企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人事のQ&A
相談数15746件   回答数34232

産休から復帰するアルバイトスタッフについて

お世話になります。
産休取得して職場復帰になるアルバイトスタッフの対応についてご教授いただければと思います。

弊社は全国に100店舗を持つ小売業の会社でして女性が8割の職場でございます。
店舗で勤務する社員、アルバイト共に1年以上勤続している者を対象に産休取得制度を設けています。

近頃でも、1年の産休取得後に復帰を予定するスタッフが数名います。
しかしながら、この2年くらい会社の業績低迷により人件費抑制に合わせて
店舗スタッフの人員見直しがございまして、彼女達が当時勤務していた時期とは店舗ごとの定員数が減っている状態です。

そこで2つご相談です。

①定員削減の影響もあり、実際に対象者が自宅から通える範囲の店舗の中に、定員の空きが無い場合にどのような対応が望ましいでしょうか?無理にでも空きを作るべきでしょうか?
(現スタッフが空き店舗への異動は難しい)

②また仮に復帰する場合、もともと勤務していた部署とは「違う業種部門」、または「時間変更で短時間勤務」などの提案する形をとることは可能でしょうか?

  • タイムさん
  • 神奈川県
  • 販売・小売
  • 回答数:1件
  • カテゴリ:福利厚生
  • 投稿日:2016/09/29 15:51
  • ID:QA-0067670
この相談に関連するQ&A
プロフェッショナル・人事会員からの回答
1件中 1~1件を表示
並び順:投稿日時順評価順
  • 1

プロフェッショナルより
  • 投稿日:2016/09/29 17:56
  • ID:QA-0067674

オフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

ご質問内容について回答させて頂きますと‥

①:産休(恐らくは育休)から原職復帰出来なくとも直ちに違法というわけではございません。しかしながら、その場合は、育休取得による不利益な取扱いと判断されないよう、正当な理由が求められます。具体的には、人員削減でポストが無くなった場合ですと、育休社員のみならず、他の社員にも同様の理由で異動等を余儀なくされた方が少なからずいることが求められるといえるでしょう。また、育休復職の社員に代わって異動可能な社員がいれば、異動してもらう等極力雇用継続を可能にする努力を示す事が必要といえます。育休は復職が前提になっているものですし、復職時期も当初から明確なわけですので、それにもかかわらず復職の受け入れ先がないというのは、会社の人事管理上の不手際と取られかねませんので、安易に空きが無い等と言われるのではなく、慎重な対応が不可欠です。

②:提案は可能ですが、①で申し上げました通り、育休取得に関係のない人員削減等の事情によるものである事を真摯に説明されることが必要です。経営事情が悪化しており、解雇も検討しなければならない状況であれば、雇用継続の手段として提案されることはむしろ歓迎されるべきものといえるでしょう。

