無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

既に会員の方は
こちらからログイン

ログイン

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

就業規則の懲戒処分規定について

悪質なハラスメント行為が発覚した社員に対し、就業規則に応じて処分を下すことになりました。
歴史の浅い会社のため、懲戒処分を下すのが会社史上初めての事態であり、この期に及んで、就業規則の内容に問題があるのでは?との懸念が出ております。

弊社の就業規則では下記の通り規定されています。

第X条 懲戒の種類は以下の通りとする。
1.譴責 始末書を提出させ、将来を戒める。
2.減給 始末書を提出させ、1回につき1賃金支払期間の賃金の10%を超えない範囲で減給する。
3.出勤停止 始末書を提出させ、30日以内の出勤停止とし、反省させる。
4.降格 始末書を提出させ、職位を格下げするか、その役職を免ずる。
5.懲戒解雇 行政官庁の認定を受け、予告なしで解雇し、退職手当を支給しない。

ご相談は、上記規定の中で、譴責~降格までの処分に対し、始末書の提出を義務付けていますが、これが二重処分に該当しないか?ということです。
1つの事案に対し、後から処分を重ねて下すことはできない(これが二重処分では?)と認識しているのですが、あらかじめ「始末書+減給」「始末書+出勤停止」「始末書+降格」と規定された就業規則に問題はないのでしょうか?
これも二重処分とされ、裁判になったときに無効とされないか、懸念しております。

投稿日:2021/05/16 11:58 ID:QA-0103547

shinmaijinjiさん
東京都/販売・小売

この相談に関連するQ&A

プロフェッショナル・人事会員からの回答

全回答3
投稿日時順 評価順

人事会員からの回答

オフィスみらいさん
大阪府/その他業種

問題はありません。

「2,減給 始末書を提出させ、1回につき1賃金支払期間の賃金の10%を超えない範囲で減給する。」とした場合、「始末書の提出」と「減給」という2つの処分を課すことになりますが、この場合は、2つの行為をセットにした処分が「減給」ということになりますので、二重処罰にはなりません。

「3,出勤停止」も「4,降格」についても同様です。

厚労省のモデル就業規則にも、減給処分の内容として、「始末書を提出させ減給する、ただし、減給は・・・」、出勤停止処分の内容として、「始末書を提出させるほか、〇日間を限度として出勤を停止し、その間の賃金は支給しない。」と規定されています。

始末書の提出を求めたものの、不提出を理由として、出勤停止処分を行った場合であれば二重処分に該当し、最初に始末書の提出(けん責処分)を求めた時点で、その違反行為に対する懲戒処分は終了しており、再度、懲戒処分を行うことはできないということになります。

投稿日:2021/05/17 09:49 ID:QA-0103550

相談者より

ご回答ありがとうございます。
厚労省のモデル就業規則も拝見し、弊社と同様の規定になっていることを確認できました。
処分の決定はこれからですが、ひとまずホッとしています。
ありがとうございました。

投稿日:2021/05/17 13:32 ID:QA-0103572大変参考になった

回答が参考になった 0

プロフェッショナルからの回答

川勝 民雄
川勝 民雄
川勝研究所 代表者

二重処分しない

▼夫々の非違行為に対し課される処罰が、「始末書+〇〇」といった様に最初から、単体として決められている場合、二重処分に該当する訳ではありません。

投稿日:2021/05/17 10:35 ID:QA-0103554

相談者より

ご回答ありがとうございます。
弊社の規定は二重処分に該当しないとのこと、ひとまず安心いたしました。
ありがとうございました。

投稿日:2021/05/17 13:34 ID:QA-0103573大変参考になった

回答が参考になった 0

プロフェッショナルからの回答

小高 東
小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 

ご質問の件

始末書と同時に減給等科すことは、一般的には問題はありません。

二重処罰禁止には2つの意味合いがあります。

一つが一事不再理の原則であり、一度処罰が確定して事案について、重ねて処罰をすることができないとするもので、2つの処罰の間にはタイムラグがあります。

これに対して、タイムラグがない、同時に処罰を課す場合には、一事不再理ではなく、同時に処罰を科すことに科すことに相当性があるかないかの問題となります。

始末書と同時に減給等科すことは、相当性があるとされています。

投稿日:2021/05/17 12:27 ID:QA-0103567

相談者より

ご回答ありがとうございます。
始末書と減給等を同時に課すことには相当性があるとされているとのこと、ひとまず安心いたしました。
ありがとうございました。

投稿日:2021/05/17 13:37 ID:QA-0103574大変参考になった

回答が参考になった 0

回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。
新たに相談する

「人事のQ&A」で相談するには、
『日本の人事部』会員への登録が必要です。

関連する書式・テンプレート
懲戒規定

懲戒処分を設ける際は、就業規則で定める必要があります。自ら乱用しないよう注意深く規定しましょう。

ダウンロード

この相談に関連する記事

あわせて読みたいキーワード