企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ


事業カテゴリ:
人材育成・研修

株式会社エイチ・アール・ディー研究所

http://www.hrdins.co.jp/

〒101-0032 東京都中央区銀座6-16-12丸高ビル3階
対応エリア:全国、代表者名:吉田繁夫、従業員数:30名、資本金:1,000万円

お役立ちツール 人事・労務向け

【無料ダウンロード資料】研修報告書・簡易版(参考例文&解説付き)pdf 890.15 kB / 5 ページ 】

研修担当者の成長機会となる研修報告書について記述しました。簡易版ではありますが、参考記述例含め、解説をつけております。この資料によって、研修担当者および社内講師も、成長しつづけましょう。

ダウンロード資料詳細

 研修企画書はしっかり書いているのに、研修報告書は十分に書けていない、というお声をよくお聞きます。理由は次の3点です。

 1)次の研修の準備で、書く時間がとれない。
 2)書くべきポイントがわからない。
 3)アンケート集計のみが自部門の慣習となっている。

 限られた研修メンバーで運営しているので、仕方がないときもあります。しかし、研修報告書をしっかり書かないということは、研修担当者や組織内講師の方々の成長機会が失われてしまうので、好ましいことではありません。

 具体的に研修報告書は、次の3点が記述されていると理想です。

 ア)研修目標の達成度
 イ)工夫・調整した点の可否(よかったか・悪かったか)
 ウ)講師(または研修担当)として学べたこと

 ただし、次のように書いてしまうのは、安易な書き方で、好ましくありません。

 ア)研修目標の達成度・・・質問が出なかったので、研修目標は達成した
 イ)工夫・調整した点の可否・・・はじめてのケースをやったが、問題なく進められた
 ウ)講師(または研修担当)として学べたこと・・・次回も同じようにやる

 このように書いてしまう遠因は、研修中の受講者観察にあります。講師の動き、受講者の反応、受講者がそのように反応した理由、これらをしっかり捉えられると、研修報告書は非常によくなります。

 では、研修報告書の理想的な記述は、どのような記述なのでしょうか?

 ここでは、具体的な表現例を含めた「研修報告書・簡易版」参考記述例を作りました。ご関心ある方はご関心ある方は次のページをご覧ください。

資料ダウンロードはサービス導入を検討頂く為に経営者の方や人事ご担当の方を対象としております。
恐れ入りますがご同業、学生の方及び個人的な目的での利用はご遠慮頂いております。ご了承下さい。

このダウンロード資料に関係するサービス

他のダウンロード資料