企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ


事業カテゴリ:
人材育成・研修
組織・人事コンサルティング

【離職率50%減 業績2倍】元NTT女性SE管理職が教える成果100%の女性管理職育成研修株式会社リノパートナーズ

カブシキガイシャリノパートナーズ

https://linopartners.co.jp/

〒102-0085 東京都千代田区六番町15-2鳳翔ビル3階B
対応エリア:全国、代表者名:細木聡子、従業員数:1名、資本金:300万円

お役立ちツール 管理職研修 人事・労務向け マネジメント

【人材育成担当者のための目標設定・振り返りシート】SMARTの法則を活用!会社ビジョン×社員のやる気を=継続的な目標設定excel 18.01 kB / 2 ページ 】

SMARTの法則とは「Specific(明確な)」「Measurable(測定可能な)」「Achievable(達成可能な)」「Relevant(関連性がある)」「Time-bound(期限のある)」の頭文字をとったもので、この法則を理解し目標を立てることで達成感が得られる効果的な目標設定ができます

ダウンロード資料詳細

■「Specific(明確な)」
可能な限り、数値化ましょう。数値であらわせる目標は、すべて数値化することを意識して目標設定します。
例えば、「去年よりも事業規模を拡大する」より、「昨年比130%の成長を実現する」「A部門で2億円の利益を出す」「社員数を現在の2倍に増やす」など、可能な限り数値で示すようにします。

■「Measurable(測定可能な)」
定期的に達成度を測定できるようにしましょう。明確に数値化された目標は測定可能となります。
実際には「週に1回」「隔週に1回」「月に1回」など定期的に進捗管理を行えば、現在の状況が把握でき、チームとしてのモチベーションや仕事の効率の向上につなげることが可能になります。さらに、問題点の改善にも役立ちます。達成度が低ければ、業務のスピードをはやめたり、作業量を増やすなど、手段や施策に再検討を行うようにします。

■「Achievable(達成可能な)」
適切なハードルの高さの目標設定をするようにします。抜本的な改革を伴うような目標は、不確実性が高く、達成の可能性が大変低くなるためモチベーションが上がりづらくなります。一方、簡単に達成できる目標も成長につながりません。少し背伸びをすれば乗り越えられるレベル、感覚的に1.2倍を目安に目標設定を行うとよいでしょう。

■「Relevant(関連性がある)」
会社のミッションと社員の志をつなぐという作業が管理職としての腕の見せ所です。しなやか女性リーダー養成講座の第3講でお伝えした「適材適所の配置」において、部下の希望と強み、チームの仕事内容からそれぞれ要素を抽出し配置を見極めるという作業から目標を設定します。大切なことは、その目標がチームや会社の中での役割に合った目標であること、そして社員にとって魅力的な目標であること、です。

■「Time-bound(期限のある)」
目標達成のためには、期限を細かく設定することがオススメです。目標の内容に合った期限を考え、月単位・週単位など、できるだけ細かく設定すると、状況や達成度が把握しやすくなります。また、期限を決める時には、具体的に何をするのか合わせて考えると良いでしょう。

資料ダウンロードはサービス導入を検討頂く為に経営者の方や人事ご担当の方を対象としております。
恐れ入りますがご同業、学生の方及び個人的な目的での利用はご遠慮頂いております。ご了承下さい。

このダウンロード資料に関係するサービス

他のダウンロード資料