746

内定後の辞退

雇用契約書を交わした役員レベルの方からに入社を辞退したいとの連絡を受けました。約1ヵ月後の入社予定です。

内定承諾の返事を頂いた段階で雇用契約/労働契約が成立したことになりますが、会社退職の時と同様、2週間以上の予告期間でこの契約を「解約」するので法的に弊社になすべく手は無いかと思いますが正しいですか?

職業選択の自由としての権利はあるので弊社側として無理やり入社させることも出来ませんが、損害賠償を請求する事は可能ですか?実質、弊社が負担したコストは無いです。

アドバイス頂けると幸いです。

  • YAMADA33さん
  • 東京都
  • 繊維製品・アパレル・服飾
  • 回答数:2件
  • カテゴリ:中途採用
  • 投稿日:2017/01/24 18:05
  • ID:QA-0068903

この相談に関連するQ&A

専門家・人事会員からの回答
2件中 1~2件を表示
並び順:投稿日時順評価順
  • 1

専門家より
  • 投稿日:2017/01/24 20:34
  • ID:QA-0068904

人事・経営コンサルタント

損害

契約の一方的破棄であれば損害賠償は可能です。これは職業選択の事由とは関係ありません。ただし、実際の損害が無いのであれば、当然賠償請求は不可能です。例えばその方の名刺を作ってしまった。専用の執務室を大金かけて特殊な設備でしつらえた。特殊な専用社用車を本人の希望で購入した。こういった、その人物以外では使いようがないものは損害賠償が可能になるでしょう。恐らく裁判で争うことになるので、すぐに賠償はされないかも知れません。本件はそのような人物を採用してしまった授業料として、採用を決断された方の今後の選考精度を上げるべく、活かすくらいしか手はないかと思います。ご立腹は十二分にわかりますが、そのような人物を役員で入れてしまうことの方がよほど貴社にとっては大損害だったかと思います。問題人物採用という最悪事態を避けられ、不幸中の幸いともいえるかも知れません。

  • 投稿日:2017/01/27 15:48
  • 相談者の評価:大変参考になった

いいアドバイスありがとうございます!仰るとおり、痛い勉強代だと思います。

この回答は参考になった
参考になった:0名
専門家より
  • 投稿日:2017/01/24 23:25
  • ID:QA-0068914

オフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

ご相談の件ですが、1か月前の内定辞退であれば、一般的に見ましても特に無理な話というわけでもございません。

こうした内定に伴うリスクについてはしばしば発生するものですし、損害賠償請求は原則困難といえるでしょう。そうした訴訟を起こすコストをかけるよりも、次なる人材を早急に探される事に集中されるのが人事管理実務の観点からも賢明であると考えます。

  • 投稿日:2017/01/27 15:48
  • 相談者の評価:大変参考になった

ご回答ありがとうございます。次の採用に進みます。

この回答は参考になった
参考になった:0名
回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
雇用契約書の記入日付について
雇用契約書についての質問です。 本年4月1日のように入社日が休日で、実際の出社が翌日からとなった場合、 雇用契約書の記入日は、遡って入社日で記載するのか、 それとも実際の記入日にするのか、どちらが適切でしょうか。 以前「契約は契約期間に関わらず実記入日で書くこと」と 聞いたことがありますが、雇用契...
入社式と入社日は違う日でもよいのか?
たとえば3/30に入社式を行い、しかし入社日は4/1としたいのです。 保険の適用等も4/1からにしたいです。 可能でしょうか?
無期雇用の転換について
いつもありがとうございます。 来年の4月1日以降契約期間の定めが有る者の無期雇用の申し出ができることになりますが、採用日と契約期間が以下のような場合は、どの時点で無期雇用の申し込みができることになりますか。ご教示ください。 採用日 2013年9月1日 1回目の契約 2013年9月1日~2014年...
新たに相談する
相談する(無料)
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

この相談に関連する記事

  • 「今ならまだ引き返せる」入社前対応の難しさ
    4月は新入社員研修の季節。せっかく新人研修を行うなら、同時期に入社する中途採用人材の研修も併せて行いたいと考える企業は珍しくない。さらに一歩踏み込んで、「もうすぐ入社する人材」の研修まで一緒に行いたい、と考えるところもある。しかし、これが意外に大きな問題へと発展してしまうケースがある――
  • 内定後に「雲隠れ」する転職者の心理
    複数の企業から内定が出た場合、入社する会社以外はすべて辞退しなくてはなりません。転職活動ではよくあることですが、せっかく内定をくれた会社に辞退を伝えるのは、やはり気が重いもの。しかし、人材紹介会社を経由して転職活動を行う場合は、基本的に紹介会社に辞退を伝えればいいだけです。「そこが気楽だから人材紹介...
  • 「内定者フォロー」とは ~その目的
    新卒採用では、母集団形成や面接・選考といったプロセスがクローズアップされがちだ。しかし、内定を出した学生を確実に入社させ、また入社後の新人研修にスムーズにつなげていくための最終段階「内定者フォロー」も、決して無視できない大切なポイントである。

定番のQ&Aをチェック

26業務と自由化業務(一般派遣)の違いについて
いまいち26業務と自由化業務の区別がピンときませんので教えて頂きたく存じます。 両者とも派遣期間が3年ということは分かっているのですが、3年を超えた場合は26業務も自由化業務も両方とも派遣労働者へ「雇用契約の申込みをする義務」が発生するのでしょうか? また、自由化業務は絶対に正式雇用にしなければ...
従業員に役員は含まれるか
はじめて、投稿します。よろしくお願い致します。 一般的に就業規則で『従業員の定義』という条項で役員を含むかどうか言及していない場合で、かつ別途役員就業規則を設けていない場合、この従業員に役員は含まれると解釈するのでしょうか?
有給休暇取得率の計算方法
有給休暇取得率の計算方法を教えて頂けませんでしょうか? 本日の日経新聞の一面にも「43.7%」という数字がありましたが、 どういう計算式によって算出し、比較すれば良いかが知りたいと思っております。 有休は期限が2年間というややこしい部分もありますので、具体的に教えて頂けますと幸いです。
女性活躍推進特集

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

高尾の森わくわくビレッジ
相談する
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

専門家回答ランキング

集計期間:02/01~02/19
服部 康一 服部 康一
オフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
川勝 民雄 川勝 民雄
代表者
得意分野:労務・賃金、福利厚生、人材採用、人事考課・目標管理
小高 東 小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 
得意分野:経営戦略・経営管理、モチベーション・組織活性化、法改正対策・...

注目コンテンツ


組織活性化特集

本特集では、組織活性化をはかるためのセミナーやサービス、資料をご紹介いたします。ぜひ貴社の変革を促すヒントを見つけてください。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


「日本一いい会社」を目指すために<br />
社内で「産業カウンセラー」を育成するメリットとは

「日本一いい会社」を目指すために
社内で「産業カウンセラー」を育成するメリットとは

健全な職場環境づくりのプロフェッショナルとして、あるいは社内外の信頼関...


「ワーク・ライフ・バランス」実現に向けて<br />
~企業は何に取り組むべきなのか?

「ワーク・ライフ・バランス」実現に向けて
~企業は何に取り組むべきなのか?

近年、長時間労働の是正や育児支援制度の導入など、企業の「ワーク・ライフ...