人事のQ&A

相談数11667件   回答数24170

過重労働対策・メンタルヘルス対策・安全衛生推進者の選任の件

いつもお世話になります。

以下3点ご質問です。よろしくお願いします。

当社に従業員14名の営業所があるのですが、この度、労基署より事業所を訪問しますので、以下の書類を用意するようにと連絡がありました。

①過重労働対策・メンタルヘルス対策

1.上記対策について規定を設けている場合はその規定

2.長時間労働を行った労働者に対する医師等による面接指導の状況のわかるもの

3.心の健康づくり計画、職場復帰プログラム等

②衛生推進者等を選任している場合には、その選任状況がわかる資料


◆質問1

上記①の1ですが、特に「過重労働対策」「メンタルヘルス対策」に特化した規程はなく、
「安全衛生管理規程」に労働安全衛生に関する規程を設け、
就業規則にも「健康診断」「要保護者の配慮」「危険有害業務の就業制限」「罹患者の就業制限」「妊産婦の就業制限」「妊産婦検診」など安全や衛生に関する条項を記載しているのみです。

これではまずいでしょうか?「過重労働対策」「メンタルヘルス対策」についての規定とは具体的にどのような内容を指すのでしょうか?これは企業として絶対に規定していないといけないものなのでしょうか。

◆質問2
上記①の3ですが、「心の健康づくり計画、職場復帰プログラム等」とは具体的にどのような計画、プログラムを指すのでしょうか?これは企業として絶対に実施していないといけないものなのでしょうか。

◆質問3
労働安全衛生法では10人以上50人未満の労働者を使用する事業場において安全衛生推進者を選任し、労働災害を防止するための安全管理と衛生管理業務を行うよう義務がありますので、
上記事業所でも、選任した者の氏名を事業場の見やすい場所に掲示し、関係労働者に周知していますが、

選任状況がわかる資料とは具体的にどのようなものを指すのでしょうか。

  • 投稿日:2016/11/22 20:09
  • ID:QA-0068240

この相談に関連するQ&A

専門家・人事会員からの回答
1件中 1~1件を表示
並び順:投稿日時順評価順
  • 1

専門家より
  • 投稿日:2016/11/24 18:09
  • ID:QA-0068257

オフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

ご質問に各々回答させて頂きますと‥

質問1:具体的に法令で必ず規定しなければならないとされているものはございませんが、質問2で触れられているような内容はやはり定めておかれるべきでしょう。

質問2:厚生労働省による「労働者の心の健康の保持増進のための指針」において示されているものになります。その解説及び対策については同省による「心の健康問題により休業した労働者の職場復帰支援の手引き」に説明されています。ネット検索で入手できますので、まずはそちらをご確認下さい。法的義務とまではいえませんが、これを機会に策定されるのがよいでしょう。

質問3:選任している事が分かればよいので、周知させている資料や文書等でよいものといえます。

ちなみに、これらについては未整備だからといって即座に罰則を受けるような事は通常ございません。従いまして、慌てて不十分なものを監督官の来訪に合わせて作成することは避けるべきです。そうではなく、逆に不明な点を監督官にご相談の上、御社の状況に合ったものをしっかり検討して策定されることをお勧めいたします。

  • 投稿日:2016/11/25 11:23
  • 相談者の評価:大変参考になった

いつもお世話になっております。
とても参考になりました。
ご紹介いただきましたリーフットも読んでみました。有難うございました。

この回答は参考になった
参考になった:0名
回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
36協定
36協定は、時間外労働と休日労働を分けて協定するようになっていますが、休日労働の時間数は、時間外労働の時間数に算入しなくて良いのでしょうか?
常時使用する労働者
常時使用する労働者の「常時」とは、正社員以外の労働者において、週何時間勤務する労働者のことを言うのですか?(例、労働安全衛生法施行令第2条参照)
徹夜労働について
休前日から翌日(休日)にかけて徹夜労働をさせた場合の質問です。 ①例えば翌日の朝9:00まで労働させた場合、夜中0:00から朝9:00までの間は、前日の労働時間とみなされると思うのですが、その時間分の時間単価は、休日労働の135%になるのでしょうか?それとも前の日からの労働時間として125%でよい...
新たに相談する
相談する(無料)
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

この相談に関連する記事

定番のQ&Aをチェック

離職率の算出方法について
当社では離職率は、年初の従業員数を分母として、当年内に退職した従業員数を分子(当年に入社し、退社した数は除く)としてを算出しています。法的な離職率の算出方法はどのような算出方法なのでしょうか?もし法的なものがなければ、他社事例など教えていただければ幸いです。
従業員に役員は含まれるか
はじめて、投稿します。よろしくお願い致します。 一般的に就業規則で『従業員の定義』という条項で役員を含むかどうか言及していない場合で、かつ別途役員就業規則を設けていない場合、この従業員に役員は含まれると解釈するのでしょうか?
有給休暇取得率の計算方法
有給休暇取得率の計算方法を教えて頂けませんでしょうか? 本日の日経新聞の一面にも「43.7%」という数字がありましたが、 どういう計算式によって算出し、比較すれば良いかが知りたいと思っております。 有休は期限が2年間というややこしい部分もありますので、具体的に教えて頂けますと幸いです。
働き方改革特集
会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。会員ができること
【無料体験会】全く新しい研修スタイル
相談する
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

専門家回答ランキング

集計期間:06/01~06/28
服部 康一 服部 康一
オフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
川勝 民雄 川勝 民雄
代表者
得意分野:労務・賃金、福利厚生、人材採用、人事考課・目標管理
小高 東 小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 
得意分野:経営戦略・経営管理、モチベーション・組織活性化、法改正対策・...
<アンケートのお願い>メンター制度に関するアンケート

注目コンテンツ


働き方改革特集

長時間労働の是正、労働生産性の向上など、実務に役立つサービス・セミナー情報をお届けします。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


HR Techで人事が組織を変えていく<br />
~データやテクノロジーの活用と新しい人事の仕事~

HR Techで人事が組織を変えていく
~データやテクノロジーの活用と新しい人事の仕事~

人事や企業経営を大きく変えていくと言われる「HR Tech」や「ピープ...


強い企業ではなく、変化できる企業が生き残る。<br />
2020年以降を見据えたグローバル人材マネジメントの実現に向けて

強い企業ではなく、変化できる企業が生き残る。
2020年以降を見据えたグローバル人材マネジメントの実現に向けて

日本企業の海外売上比率が高まっているが、一方でグローバル人材の育成やマ...