企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

過重労働

管理職に関しては 時間外、休日労働の適用除外として

一般職のようにタイムカードによる時間管理はしておりません

管理職として 月5万の手当を支給しております。

しかしながら 管理職の勤務状況をみてみると

月8回ほどの休日の ほどんどを労働にあてている状況がみられます

また、タイムカードでの時間管理をしていないため 深夜労働にかんしても

ほぼ自己申告になっております。

このまま 管理職の時間管理を是正しない場合のリスクはどのような

事が考えられるでしょうか?

投稿日:2013/07/31 15:19 ID:QA-0055583

初心者たまさん
兵庫県/販売・小売

この相談に関連するQ&A

プロフェッショナル・人事会員からの回答

全回答3
投稿日時順 評価順

プロフェッショナルからの回答

服部 康一
服部 康一
オフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

まず、文面の管理職の方が労働基準法上の管理監督者に該当していることが必要です。処遇も優遇されておらず、人事権限や経営への参画等も認められていないようであれば、そもそも時間外・休日労働の適用除外とはされません。恐らく問題ないとは思われますが、いわゆる「名ばかり管理職」にならないよう注意が必要です。

そして、ご質問の件ですが、たとえ時間外・休日労働の適用を受けない管理監督者であるとしましても、労働安全衛生法上の健康管理や安全配慮義務については会社として責任を果たさなければなりません。

文面のような状況ですと、仮に過重労働を放置したまま健康悪化を招くことになれば、会社は安全配慮義務違反を問われることになりかねません。労働時間等の適用除外と過重労働のリスクは全く別問題であり、後者については当然会社として対策を講じる事が必要です。

加えまして、管理監督者でも深夜労働については適用除外となりえませんので、実際の深夜労働時間数を会社がきちんと把握し、賃金支払日において深夜割増賃金の支払を行わなければなりません。

従いまして、管理監督者といえども日々の深夜労働時間数については勿論、その他の労働時間数につきましても自己申告のみで済ますことなく定期的に会社側でも実態調査を行い、一般の労働者より極端に多い出勤日数及び労働時間数等については改善を図る等の適切な措置を採られることが重要といえます。

投稿日:2013/07/31 20:30 ID:QA-0055588

相談者より

ご回答ありがとうございます。

大変参考になりました。

投稿日:2013/07/31 22:18 ID:QA-0055590大変参考になった

回答が参考になった 2

プロフェッショナルからの回答

増沢 隆太
増沢 隆太
人事・経営コンサルタント

意識改革

貴社の管理職が名実ともに管理監督者として、自ら勤怠も管理し得る立場であれば、ある意味自己責任ではあります。ただ、たとえばサービス業での店長のように、現場作業も管理業務もすべてがのしかかり、名目上の経営者であっても、実質従業員の立場であれば、限りなく企業側に安全配慮義務含め、管理責任は重くのしかかります。まずは長時間労働に至る原因の把握など、いずれにしてもイレギュラーな事態を会社が把握する必要があるのではないでしょうか。その上で、あくまで管理監督者としての裁量で、また自身での管理範囲内で進めていることであれば、「やる気」の一環として、ある程度は任せても良いのではないでしょうか。

投稿日:2013/07/31 22:57 ID:QA-0055591

相談者より

ご回答ありがとうございました。

大変参考になりました。

投稿日:2013/08/02 22:57 ID:QA-0055606大変参考になった

回答が参考になった 1

プロフェッショナルからの回答

過重労働回避措置義務は、監督管理者にも及ぶ

労基法上の監督管理者に対する、 労働時間等に関する規定の適用除外扱いの乱用は、 夙に知られているところですが、 「 名ばかり管理職 」 だけでなく、 「 実態のある管理職 」 も、 厚労省は、 「 過重労働による健康障害防止のための事業者が講ずべき措置 」 において、 対象とし、 過重労働とならないよう十分な注意喚起を行うなどの措置を講ずるよう告示しています。過重労働に就いて詳細に言及していますので、 関連ネットでご確認下さい。 「 名ばかり管理職 」 なら、 厳正な司法処分が、 「 実態のある管理職 」 の場合でも、 それに準じた措置リスクが考えられます。 更に、 行政上の措置とは別に、 「 業務上過労死 」 を訴因とする大きな訴訟リスクも存在します。

