企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

印刷する印刷する 

[人事サービス]

2019/05/24

2020年卒学生の4月末時点の内々定率は、前年同月比6.1pt増の39.3%~『2020年卒マイナビ大学生就職内定率調査』:マイナビ

株式会社マイナビ(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:中川信行)は、2020年卒業予定の全国の大学生、大学院生を対象とした「2020年卒マイナビ大学生就職内定率調査」の結果を発表しました。

本調査は、幅広い層の学生から内定率を調査することを目的として、2010年3月より開始し、今年で10年目となります。調査結果の概要は以下の通りです。


<調査結果の概要>

■ 2020年卒業予定大学生、大学院生の約4割が4月末時点で内々定を獲得

2020年卒学生の4月末時点の内々定率は、前年同月比6.1pt増の39.3%(2019年卒4月:33.2%)となった。

文理男女別の比較では、文系学生(男子35.5%、女子32.5%)よりも理系学生(男子50.9%、女子42.8%)が大きく上回っている。また理系学生のうち、学部生と大学院生で比較すると、学部生44.3%に対し院生は51.8%と、早くも半数を超えており進捗が早い。

全体の平均内々定保有社数は1.6社(前年同月比0.1pt増)と増加しているが、未内々定者を含めた活動を継続する学生の割合は、全体の87.6%(※1)とまだ活動は依然として活発である。

※1)未内定者60.7%に、内々定を保有して活動を継続する学生26.9%を合算して算出。内々定を保有して活動を継続する学生の割合は、内々定率39.3%に今後も活動を継続すると回答した学生の割合68.5%(内々定先に不満なので続行する:16.6%+内々定先に不満ではないが他の企業も見たいので続行する:51.9%)を掛けて算出している


「2020年卒マイナビ大学生就職内定率調査」調査概要
【調査方法】『マイナビ2020』の会員に対するWEBアンケート
【調査期間】2019年4月24日(水)~4月30日(火)
【調査対象】2020年3月卒業見込みの全国の大学4年生、大学院2年生
【有効回答数】7,342名(文系男子1,439名、文系女子3,701名、理系男子1,098名、理系女子1,104名)
※詳細はこちら(PDF)からご確認いただけます。また、その他調査データについては『新卒採用サポネット』で公開中です。


[本件に関するお問い合わせ・取材等のお申し込み先]
社長室 広報部
TEL.03-6267-4155 FAX.03-6267-4050
e-mail:koho@mynavi.jp

 

◆本リリースの詳細は、こちらをご覧ください。

(株式会社マイナビ http://www.mynavi.jp/ /5月10日発表・同社プレスリリースより転載)


ニュースジャンル一覧

雇用・採用(人事サービス)ジャンルのニュース

インターンシップを効果的に実施するポイントと 外部ソリューション活用のヒント

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

ニュースアクセスランキング

注目コンテンツ


インターンシップを効果的に実施するポイントと外部ソリューション活用のヒント

インターンシップの効果的な実施について、種類や取り組み事例、外部サービス活用のヒントをご紹介します。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


若手社員の定着率をアップさせるためには

若手社員の定着率をアップさせるためには

求人難が叫ばれる中で、若手社員の早期離職傾向がなかなか止まらない。少子...


尻込み、指示待ち、評論家……<br />
ひそかに進行する20代社員の“ゆでガエル化”現象とは

尻込み、指示待ち、評論家……
ひそかに進行する20代社員の“ゆでガエル化”現象とは

ゆっくりと進行する危機や環境の変化に対応する難しさを戒めた、いわゆる「...


プレスリリース掲載に関して

プレスリリース掲載に関して

弊社媒体向けニュースリリースにつきましては、受付フォームをご用意しております。
プレスリリース受付フォーム


『日本の人事部』主催イベント

日本の人事部「HRカンファレンス」

日本最大のHRイベント

日本の人事部「HRカンファレンス2019-春-」を5/9・14・15・16・17・23・24に開催。


日本の人事リーダー会

日本の人事リーダー会

日本を代表する大手企業の人事エグゼクティブによる、人事の未来を考える会