企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人事のQ&A

相談数15102件   回答数32484

労働条件が採用時と違っており、口頭で条件変更を迫ってきます

最近、ハローワーク経由で就職をしたのですが、ハローワークには、「週休2日」、「新規オープンスタッフ」との募集で、正社員採用でしたが、就職して最初は、新規オープンのホテルの業務だったのですが、1ヶ月も経たないうちに、親会社の社長が個人事業主として経営している別のホテル(採用されたホテルが経営する会社とは資本関係は無い)に口頭で転属を言い渡され、配属されました。車で通勤しているのですが、通勤距離が10キロ以上長くなりましたが、通勤手当は当初と変更ありません。交通費は、自腹分ことで、手取りが減ることになりました。そこでは、「人手が足りない」とのことで、休みが週に1日しかとれず、勤怠管理は、出社時に行う判子を押しての出社確認のみで、労働時間の管理は全くなされておらず、残業は当然のことありますが、従業員の勤務時間を把握を全社的に行う仕組みが無く、当然ながら、残業代は支給されないと、支配人が公然と言っています。
 今は、失業したくないので、サービス残業を黙って、行っています。 また、一日の拘束時間は、1時間の休憩時間を含めて8時間でしたが、突然、一方的に9時間に変更されました。(法律で定められた連続した休憩は取れない環境にあります。)
 将来の裁判に備えて、手帳に実際に働いた出社時間と退社時間を記録しています。
ホテル業で、料理人以外の正社員が3人しかおらず、あとはパートのみの状況で、有給休暇自体が物理的に取れない状況と、あと、雇用されたはずの会社の社長は、「有給休暇の取得をものすごく嫌うから極力、取得しないように」と最初に配属されたホテルの支配人から、内定者説明会で説明されました。
 仕事内容自体には、全く不満はないのですが、完全週休2日とは書いてなかったので、隔週では、2日取得できるものと思っていましたが、隔週でも休みを取得することが出来ず、ホテル業のため、祝日の振り替え休暇もとれず、求人票では年間休暇が103日とありましたが、どうみても、年間50日程度しかとれない状況にあります。
 募集の際と全く違う、遠隔地への勤務場所の変更、求人票に記載されたものと、実際の休暇の少なさ、残業代不支給、一日の労働時間の一方的な延長など素人が見ても問題が山積しているとしか見えない状況なのですが、この様な状況でも、我慢して働き続けた方がよろしいのでしょうか?
 何か、声をあげて、改善を申し入れるべきなのでしょうか?中々仕事が無い地域なので、どうしたものか大変思慮しております。
 個人的に、社会正義に反することは許すことが出来ない性格なので、お金を使って裁判を
行うこともやぶさかではないと考えています。
 具体的に、どのようなアクションをとったらよろしいのか、アドバイスをお願い申し上げます。

  • kazukazukazuさん
  • 兵庫県
  • 旅行・ホテル
  • 回答数:0件
  • カテゴリ:人事管理
  • 投稿日:2015/05/26 00:40
  • ID:QA-0062539

この相談に関連するQ&A

プロフェッショナル・人事会員からの回答
この相談にはまだ回答がありません
問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
休日と休暇
休日と休暇の定義(違い)を詳しく教えていただきたいです。
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

この相談に関連する記事

あわせて読みたいキーワード

サバティカル休暇
長期間勤務者に与えられる長期休暇のこと。通常の有給休暇や年次休暇とは異なり、使途に制限がなく、期間は少なくとも1ヵ月以上、長い場合は1年間の休暇となる場合もあります。
ワーケーション
「ワーケーション」とは「ワーク(仕事)」と「バケーション(休暇)」を組み合わせた造語で、旅先で休暇を楽しみながら、テレワークも行う働き方を言います。欧米で広まりつつあるスタイルで、休暇に仕事を組み込むことで、長期の休暇を取りやすくなるメリットや、業務終了後はレジャーを楽しみリフレッシュし、業務への新...
代替休暇制度
2010年度から施行された改正労働基準法では、1ヵ月60時間を超える時間外労働に対する法定割増賃金率を現行の25%以上から上乗せして、50%以上に引き上げました。「代替休暇制度」とは、この上乗せ部分(25%)の割増賃金の支払いに代えて、有給の休暇を付与するしくみです。同制度を導入するためには、代替...

定番のQ&Aをチェック

会社の緊急連絡網の作成について
総務では現在、従業員の連絡先(自宅、又は自宅+携帯電話)を把握している状態です。 他は、各従業員の意思により個人、又は上長に連絡先を教えあっている状態で、 会社としての連絡網は作成していません。 新任の部門中の発案で、会社としての緊急連絡網を作成して配布するよう指示がきたのですが、 総務で把握して...
通勤交通費の支給に関する規定、ルール
お世話になっております。 現在通勤交通費は、社内申請書の自己申告記載のみで支払っております。(6ヵ月毎)。 規程には「交通費の実費を支給する」とあるのみで、遠回りの経路を 申請している社員にも申請書に記載している遠回りの経路の金額を 支払っているのが現状です。口頭注意しても是正されず。 通勤交通...
産休・育休取得者の翌年の有給休暇付与について
いつも的確な回答を頂き有難うございます。 産休・育休取得後、翌年の有給休暇付与についてお伺いさせていただきます。 これまで私の認識では、 ・育児休業だけでなく産前産後休暇を取得した期間についても出勤したものとみなす ・そのため産休・育休を取得しても翌年の有給休暇付与には影響しない、と考えておりまし...
勤怠管理システムを選ぶ6つのポイントとは?

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

電車が遅延?間に合わない時はWeb会議で 残業削減、隠れ残業にはタイムクリエイター
相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

プロフェッショナル回答ランキング

集計期間:01/01~01/29
服部 康一 服部 康一
オフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
増沢 隆太 増沢 隆太
人事・経営コンサルタント
得意分野:モチベーション・組織活性化、安全衛生・メンタルヘルス、人材採...
川勝 民雄 川勝 民雄
代表者
得意分野:労務・賃金、福利厚生、人材採用、人事考課・目標管理

注目コンテンツ


「勤怠管理」に役立つソリューション特集

勤怠管理システムを選ぶときのポイント、おすすめのサービスを紹介します。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


「入社前に、“ストレス耐性”を確認したい」<br />
――辞めない人材を採用する、科学的な採用手法とは

「入社前に、“ストレス耐性”を確認したい」
――辞めない人材を採用する、科学的な採用手法とは

能力が高くても、ストレスにうまく対応できなければ思うような成果をあげる...


「グロービス学び放題」導入で公募研修の受講者が増加<br />
“自発的に学ぶ”企業文化を醸成

「グロービス学び放題」導入で公募研修の受講者が増加
“自発的に学ぶ”企業文化を醸成

急速に変化する市場環境の中で競争力を維持・向上させていくためには、人材...