この回答は参考になった
参考になった:0名
回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
翌日に跨ぐ勤務時間について
基本的な質問になるかと思いますが、 勤務時間が0:00を跨ぐ場合で、翌日が休日の場合、0:00から5:00までは休日かつ深夜労働とみなすべきでしょうか? 例えば平日の9:00~翌日(休日)3:00まで勤務した場合の0:00~3:00までの勤務時間についてです。 宜しくお願いいたします。
深夜勤務の管理
当社は3店舗ほど24時間営業の店舗があります。 年2回の健康診断を義務づけていますが、勤務の間隔や休日の取得など気をつける点について教えて下さい。
半休の場合の割増無の時間
派遣勤務者は、本社と勤務時間が異なります。半休を取得して残業を行った場合、派遣勤務先の勤務時間が9:00~17:00の7時間勤務、本社は8:30~17:30の8時間勤務、派遣勤務者は午前中半休、13:00~22:00まで勤務すると×1.25が1時間、×1.00が4時間となるのでしょうか?本社勤務者は...
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。
この相談に関連する記事
  • 派遣スタッフへの対応
    派遣スタッフに気持ちよく働いてもらうために心掛けておくこと
  • 株式会社吉野家ディー・アンド・シー:「店舗が原点」を貫いていく人材戦略
    2年前に、アメリカ産牛肉の輸入禁止で、牛丼販売の中断を余儀なくされた吉野家。しかしその後、新メニュー開発を中心に全社一丸となって取り組みを進め、新しい環境へ対応しようとしている。また、「人材育成最重点主義」を掲げ、後に続く若手の採用につながるように、魅力ある人材を育てる動きにも力を入れているとのこと...
  • アルバイト・パートの「現状」
    全雇用者の4人に1人を占めるアルバイト・パート労働者。 そもそもアルバイトとパートの違いとは?知っているようで知らない アルバイト・パートの基本情報をチェック!
あわせて読みたいキーワード
短時間勤務
短時間勤務(時短勤務)とは、一日の労働時間を短縮して勤務することをいいます。育児・介護休業法の改正により、短時間勤務制度の導入が各事業主に義務づけられたのは、2009年のこと。以来、仕事と子育てや介護などの理由から、通常の勤務時間で働くことが難しい人たちを支える制度として、多くの人に利用されてきまし...
分断勤務
「分断勤務制度」とは、1日の所定勤務時間を分割して働くことができる勤務形態のことで、「分割勤務」と呼ばれることもあります。これまでの勤務形態は、昼休憩は挟みつつも「連続して8時間」などが通常でしたが、会社外での勤務を認めるリモートワークが広がり、「オフィスで4時間+自宅で4時間」といった柔軟な働き方...
コンプレストワークウィーク
「コンプレストワークウィーク」(Compressed workweek)とは、「圧縮された週労働時間」という意味。1週間の所定労働時間は変えずに、1日あたりの就業時間を長くして、その分就業日数を少なくする勤務形態のことです。たとえば週40時間労働で通常は1日8時間×週5日勤務のところを、1日10時...
定番のQ&Aをチェック
会社の緊急連絡網の作成について
総務では現在、従業員の連絡先(自宅、又は自宅+携帯電話)を把握している状態です。 他は、各従業員の意思により個人、又は上長に連絡先を教えあっている状態で、 会社としての連絡網は作成していません。 新任の部門中の発案で、会社としての緊急連絡網を作成して配布するよう指示がきたのですが、 総務で把握して...
通勤交通費の支給に関する規定、ルール
お世話になっております。 現在通勤交通費は、社内申請書の自己申告記載のみで支払っております。(6ヵ月毎)。 規程には「交通費の実費を支給する」とあるのみで、遠回りの経路を 申請している社員にも申請書に記載している遠回りの経路の金額を 支払っているのが現状です。口頭注意しても是正されず。 通勤交通...
産休・育休取得者の翌年の有給休暇付与について
いつも的確な回答を頂き有難うございます。 産休・育休取得後、翌年の有給休暇付与についてお伺いさせていただきます。 これまで私の認識では、 ・育児休業だけでなく産前産後休暇を取得した期間についても出勤したものとみなす ・そのため産休・育休を取得しても翌年の有給休暇付与には影響しない、と考えておりまし...

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

従業員の自律的なキャリア開発を支援する 事業戦略を支える人事の挑戦
相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

プロフェッショナル回答ランキング

集計期間:06/01~06/05
服部 康一 服部 康一
オフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
小高 東 小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 
得意分野:経営戦略・経営管理、モチベーション・組織活性化、法改正対策・...
増沢 隆太 増沢 隆太
人事・経営コンサルタント
得意分野:モチベーション・組織活性化、安全衛生・メンタルヘルス、人材採...

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


求人に特化した検索エンジンIndeedで自社採用HPへの集客を高め、「自立した採用力」を促す

求人に特化した検索エンジンIndeedで自社採用HPへの集客を高め、「自立した採用力」を促す

「企業が自社の「採用力」を高めていくためには、“自立した採用力”こそが...