人事のQ&A<解決済み>

相談数11667件   回答数24170

社用車の社員への貸し出しについて

この度はお世話になります。

弊社では社用車(特にトラック等)を当然ですが会社休日の間、会社の車を使いたいという社員に
『自動車使用許可願書』を事前に上司経由で提出させて、貸し出しをしています。

上記書類は、使用時間(期間)及び行先経路、目的、同乗者、使用する会社の車、運転者等を
記載させます。
借りたいという社員が記載して、所属長(主任、係長、課長、部長)押印、経由して総務に
提出されてきます。

主な使用理由は、社員の家族や子供の引っ越し、地域(小中学校)の資源回収等が主なものですが、
中には遠方に購入したバイクを引き取りに行くなど、使用理由も様々で広範囲に渡ってきています。
特別社用車に関する規定等はありませんが、許可願書のみの提出です。

過去に特段問題はありませんでしたが、今後何かあってからは遅いので、諸規定の具体的なサンプルや
注意事項等、アドバイス頂きたいと思います。
よろしくお願いします。

                                    以 上

  • 投稿日:2016/11/28 15:12
  • ID:QA-0068286

この相談に関連するQ&A

専門家・人事会員からの回答
2件中 1~2件を表示
並び順:投稿日時順評価順
  • 1

専門家より
  • 投稿日:2016/11/28 17:38
  • ID:QA-0068292

オフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

ご相談の件ですが、社有車を使用させるとなりますと、万一事故があった際には使用者・運行供用者として、運転手である従業員のみならず会社にも責任が発生する事になります。勿論、事故内容によっては莫大な損害賠償を請求されることもありえます。

従いまして、リスク管理の観点から安易な貸与は禁物であって、特別な事情がある場合以外は一切不許可とされるべきといえます。

掲示板の性質上、こちらでサンプルを示す事は出来かねますが、書籍等で確認する事は可能ですし、いずれにしましても極力使用は認めないといった方向できちんと規定内容を検討されることが重要です。

  • 投稿日:2016/11/30 08:02
  • 相談者の評価:大変参考になった

ご回答頂きありがとうございました。
社員への福利厚生のある意味一部でという観点で
許可願い書の提出をもって、貸し出しをしておりますが、状況をみながら貸し出しを縮小していく方向で検討していきたいと考えています。

この回答は参考になった
参考になった:0名
専門家より
  • 投稿日:2016/11/28 23:47
  • ID:QA-0068299

人事・経営コンサルタント

事故対応

やはり一番のリスクは事故でしょう。社用車ですので、会社に責任が及ぶことがあり得ます。ただ福利厚生の一環で貸し出しをしておられるのでしょうから、保証に備えた保険などのコストをしっかりと会社が負担することで、社員サービス継続は可能です。しかし補償はできても責任は依然として残りますので、ご提示のようにレンタカー代わりに使用すること自体が、かなりリスキーではあります。

  • 投稿日:2016/11/30 08:05
  • 相談者の評価:大変参考になった

ご回答頂きありがとうございました。
社員に対して良かれと思っている状況も、法的な観点ではかなりリスクがあることは、認識しておりましたが、使用状況をみながら貸し出しについては
再度検討したいと考えています。

この回答は参考になった
参考になった:0名
回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
会社の敷地内で起きた損害
会社の駐車場に停めてある社員の車が、強風で、飛ばされてきた物体に、傷つけられてしまいました。(軽傷ですが) この場合、社員は、車の修理代を会社に請求できるのでしょうか? また、会社は、その社員の車の修理代を、支払わなければならないでしょうか?
従業員数の記載について
いつもありがとうございます。 従業員数の記載について教えていただきたいのですが、  社員が3月31日付で退職する場合、その社員は 3月31日の社員数として含めるのか含めないのか 何か決まり事(慣習)はあるのでしょうか、 または会社が勝手に決めることでもいいのでしょうか。  お手数をおかけしますが...
新たに相談する
相談する(無料)
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

この相談に関連する記事

定番のQ&Aをチェック

離職率の算出方法について
当社では離職率は、年初の従業員数を分母として、当年内に退職した従業員数を分子(当年に入社し、退社した数は除く)としてを算出しています。法的な離職率の算出方法はどのような算出方法なのでしょうか?もし法的なものがなければ、他社事例など教えていただければ幸いです。
有給休暇取得率の計算方法
有給休暇取得率の計算方法を教えて頂けませんでしょうか? 本日の日経新聞の一面にも「43.7%」という数字がありましたが、 どういう計算式によって算出し、比較すれば良いかが知りたいと思っております。 有休は期限が2年間というややこしい部分もありますので、具体的に教えて頂けますと幸いです。
会社都合の退職と退職勧奨による退職について
いつも参考にさせております。 この度、従業員の勤務成績・態度に改善が見られない場合、退職勧奨を進めることは出来ないかという検討以来が経営層から出ました。 今まで、このような対応をしたことがなく、色々と調べておりますが、ストレートに公的機関に聞くのもどうかと思い、なかなか思うように進みません。 ...
働き方改革特集
会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。会員ができること
相談する
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

専門家回答ランキング

集計期間:06/01~06/28
服部 康一 服部 康一
オフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
川勝 民雄 川勝 民雄
代表者
得意分野:労務・賃金、福利厚生、人材採用、人事考課・目標管理
小高 東 小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 
得意分野:経営戦略・経営管理、モチベーション・組織活性化、法改正対策・...
<アンケートのお願い>メンター制度に関するアンケート

注目コンテンツ


働き方改革特集

長時間労働の是正、労働生産性の向上など、実務に役立つサービス・セミナー情報をお届けします。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


強い企業ではなく、変化できる企業が生き残る。<br />
2020年以降を見据えたグローバル人材マネジメントの実現に向けて

強い企業ではなく、変化できる企業が生き残る。
2020年以降を見据えたグローバル人材マネジメントの実現に向けて

日本企業の海外売上比率が高まっているが、一方でグローバル人材の育成やマ...


HR Techで人事が組織を変えていく<br />
~データやテクノロジーの活用と新しい人事の仕事~

HR Techで人事が組織を変えていく
~データやテクノロジーの活用と新しい人事の仕事~

人事や企業経営を大きく変えていくと言われる「HR Tech」や「ピープ...