相談掲示板

定期一般健康診断の省略について

定期一般健康診断について、個人で人間ドック等法定の項目を受診し、その結果を提出すれば、会社の健診を受けなくても良いでしょうか? 省略可能な場合、何ヶ月前の結果まで有効なのでしょうか? 例えば、会社で毎年9月に実施しており、5月に個人で受診した結果を提出すれば省略できるのか。また、その際に翌年は、5月に受診しないといけないのか。教えてください。 

  • *****さん
  • 東京都
  • 医薬品
  • 回答数:2件
  • カテゴリ:ツール・業務ソフト・施設・他
  • 投稿日:2005/08/18 17:37
  • ID:QA-0001670

回答
2件中 1~2件を表示
並び順:投稿日時順評価順
  • 1

健康診断の省略

この回答者の情報は非公開になりました


安全衛生法66条5項により、
「 労働者は、前各項の規定により事業者が行なう健康診断を受けなければならない。ただし、事業者の指定した医師又は歯科医師が行なう健康診断を受けることを希望しない場合において、他の医師又は歯科医師の行なうこれらの規定による健康診断に相当する健康診断を受け、その結果を証明する書面を事業者に提出したときは、この限りでない。」
とされています。
と、いうことはあくまで労働者が会社の準備する健康診断を拒否したい場合は自己で受けてきたものにかえることが出来るとの意味ですから、会社側が労働者個人で健康診断を受けることを推奨したりするわけには行きません。

  • 投稿日:2005/08/19 09:02
  • ID:QA-0001678

個別健診の法解釈について

【 専門家名 】
畑中 義雄
有限会社人事・労務

この回答は参考になった
参考になった:0名

ご質問の有効期間について、労働者安全衛生法、及び施行規則上には特段の規定はありません。

安全衛生法の個別受診に関する許容規定は「受診させる義務はあるが、労働者が希望し、自己責任において管理する場合はこの義務を免除する」と解すことができます。
とすると、この年度における労働者の健康診断受診に関する一切の債務は免除されており、従って有効期間という概念はなく、その代替診断表の提出をもって「当該年度の9月に受診があったものとみなし」9月より再び1年を起算すれば良い、と解せると思います。

すなわち、労働者の代替診断表の提出をもって会社の法制上の義務は免除され有効期間を意識する義務も付帯して存在しないと解釈できると思います。

  • 投稿日:2005/08/19 13:15
  • ID:QA-0001682

 

  • 投稿日:2005/08/19 13:15
  • 相談者の評価:大変参考になった

相談する

おすすめ情報

【コンプライアンス教育】 -働き方や、役割を見つめ直し、組織を変…
株式会社インプレッション・ラーニング
対応エリア/全国、海外
資料請求
今までの「ストレス耐性」は間違っていた?ネガティブチェックのよく…
イグナイトアイ株式会社
対応エリア/全国、海外
資料ダウンロード
【ご案内】アルバイト適性診断でわかる8つの傾向
株式会社グローセンパートナー
対応エリア/全国、海外
資料ダウンロード
【無料お試し期間中】健康診断受診の申込書作成をワンクリックで行い…
株式会社ボウマン&SRパートナーズ
対応エリア/全国
資料請求
中途採用コンサルティングサービス
株式会社トライアンフ
対応エリア/全国
資料請求

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。会員ができること
相談する
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

専門家回答ランキング

集計期間:07/01~07/04
服部 康一 服部 康一
オフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
小高 東 小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 
得意分野:経営戦略・経営管理、モチベーション・組織活性化、法改正対策・...
川勝 民雄 川勝 民雄
代表者
得意分野:労務・賃金、福利厚生、人材採用、人事考課・目標管理
「辞めない」エンジニアをどう採用するか?

注目コンテンツ

職場環境を整える特集

職場環境を整える特集

生産性の向上、従業員のメンタルケア、女性やシニア層などの新たな労働力の活用……。


社宅・社宅管理代行特集

社宅・社宅管理代行特集

煩雑な業務をアウトソースすることで、人事のコア業務に専念する


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


データベースサービス

データベースサービス

『日本の人事部』特別会員なら、「朝日新聞」「日経BP雑誌」の記事横断検索など多数のサービスを年会費無料で利用可能。


もう時間と場所に囚われない!<br />
 日本マイクロソフトと先進企業に学ぶ ワークスタイル変革推進のためのポイントとは

もう時間と場所に囚われない!
日本マイクロソフトと先進企業に学ぶ ワークスタイル変革推進のためのポイントとは

仕事と介護の両立支援が喫緊の社会的課題といわれるなか、時間と場所の制約...