企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

印刷する印刷する 

[社会]

2017/07/10

「残業を命じられることがある」6割強、1ヵ月の残業時間平均22.5時間。心身の健康に支障をきたすと感じる1ヵ月の残業時間平均46.2時間~『36協定に関する調査2017』:連合

労働時間に対する社会的関心が高まる中、日本労働組合総連合会(略称:連合、所在地:東京都千代田区、会長:神津里季生)は、「36協定」を周知する活動を行っています。その一環として、時間外労働の実態や36協定の締結状況、認知状況を把握するため、2017年6月6日~6月8日の3日間、「36協定に関する調査」を、インターネットリサーチにより実施し、全国の20歳~65歳で働いている人(自営業・自由業、パート・アルバイト除く)1,000名の有効サンプルを集計しました。
(調査協力機関:ネットエイジア株式会社)

 

●「残業を命じられることがある」6割強、1ヵ月の残業時間平均22.5時間
●「会社が残業を命じるためには36協定の締結が必要」認知率は5割半ば、20代では半数を下回る結果に
●勤め先が36協定を「締結している」4割半ば、「締結していない」2割弱、「締結しているかどうかわからない」4割弱
●心身の健康に支障をきたすと感じる1ヵ月の残業時間平均46.2時間

 

◆時間外労働の実態
・「残業を命じられることがある」6割強、20代男性では8割に
・1ヵ月の残業時間平均22.5時間、最も平均時間が長いのは運輸業で33.6時間
・残業を減らすための取り組み「何も行われていない」が4割半ば、サービス業では6割に
・労働時間の管理方法「タイムレコーダーによる管理」約3割「自己申告による管理」2割
・「出勤日でない日に出勤することがある」3割、教育・学習支援業では5割強
・「持ち帰り残業をすることがある」2割、教育・学習支援業では4割強

 

◆36協定の締結状況・周知状況
・「会社が残業を命じるためには36協定の締結が必要」認知率は5割半ば、20代では半数を下回る結果に
・勤め先が36協定を「締結している」4割半ば、「締結していない」2割弱、「締結しているかどうかわからない」4割弱
・労働者側の協定締結当事者約4割が「過半数で組織されている労働組合」
・過半数代表者の選出方法「挙手または投票により選出している」は3割半ば
・36協定の周知「周知されていない」が1割半ば、どのように周知されているか「わからない」は2割強

 

◆働き方・労働時間に対する考え
・プライベート時間vs給料「給料が少なくても、プライベートの時間を確保できるほうがよい」が6割強
・プライベート時間vsやりがい50代男性では「労働時間が長くても、やりがいが多いほうがよい」が多数派に
・心身の健康に支障をきたすと感じる1ヵ月の残業時間平均46.2時間
・勤務間インターバル制度導入の必要性は?「導入すべき」が約4割で「導入の必要はない」の2倍に

 

■調査タイトル:36協定に関する調査2017
■調査対象:ネットエイジアリサーチのモニター会員を母集団とする20歳~65歳で働いている人(自営業・自由業、パート・アルバイト除く)
■調査期間:2017年6月6日~6月8日
■調査方法:インターネット調査
■調査地域:全国
■有効回答数:1,000サンプル内訳:男性576s(20代98s/30代137s/40代162s/50代128s/60代51s)女性424s(20代89s/30代88s/40代123s/50代94s/60代30s)
■実施機関:ネットエイジア株式会社

 

◆本リリースの詳細は、こちら(PDF)をご覧ください。

(日本労働組合総連合会(連合) http://www.jtuc-rengo.or.jp/ /7月7日発表・同法人プレスリリースより転載)


ニュースジャンル一覧

教育・オピニオン(社会)ジャンルのニュース

受けさせたいスキルアップ系講座特集

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

社宅でもUR賃貸住宅

ニュースアクセスランキング

<アンケートのお願い>採用マーケットの構造変化に関する意識調査

注目コンテンツ


『日本の人事部』受けさせたいスキルアップ系講座特集

コミュニケーションや英語力、個人の生産性やPCスキルなど、ビジネス上必須となる多彩なプログラムをご紹介



「健康経営特集」
従業員の健康づくりを通じて生産性向上を目指す!

健康経営の推進に役立つ多彩なプログラムをご紹介。資料請求のお申込みや資料のダウンロードも可能です。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


なぜヤマシンフィルタは“急成長”を遂げたのか 組織変革を実現する「評価制度」と「タレントマネジメント」

なぜヤマシンフィルタは“急成長”を遂げたのか 組織変革を実現する「評価制度」と「タレントマネジメント」

成長過程にある企業では、現状に合う組織づくりや人の育成が後追いになって...


「採用」×「AI」で、採用成果を実現する これからの人事に必要なもの

「採用」×「AI」で、採用成果を実現する これからの人事に必要なもの

HRの領域ではその時々、トレンドとなるワードがあります。最近は「AI」...


プレスリリース掲載に関して

プレスリリース掲載に関して

弊社媒体向けニュースリリースにつきましては、受付フォームをご用意しております。
プレスリリース受付フォーム


『日本の人事部』 主催イベント

日本の人事部「HRカンファレンス」

日本最大のHRイベント

日本の人事部「HRカンファレンス2017-秋-」を11/14(火)~22(水)に開催します。


日本の人事リーダー会

日本の人事リーダー会

早稲田大学戦略研究センター教授の枝川義邦氏を講師に迎え、第11回会合を8/30(水)に開催。