無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

既に会員の方は
こちらからログイン

ログイン

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

会員登録済み


選択したSNSアカウントは既に会員登録済みです。

退職者に誓約書依頼拒否されたら

同じく働くスタッフも、疲労困憊で
なんとか自ら退社をする意向をもらい、退職届けも受理しましたが、人柄から
後から、お店の誹謗中傷をしかねない事と、パスワードさえ入れれば、お店の全ての情報が閲覧でくるため、辞めてから悪用しようと思えばいくらでも、退社前にコピペできるじょうたいです。
誓約書には、
情報漏洩しないこと、sns等全ての書き込み等誹謗中傷しないこと、写真を持ち出さない、ヘッドハンティングしない勧誘しない、2キロ圏外に同業の新しい店舗を出店しない。
上記不当行為発覚した際損害賠償
金、100万円請求します
作成しました。

弁護士の先生は金額も明記すべきとの見解なので、載せましたが、金額も入ると威圧感もあるので、
実際、記入を拒否されそうなきがします。
働く前の就労規定には特に、
上記の文言の約束はないです。

拒否されたら
事業者は、ただ、泣き寝入りなんでしょうか?
他に手立てはないでしょうか?

投稿日:2021/10/19 22:27 ID:QA-0108859

レッドさん
長野県/美容・理容

この相談に関連するQ&A

プロフェッショナル・人事会員からの回答

全回答4
投稿日時順 評価順

プロフェッショナルからの回答

小高 東
小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 

ご質問の件

まず、就業規則にも記載しておくべきでしょう。

また、退職時の誓約書は、同意しなければ、本人は拒否することもできます。
拒否されないためには、従業員にも職業選択の自由がありますし、誓約書の内容に合理性が必要です。

また、損害賠償金100万の根拠はあるのでしょうか。
損害賠償は具体的な損害に対して請求するものですので、なんでもかんでも100万という誓約書ではサインしないでしょう。

会社に損害を与えた場合には、損害賠償をすることがある程度にとどめておくべきでしょう。

投稿日:2021/10/20 09:26 ID:QA-0108862

相談者より

ありがとうございます
参考になりました!

投稿日:2021/10/20 11:53 ID:QA-0108874大変参考になった

回答が参考になった 0

プロフェッショナルからの回答

増沢 隆太
増沢 隆太
RMロンドンパートナーズ 人事・経営コンサルタント

対応

現実的には誓約書自体は行動抑制以上の効果は望めません。ご提示の内容はヘッドハントや出店禁止以外は法律違反なので誓約書の有無は関係なく、訴訟など可能です。その方個人を特定せず、退職者には全員これをお願いしているということで伝えてはどうでしょうか。

尚、パスワード使い回しは本件と関係なく企業責任ですので、そのような管理は直ちに止め、退職者はもちろん担当者間だけで共有して下さい。

投稿日:2021/10/20 09:28 ID:QA-0108863

相談者より

ありがとうございます
参考になりました!

投稿日:2021/10/20 11:53 ID:QA-0108875大変参考になった

回答が参考になった 0

プロフェッショナルからの回答

川勝 民雄
川勝 民雄
川勝研究所 代表者

退職者の誓約書

▼会社情報へのアクセス・PWは、当然、関係者個人別に設定されているのでしょうね。それなら、問題の退職者の PWを無効化すれは済むはなしですね。
▼賠償金の件も、淡々と記載すればよい話で、威圧感云々の世界では思います。それでも拒否されたら、会社の意思の強さと、弁護士さんの腕にかかっていることになります。

投稿日:2021/10/20 10:23 ID:QA-0108871

相談者より

ありがとうございます
参考になりました!

投稿日:2021/10/20 11:54 ID:QA-0108876大変参考になった

回答が参考になった 0

プロフェッショナルからの回答

服部 康一
服部 康一
服部賃金労務サポートオフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

ご相談の件ですが、こうした誓約書に関しましては、一般的に法的拘束力はございませんので、たとえ当人が署名捺印されたとしましても、事情によっては賠償金を取れない可能性も生じるものといえます。

つまり、誓約書とは、法的効力というよりは当人への心理的な抑制効果を得る為の手段という事になります。

逆にいえば、誓約書提出を拒否されたからといって必ずしも損害賠償請求が出来ないということにもなりませんので、それ程深刻に考える必要性はないものといえるでしょう。

投稿日:2021/10/20 23:27 ID:QA-0108900

相談者より

参考になりました。
ありがとうございます

投稿日:2021/11/03 22:25 ID:QA-0109321大変参考になった

回答が参考になった 0

回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。
新たに相談する

「人事のQ&A」で相談するには、
『日本の人事部』会員への登録が必要です。

関連する書式・テンプレート
退職理由説明書

退職合意済みの社員に、どのような理由で退職に至ったかを記入してもらう書類です。ヒアリングは慎重に行いましょう。

ダウンロード
退職証明書

従業員が退職したことを証明する「退職証明書」のサンプルです。ダウンロードして自由に編集することができます。

ダウンロード

この相談に関連する記事

あわせて読みたいキーワード