企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

印刷する印刷する 

[社会]

2019/04/17

産休、育休をとりづらいと感じている人は34.9%。3人に1人はマタハラを受けたと感じている~『妊産婦の働き方と会社の取り組みに関する調査』(赤ちゃんの部屋調べ):ゼネラルリンク

妊活・妊娠・育児の悩みを解消する情報サイト赤ちゃんの部屋(運営:株式会社ゼネラルリンク 東京都渋谷区 代表:廣瀬真一郎)では、マタハラと働き方に関して、全国の出産経験のある女性1107名にインターネット調査を実施致しました。


【調査結果のポイント】
・34.9%が産休、育休をとりづらいと感じている
・母性健康管理指導事項連絡カードの活用率は1%未満
・3人に1人はマタハラを受けたと感じている
・復職のハードルは高い
・社会問題も含め、43.8%は時間や休暇の緩和が必要
・28.7%がパートナーの理解と協力を求めている


<調査概要>
妊産婦の勤務について、37.2%が妊娠報告をしづらかったなかで、母性健康管理指導事項連絡カードの利用に関しては0.8%と認知そのものが低い回答でした。
出産まで勤務を続けるうえで、31.3%が時短勤務の制度に助かったと回答しており、休暇取得も含め時間の緩和が役立っていることが浮き彫りになりました。
また、33%はマタハラを受けたと感じており、およそ5人に1人は退職勧奨を受けているという結果がでています。
復職に関しては、勤務時間の緩和が助けになったと48.8%が回答し、企業側が働きやすさをつくるためには、勤務時間を含め、柔軟な対応が求められていることがわかりました。


▼上記のさらに詳しい情報は、こちらで公開してあります。


<調査概要>
調査日:2019年3月26日~3月27日
調査方法:インターネットによる調査
調査人数:1107人
調査対象:全国の20~50代の妊娠出産経験のある女性
調査主体:ゼネラルリサーチ

 

◆本リリースの詳細は、こちらをご覧ください。

(株式会社ゼネラルリンク https://general-link.co.jp/ /4月11日発表・同社プレスリリースより転載)


ニュースジャンル一覧

教育・オピニオン(社会)ジャンルのニュース

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

イクメン企業アワード2019エントリー募集中

ニュースアクセスランキング

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


「働きがい」が業績向上を実現する<br />
~成長する組織をつくる働き方改革~

「働きがい」が業績向上を実現する
~成長する組織をつくる働き方改革~

すでに関連法令も成立し、「働き方改革」への対応は待ったなしの状況といえ...


優秀な人材の流出を未然に防ぐ ~リテンション・マネジメントの最新技術とは~

優秀な人材の流出を未然に防ぐ ~リテンション・マネジメントの最新技術とは~

「日本は雇用の流動性が低い」とよく言われます。「流動性が低いことは問題...


プレスリリース掲載に関して

プレスリリース掲載に関して

弊社媒体向けニュースリリースにつきましては、受付フォームをご用意しております。
プレスリリース受付フォーム


『日本の人事部』主催イベント

日本の人事部「HRカンファレンス」

日本最大のHRイベント

日本の人事部「HRカンファレンス2019-春-」を5/9・14・15・16・17・23・24に開催。


日本の人事リーダー会

日本の人事リーダー会

日本を代表する大手企業の人事エグゼクティブによる、人事の未来を考える会