企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ


事業カテゴリ:
安全衛生・リスクマネジメント・EAP
組織・人事コンサルティング
人材育成・研修

安心の品質、価格、実績をお約束します。SOMPOヘルスサポート株式会社(旧:SOMPOリスケアマネジメント株式会社)

ソンポヘルスサポートカブシキガイシャ

https://sompo-hs.co.jp/

〒101-0063 東京都千代田区神田淡路町1-2-3
対応エリア:全国、代表者名:代表取締役社長 角 秀洋、従業員数:290名、資本金:1000万円

導入事例 メンタルヘルス

【実績紹介】職場環境改善に関する事例紹介pdf 451.45 kB / 3 ページ 】

当社サービスを導入頂き、職場環境改善へと繋がった事例を2つご紹介いたします!

ダウンロード資料詳細

◆事例①
東急ハンズ様
⇒管理職向けメンタルヘルス研修の効果について

◆キーワード
・集団分析結果を活用できていない
・日々感じている問題を可視化したい
・各地に営業店等が点在している

◆概要
Q弊社のメンタルヘルスサービスを導入頂いたきっかけを教えてください。

 ストレスチェックは2016年度から実施していましたが、初年度は制度上の最低限の部分をこなすのみとなっていました。集団分析も帳票は作成していたものの、結果を活かして対策を講じるところまではできていませんでした。
義務化2年目からは、(途中略)

Q実際に当社から集団分析の資料作成をさせて頂き、集団分析の報告会を受けていかがでしたでしょうか?

 担当コンサルタントからは、思っていた以上にかなり細かい資料と丁寧な説明をして頂きました。今まで当社では、メンタルヘルス対策が課題として大きく挙がった事はなかったのですが、コンサルタントからの集団分析結果報告会を当社役員同席の上で実施したところ、役員や上司が強い関心を持ち(続きはダウンロード資料にて)


◆事例②
NBCメッシュテック様
⇒職場環境改善対応パッケージ導入後の効果について

◆キーワード
・ストレスチェック制度を生産性向上に役立てたい
・現場管理職の意識を変えたい
・働き方改革に対応できる土壌を作りたい

◆概要
Q職場環境改善を取り組むきっかけ、経緯についてお聞かせください。

-----当社は日清製粉グループとして1934年に創業しました。ちょうどストレスチェックが義務化になる直前に80周年を迎え、社長から「輝かしい未来、いい形で100年を迎えよう」というメッセージがありました。人事としても現状維持ではなく、会社をより良くしていこうという思いを持っていました。 
ストレスチェックの義務化は、当社の輝かしい未来にも繋がる取り組みとなるため、単なる法令遵守にとどまらず、未然予防や本質的な職場環境改善による生産性向上を目指していくことにしました。
(途中略)その後、導入初年度に当社の実態に即した職場環境改善の実施を行うこととなりました。

◎職場環境改善サービスの実施にあたっての感想をお聞かせ下さい。

-----ストレスチェックの実施終了後、集団分析報告会を実施いただき、職場の支援、特に管理職のコミュニケーションに(続きはダウンロード資料にて)

資料ダウンロードはサービス導入を検討頂く為に経営者の方や人事ご担当の方を対象としております。
恐れ入りますがご同業、学生の方及び個人的な目的での利用はご遠慮頂いております。ご了承下さい。

このダウンロード資料に関係するサービス

他のダウンロード資料