投稿日:2013/08/01 11:03 ID:QA-0055593

相談者より

ご回答ありがとうございました。

大変参考になりました。

投稿日:2013/08/02 22:59 ID:QA-0055607大変参考になった

回答が参考になった 0

回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
管理監督者の時間管理
当社における管理職者(管理監督者)は、年俸制を適用しており、時間外手当を支払っていません。一般職はタイムカード打刻を事務付け、時間管理していますが、管理職者にはタイムカードによる時間管理も行っていません。(労働時間は月末に自己申告)。しかしながら、管理監督者にも支払いが必要な深夜残業について、タイム...
外国人就労者の管理について
いつも勉強させていただいております。 本日は、外国人就労者の管理について、質問いたします。 弊社はアジア系外国人を雇用しておりますが、 これまでビザの管理等の管理を行っておりませんでした。 この度遅まきながら管理をするにあたり、 どんな管理を行うべきか悩んでおります。 何かアドバイスをいただけ...
危機管理(リスク管理)
危機管理が叫ばれていますが、人事部としてどこにポイントをおいて、人事部全体の危機管理をしていけば教えてください。
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。
この相談に関連する記事
あわせて読みたいキーワード
勤怠管理
メンタルヘルスの不調や過労死、残業代の未払い問題など、昨今、企業と社員の間で労働環境を巡って多くのトラブルが発生しています。そこで、重要性が再認識されるようになったのが「勤怠管理」です。働き方改革関連法の施行による影響など、勤怠管理について企業が理解しておかなければならないことは増えています。ここで...
ATS
「ATS」とは、Applicant Tracking Systemの略で、日本語では「採用管理システム」「採用支援システム」と訳されます。応募者受付から採用決定までにかかる人事担当者の業務を一つのシステム上で一元管理し、適時・適切な採用活動を進めるための機能を実装したシステムの総称です。応募者データ...
介護基盤人材確保助成金
新しく介護分野で創業したり、異業種から介護分野に進出したりした事業主に対して、その事業の核となる従業員および一般の従業員を雇用した場合に支給される助成金です。少子高齢社会が進む中で、ますますニーズが高まり、注目を集めています。
定番のQ&Aをチェック
26業務と自由化業務(一般派遣)の違いについて
いまいち26業務と自由化業務の区別がピンときませんので教えて頂きたく存じます。 両者とも派遣期間が3年ということは分かっているのですが、3年を超えた場合は26業務も自由化業務も両方とも派遣労働者へ「雇用契約の申込みをする義務」が発生するのでしょうか? また、自由化業務は絶対に正式雇用にしなければ...
従業員に役員は含まれるか
はじめて、投稿します。よろしくお願い致します。 一般的に就業規則で『従業員の定義』という条項で役員を含むかどうか言及していない場合で、かつ別途役員就業規則を設けていない場合、この従業員に役員は含まれると解釈するのでしょうか?
会社都合の退職と退職勧奨による退職について
いつも参考にさせております。 この度、従業員の勤務成績・態度に改善が見られない場合、退職勧奨を進めることは出来ないかという検討以来が経営層から出ました。 今まで、このような対応をしたことがなく、色々と調べておりますが、ストレートに公的機関に聞くのもどうかと思い、なかなか思うように進みません。 ...

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

POSITIVEが選ばれる理由
相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

プロフェッショナル回答ランキング

集計期間:07/01~07/05
服部 康一 服部 康一
オフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
増沢 隆太 増沢 隆太
人事・経営コンサルタント
得意分野:モチベーション・組織活性化、安全衛生・メンタルヘルス、人材採...
川勝 民雄 川勝 民雄
代表者
得意分野:労務・賃金、福利厚生、人材採用、人事考課・目標管理

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


ウィズコロナ時代の働き方改革<br />
デジタルシフトで変わる!店舗が実施した非対面の人材開発、職場コミュニケーションとは

ウィズコロナ時代の働き方改革
デジタルシフトで変わる!店舗が実施した非対面の人材開発、職場コミュニケーションとは

新型コロナウイルスの感染拡大は、店舗事業者に甚大な影響をもたらした。さ...


信頼できる法律・書式Webデータベースで効率アップ<br />
総務法務・人事労務・経理税務の「どうすればいい?」を解消

信頼できる法律・書式Webデータベースで効率アップ
総務法務・人事労務・経理税務の「どうすればいい?」を解消

「法律ではどうなっている?」「届出・申請はどう書けばいい?」「最新の通...