企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ


HRカンファレンス2020-春-[東京]<ライブ配信> 参画企業
事業カテゴリ:
ビジネス効率化・支援

サービスの水道哲学株式会社エフアンドエム

カブシキカイシャエフアンドエム

https://www.fmltd.co.jp/

〒564-0063 大阪府吹田市江坂町1-23-38
対応エリア:全国、代表者名:森中 一郎、従業員数:488名、資本金:9億3,493万円

サービス・製品資料 在宅勤務・テレワーク 入退職・再就職支援

2020年4月電子申請義務化~企業が行うべき対応~pdf 2.13 MB / 14 ページ 】

2020年4月より特定の法人を対象に社会保険・労働保険に関する一部の手続きの電子申請が義務化されます。電子申請義務化の内容と、企業にとっての電子申請義務化の対策や各種業務を電子化するメリットをご紹介します。

ダウンロード資料詳細

2020年4月より特定の法人を対象に社会保険・労働保険に関する一部の手続きの電子申請が義務化されます。また、2019年10月には厚生労働省が年金手帳の廃止を検討していることが報じられるなど、社会保険の電子化は今後も一層進むことが予想されます。

入退社や従業員のライフイベントごとに随時発生する社会保険関連の手続きに加え、税制改革への対応や年間の法定手続き(年末調整など)など企業が行うべき人事労務関連の手続きは多岐に渡ります。

また、正社員、派遣社員、アルバイトと複数の雇用形態をもつ企業はさらに対応すべき手続きが多くなり、多大な労力と、それに伴うコストがかかります。

2019年4月の働き方改革関連法の施行による時間外労働の上限規制や勤務間インターバル制度導入の努力義務、有給休暇取得義務など、社会保険関連だけでなく、勤怠や有休管理の対応も求められます。

今回は2020年4月からの戦士申請義務化の内容と、企業にとっての電子申請義務化のメリット、株式会社エフアンドエムが提供するオフィスステーションの魅力をあわせてご紹介します。

資料ダウンロードはサービス導入を検討頂く為に経営者の方や人事ご担当の方を対象としております。
恐れ入りますがご同業、学生の方及び個人的な目的での利用はご遠慮頂いております。ご了承下さい。

このダウンロード資料に関係するサービス

他のダウンロード資料