企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ


事業カテゴリ:
人材育成・研修

株式会社エイチ・アール・ディー研究所

http://www.hrdins.co.jp/

〒101-0032 東京都中央区銀座6-16-12丸高ビル3階
対応エリア:全国、代表者名:吉田繁夫、従業員数:30名、資本金:1,000万円

お役立ちツール 人事・労務向け

【無料ダウンロード資料】研修企画書・簡易版(参考例文&解説付き)pdf 924.77 kB / 5 ページ 】

受講者の「学ぶ必要性の認識」を高めるための研修企画書について記述しました。簡易版ではありますが、参考記述例含め、解説をつけております。この資料によって、貴社の受講者をさらに動機付けましょう。

ダウンロード資料詳細

 研修を実施する際、冒頭で研修概要の説明をすることを「オリエンテーション」または「イントロダクション」と呼びます。

 よくありがちなことですが、講師が受講者へ研修概要の説明を表面的に伝えてしまうと、受講者の学ぶ必要性の認識が弱くなります。その結果、研修内容の理解度が思ったように上がらなかった、ということが起きます。

 受講者に「学ぶ必要性の認識」を高めてもらうためには、研修の準備段階で記述する研修企画書にある次の3項目が非常に大切です。

 1)背景・経緯:研修を実施することになったいきさつ
 2)研修目的 :研修を実施した後に目指したい状態
 3)研修目標 :研修終了時までに達成する状態

 簡単な3項目と思われるかもしれませんが、次のようなミスをすると、受講者はピンときません。

 1)背景・経緯:研修内容に関連する失敗事例などの「事実情報」がない
 2)研修目的 :人物像などの抽象的な表現でイメージがわきにくい
 3)研修目標 :「~できる」という過剰なレベル表記が複数ある

 これらの記述ミスは、研修関係者内で企画をすり合わせる際は、あまり厳しく指摘し合わないようです。しかし、その文言がそのまま伝えられると、受講者の「学ぶ必要性の認識」に大きく影響します。

 では、具体的にはどう記述すればよいのでしょうか?

 ここでは、具体的な表現例を含めた「研修企画書・簡易版」参考記述例を作りました。ご関心ある方は、ダウンロード資料をご覧ください。

資料ダウンロードはサービス導入を検討頂く為に経営者の方や人事ご担当の方を対象としております。
恐れ入りますがご同業、学生の方及び個人的な目的での利用はご遠慮頂いております。ご了承下さい。

このダウンロード資料に関係するサービス

他のダウンロード資料