企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

ニュース
人事サービス 人材育成・研修
掲載日:2010/12/22

アルー、「研修効果を定着させる有効な方法とは」
30−59歳管理職層 研修定着化に関する実態調査発表

この度、研修効果の定着化について考えるために、アルー(東京都新宿区、落合文四郎・代表取締役社長)は、従業員数500名以上の企業にて、部下のいる30-59歳の管理職層300名を対象に、部下の研修効果の定着度や、定着化に向けた管理職の取り組みについて実態調査を実施しました。

【 調査結果 概要 】
今回の調査の結果、研修効果の定着化の現状、および上司と部下の対話と研修定着度との関係が明らかとなりました。

まず、「部下の成長について満足しているか」について質問しました。すると、「満足している」と回答した人は約4割となり、約6割は「満足していない」と回答しました。続いて、「部下の成長についての対話頻度」に関する質問では、「毎日」が約4割で最も高い数値となりました。そして、「部下が受講する研修内容について、事前に会社から共有されているか」については、約6割が「共有されている」と答えました。また、「部下の成長のために会社の研修は有効か」については、「はい(有効)」と回答した人が約8割となりました。

次に、「部下の研修効果の定着度」に関する質問では、平均定着度は「47.0%」でした。また、「定着度」と「成長満足度」の関係を見たところ、「定着度」が高いと感じる人ほど、「部下の成長に満足している」傾向が見られました。続いて、「部下が受講する研修について、受講前後に部下と対話の時間を設けているか」については、約8割が「受講前後に実施」していると回答しました。また、「対話実施タイミング」と「定着度」との関係を見たところ、「研修受講前」に対話をしている場合、定着度が高い結果となっていることがわかりました。このことから、「研修受講前」に部下と対話をすることは、定着化に良い影響を与える可能性があることがうかがえます。さらに、「部下との対話内容」については、受講前は「実施目的について」、受講後は「実務での活用イメージ」が最も多い結果となりました。

昨今の国際競争が激化する中、企業が勝ち抜いていくために、効果的に人材を育成することがますます求められています。人材の成長を促す「研修」の学びを、実践で活かし、成果につなげるためには、研修前後の「上司との対話」を通じて、受講者の自己効力感を醸成し、自立的に成長していく環境を作ることが重要なのではないでしょうか。

【 調査結果 抜粋 】
あなたは、あなたの部下の成長について満足していますか。

・とても満足(5.7%)

あなたは、部下が研修を受講する際、その内容について、事前に会社(人事部門等)から共有されていますか。
・十分共有されている(17.0%)

あなたは、部下がこれまで受講した研修について、総じて、どの程度定着しているとお感じですか。
・定着度 平均 47.0%

本リリースの詳細はこちらをご覧下さい。

アルー http://www.alue.co.jp /同社プレスリリースより抜粋・12月22日

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です
ニュースジャンル一覧
人材育成・研修(人事サービス)ジャンルのニュース

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

タレントパレット 会社の法律Q&A 「よくわかる人事労務の法改正」ガイドブック無料ダウンロード

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


プレスリリース掲載に関して

プレスリリース掲載に関して

弊社媒体向けニュースリリースにつきましては、受付フォームをご用意しております。
プレスリリース受付フォーム


『日本の人事部』主催イベント

日本の人事部「HRカンファレンス」

日本最大のHRイベント

日本の人事部「HRカンファレンス2020-秋-」を11/17~20、11/25に開催。
<173講演ライブ配信>


日本の人事リーダー会

日本の人事リーダー会

日本を代表する大手企業の人事エグゼクティブによる、人事の未来を考える会