企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ


事業カテゴリ:
人材育成・研修
人材紹介・再就職支援
人材採用メディア

人と組織のチェンジ・プロモーター株式会社ジェイック

カブシキガイシャジェイック

http://www.jaic-g.com/

〒101-0051 東京都千代田区神保町1-101神保町101ビル6F
対応エリア:全国、海外、代表者名:佐藤 剛志、従業員数:213名、資本金:2億5,273万円(2019年10月末時点)

お役立ちツール 経営者・経営幹部研修

社長の右腕 中堅企業 現役ナンバー2の告白pdf 3.08 MB / 92 ページ 】

世の中にあまりない、『組織のナンバー2』が、より成果を出し、トップとの信頼関係を強め、社員に良い影響を与え、組織をより強くする話をまとめたものです。
ナンバー2、社長の右腕と目される方、次期ナンバー2候補の経営幹部、今以上に事業を加速させたい経営者には、役立つヒントのたくさんある本と思います。

ダウンロード資料詳細

1.はじめに

2.トップが担う役割/責務は、われわれの認識以上に幅広い
 ・企業経営に必要な機能 / 役割
 ・時代により変化するトップの役割
 ・一般社員がトップに求めていること

3.トップは何に悩み、ナンバー2に何を期待しているのか?
 ・幹部社員の自己革新10箇条
 ・×「組織運営の一部を任せてしまいたい」
  ○「組織の在り方を理解し、
      その在り方を現場に根付かせてほしい」

4.トップを支える10の具体的取り組み
 1)トップに共感
 2)成果にコミット
 3)ファジーな役割分担
 4)スピード重視のPDCA
 5)トップからの信頼
 6)トップへのレポート
 7)トップをサポートする黒子
 8)トップの翻訳家
 9)メンバーの育成
 10)メンバーとの円滑なコミュニケーション

5.トップを支える幹部と途中離脱する幹部の違い
 1)トップと価値観が刷り合わせられないタイプ
 2)自立のみにフォーカスし、協働に意識がいかないタイプ
 3)ファミリーの範囲を広げられないタイプ
 4)自身の課題に向き合えないタイプ
 5)本気でコミットしないタイプ

6.ストレスをパワーに変えるナンバー2の思考術
 1)なぜ自分はトップといるのか?日々振り返る
 2)日々の仕事に感謝し、楽しむ
 3)逃げずに現実を直視することでより大きな成長を遂げると信じる

7.より高みを目指す幹部メンバー
 1)幅広い仕事にチャレンジする
 2)「自分がトップだとしたら」と思って判断力を養う
 3)報連相のレベルを高め続ける
 4)極端な弱点を克服するべく努力し続ける
 5)評価よりも成果にフォーカスする

8.おわりに

資料ダウンロードはサービス導入を検討頂く為に経営者の方や人事ご担当の方を対象としております。
恐れ入りますがご同業、学生の方及び個人的な目的での利用はご遠慮頂いております。ご了承下さい。

他のダウンロード資料