企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ


HRカンファレンス2017 -秋-[東京] 参画企業
事業カテゴリ:
組織・人事コンサルティング
人材育成・研修
人材アセスメント・サーベイ
組織・人事コンサルティング

一般社団法人中部産業連盟 東京事業部

http://www.chusanren.or.jp/hrm/index.html

〒102-0083 東京都千代田区麹町3-2-6 垣見麹町ビル
対応エリア:全国、海外、代表者名:小坂信之、従業員数:130名

pdf
サービス・製品資料 就業規則・勤怠管理 労働時間制度 意識改革・活性化

組織風土改革による「志」と「絆」の創造 ~価値観の共有による残業時間削減~◆◆中産連エンゲージメントプログラム◆◆pdf 2.59 MB / 14 ページ 】

中産連では各企業様と「人事制度改革」「企業風土改革」を進めていく中で、個人の「志」を高め、同時に組織の一体化の「絆」を強めていくEngagement(エンゲージメント)プログラムを開発し、その成果として「働き方改革」の推進により残業時間削減に結び付けております。

ダウンロード資料詳細

◆◆中産連エンゲージメントプログラムとは◆◆
これからの時代、会社と個人がどのような関係を結ぶことが望ましいかということを考えた際、ヒントとなる概念が「エンゲージメント」となります。中産連エンゲージメントプログラムとは、会社と個人が一体となり、その中で社員が自律的に貢献し、成長するための組織としての土壌を醸成するためのプログラムとなります。

◆◆中産連エンゲージメントプログラムの特徴◆◆
①他責から自責へのアプローチ
 組織風土に悪影響を及ぼしているであろう 観点の率直な吐露(自由な発散)
 問題点の共有と原因の徹底的な深堀
 解決のための観点整理
 問題を自責として捉えた際の具体的な解決策

②エンゲージメントされた組織風土の追求
 他責からヒントを得た会社の課題の整理
 社員のエンゲージメント向上のために今後採るべき会社の施策
(経営ビジョンの明確化・事業構造の転換など)
 自責として社員自身がエンゲージメントを
向上させるための大切な価値観や行動基準

③本音での話し合い
「自分にとって、組織にとって」良いことも悪いことも真摯に向き合って対話する
(単なるコミュニケーションでは変わらない)
 メンバーは対等な立場で対話する(責任を追及するような姿勢はご法度)

④価値観の腹落ち
 組織としての一体感の醸成
 志を持って取り組むことの大切さ
 健全な危機感と危機を乗り越える意欲
 理念を自身の言葉で語る(個人と組織)
 自ら壁を乗り越える

組織として価値観を共有する一体感と、志を持って日々の業務に取り組む緊張感。
この両輪をもって、ビジョン・理念実現に向けて主体的に関わる場を作ります。

資料ダウンロードはサービス導入を検討頂く為に経営者の方や人事ご担当の方を対象としております。
恐れ入りますがご同業、学生の方及び個人的な目的での利用はご遠慮頂いております。ご了承下さい。

他のダウンロード資料