企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人事のQ&A

相談数14452件   回答数30697

内定通知までの流れについて

採用担当の補佐をしているものです。
内定通知を出すまでの正しい流れをご教授頂きたく、お願い致します。

弊社では、毎年下記の流れで採用活動を行っています。

2月会社説明会
3月筆記試験・適性検査
4月最終選考、内定通知

弊社では、内々定通知書を出した事が無く、いきなり内定通知を出しています。
4月に出すものとしては内々定通知とするべきでしょうか。
また、10月の内定式では採用決定通知書という書類を内定者に渡しています。
(記載内容:入社日、配属、勤務地、職種、給与、賞与、作り厚生)

また、採用試験の対象者として、
2014年2月に、2015年度卒業の専門学生、短大生、大学生に対し
会社説明会や、筆記試験を行う事は採用選考に関する企業の倫理憲章
違反する行為でしょうか。
また、採用選考に関する企業の倫理憲章に違反するとどのような処罰が
あるのでしょうか。

色々な記事を読んでいくと、よく分からなくなってしまいました。
どうかご回答のほど宜しくお願い致します。

  • jinjiQさん
  • 神奈川県
  • 情報処理・ソフトウェア
  • 回答数:3件
  • カテゴリ:新卒採用
  • 投稿日:2014/04/15 12:20
  • ID:QA-0058483

この相談に関連するQ&A

専門家・人事会員からの回答
3件中 1~3件を表示
並び順:投稿日時順評価順
  • 1

専門家より
  • 投稿日:2014/04/15 12:58
  • ID:QA-0058484

オフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

ご相談の件ですが、内定通知等の手順に関しまして直接の法的定めはございません。内々定や内定を出す時期のみならず、そもそもこれらを出す出さないも各企業の自由ですので、御社内の採用方針をしっかり検討された上で判断されるべき問題といえます。

また、2月に筆記試験を行いますと確かに企業の倫理憲章に反する事にはなりますが、倫理憲章とは経団連が加盟企業への自主的な規制としまして定めたものに過ぎませんので、法律とは異なり罰則等もございません。実際、こうしたルールを遵守していない企業も見受けられます。

但し、早期の採用活動開始につきましては、法的規制の有無に関わらず、学生の本業に差し支えるという事で社会的批判も強いものといえます。

従いまして、基本的には各会社の良心に委ねられるものですが、可能であれば、倫理憲章はもとより、余りに早期の採用活動は控えるべきでしょう。早期に選考したからといって、必ずしも良い人材が確保出来るといったものでもございませんし、より重要なのは説明会や選考の具体的な内容といえるはずです。勿論、最終的には御社自身でしっかり検討して自己責任において決められるべき事柄といえます。

  • 投稿日:2014/04/16 09:17
  • 相談者の評価:大変参考になった

服部様
早速ご回答下さり誠にありがとうございます。
企業の倫理憲章は法律とは異なるものであり、罰則等はないとのこと一先ず安心いたしました。
しかし、コメントにもございます通り弊社の中での方針をしっかり検討する必要があると存じます。
学生との良い出会いに悪い影響が出ない様に検討して参りたいと思います。
この度は誠にありがとうございました。

この回答は参考になった
参考になった:1名
専門家より
  • 投稿日:2014/04/15 23:46
  • ID:QA-0058493

人事・経営コンサルタント

採用戦略

内定や、そのプロセスは労働基準法等法律の定めたものではないため、経団連の加盟企業でないのであれば、倫理憲章を守らないことで不利益はないといえます。現実に守っていない大企業はいくらでもあります。ただし批判を恐れ、水面下で、しっかりと内定者フォローなどのケアを徹底しているため、大きなトラブルやスキャンダルになっていないといえるでしょう。御社が内々定でなく、いきなり採用決定としているのも自由です。
ただし、学生にとってはそうした御社オリジナルの施策がポジティブに作用するか、あるいは逆にわかりにくい、不信といったネガティブな作用になるかは不明です。特別な理由が無ければ、学生にとってわかりやすいプロセス・名称にした方が誤解は減るでしょう。

  • 投稿日:2014/04/16 09:20
  • 相談者の評価:大変参考になった

増沢様
服部様
早速ご回答下さり誠にありがとうございます。
企業の倫理憲章は法律とは異なるものであり、罰則等はないとのこと一先ず安心いたしました。
弊社の独自の流れが学生の不安要素にならない様に検討して参りたいと思います。
また、内定者フォローについても、より力を入れて参りたいと思います。
この度は誠にありがとうございました。

この回答は参考になった
参考になった:0名
専門家より
  • 投稿日:2014/04/19 00:53
  • ID:QA-0058541

社会保険労務士法人SRグループ 代表

内定通知までの流れについて

すでに法律と企業の倫理憲章の使い分けや経団連の加盟の有無による自主的な規制などについて回答が寄せられておりますので、内々定と内定の区分のところについて補足いたします。内々定は「あくまで採用予定ではありますが、未だ先行き不透明なので、他社の採用が決まれば、その企業に入社されても構いません」といった状況と捉えられます。
内定は、「本格的に採用したいと考えておりますが、最終決定ではありません。」程度と考えられます。
どちらにしましても、採用決定の一歩手前となりますので、応募者自身が他社への就活を継続する事を否定していません。
企業側としては、出来るだけ良い人材は確保したいとの思いで内定を出しますが、入社承諾を取り付けるまでは、内定数を大目に設定して人材確保に努めています。
行き過ぎた抱え込み工作を頻繁に行うことは、学生のチャネルを通してあっと言う間に周知の事実になることになります。企業の倫理憲章を守ることで学生によい影響を与えることは間違いありません。企業側も学生側も内々定・内定を貰ったからといって、安心してはいられないのが実情なので、選考プロセスを通じて積極的に探り合い、採用決定を導いていただきたいと思います。

この回答は参考になった
参考になった:0名
回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
内定通知書について
お世話になっております。 間もなく10年度卒業の学生に対し、内定を出すのですがその際に、内定通知書をお渡しするつもりです。 10月には改めて内定式を行う予定なのですが、その場合には再度内定通知書を渡すものなのでしょうか? 2度内定通知書が渡されるのは不自然ですか? それとも10月以前の内定通知書...
内定通知の時期について
新卒採用で10月以前でも内々定ではなく内定した時点で内定通知を渡して、承諾書を提出させているのですが、採用協定で問題ないでしょうか?
採用内定書をタイミングと10月以降の採用内定解禁時の内定書
今年度大学卒新卒者を6月に採用、採用の旨口頭で連絡済みですが、内定通書を出すタイミングと10月以降の解禁日以降の内定通知書をまただす必要があるかどうか。
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

この相談に関連する記事

あわせて読みたいキーワード

内々定
「内々定」とは、「内定前の内定」という意味で、企業などが就職を希望する新規学卒者などに対し、正式な採用通知に先立って、非公式の採用予定通知を出すことをいいます。政府が「2020年度卒業・修了予定者等の就職・採用活動に関する要請」において、新卒採用者に対する内定通知は卒業・修了学年の10月1日以降(2...
スクラム採用
「スクラム採用」とは、全社員が一丸となって取り組む採用方式のことをいいます。スクラムとは、ラグビーにおいて両チームのフォワード選手がボールを間に肩を組み押し合うこと。転じて、全員が共通のゴールに向かって力を発揮することを意味するようになりました。採用売り手市場が続く中で、人事だけでなく全社員で候補者...
倫理憲章
正式には「新規学卒者の採用・選考に関する倫理憲章」と言います。「就職協定」に代わるものとして日本経団連が中心になって定めた新卒者の採用活動に関するガイドラインです。

定番のQ&Aをチェック

離職率の算出方法について
当社では離職率は、年初の従業員数を分母として、当年内に退職した従業員数を分子(当年に入社し、退社した数は除く)としてを算出しています。法的な離職率の算出方法はどのような算出方法なのでしょうか?もし法的なものがなければ、他社事例など教えていただければ幸いです。
従業員に役員は含まれるか
はじめて、投稿します。よろしくお願い致します。 一般的に就業規則で『従業員の定義』という条項で役員を含むかどうか言及していない場合で、かつ別途役員就業規則を設けていない場合、この従業員に役員は含まれると解釈するのでしょうか?
有給休暇取得率の計算方法
有給休暇取得率の計算方法を教えて頂けませんでしょうか? 本日の日経新聞の一面にも「43.7%」という数字がありましたが、 どういう計算式によって算出し、比較すれば良いかが知りたいと思っております。 有休は期限が2年間というややこしい部分もありますので、具体的に教えて頂けますと幸いです。

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

専門家回答ランキング

集計期間:08/01~08/18
服部 康一 服部 康一
オフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
小高 東 小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 
得意分野:経営戦略・経営管理、モチベーション・組織活性化、法改正対策・...
増沢 隆太 増沢 隆太
人事・経営コンサルタント
得意分野:モチベーション・組織活性化、安全衛生・メンタルヘルス、人材採...

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


個の成長が企業の成長。そして、社会を変えていく力になる<br />
ニトリが全社員に「グロービス学び放題」永年プランを導入

個の成長が企業の成長。そして、社会を変えていく力になる
ニトリが全社員に「グロービス学び放題」永年プランを導入

日々の業務に熱心に取り組む社員の視野を広げ、より中長期的な目線でキャリ...


エンゲージメントサーベイの選択眼を養う<br />
~押さえたい設計の基礎と判断軸~

エンゲージメントサーベイの選択眼を養う
~押さえたい設計の基礎と判断軸~

従業員に長く活躍してもらうために、いかに組織の土台を作り上げていけばい...