企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ


事業カテゴリ:
人材アセスメント・サーベイ
組織・人事コンサルティング
採用コンサルティング・採用アウトソーシング

一体感ある組織作りに貢献する有限会社グローイング

ユウゲンカイシャグローイング

https://tekisei-prm.jp/

〒107-0061 東京都港区北青山2-7-26LANDWORK青山ビル2F
対応エリア:全国、海外、代表者名:平井 俊宏、従業員数:2名、資本金:300万円

レポート・調査データ 適性検査 管理職研修

パワハラのメカニズムとチェックすべき管理職の行動リスク(改訂版)pdf 811.15 kB / 10 ページ 】

「パワハラがどのようなメカニズムで発生するのか?」「パワーハラスメントを起こすリスクとしての管理職の行動・思考特性にどのようなものがあるか?」「パワハラ予防のためにどんな自己理解を促すべきか?」を記載しています。パワハラ予防、ダイバーシティ推進、マネジメント力/リーダーシップ強化にお役立てください。

ダウンロード資料詳細

リスクとは「結果的にプラス効果があったとしても、マイナスの効果があったとしても、その不確実性」のことを言います。

パワーハラスメントを起こすリスクとしての管理職の行動・思考特性にどのようなものがあるかをこの資料で是非確認してください。職位に付随して管理職にはその権限により、一定の権威(パワー)を感じさせます。但し、権威だけに頼るマネジメントは継続しません。ご承知の通りにそこにはメンバーとの信頼関係が大切になります。

適切に管理職が自らのパワーをマネジメントする一助として頂ければ嬉しく思います。

1はじめに「パワハラ振り返りシート」ご利用の手引きより
2パワーハラスメントの定義とメカニズム
3 パワハラ予防でチェックすべき2領域6つの行動リスク
4行動リスクの表裏を理解しよう
5 ご参考(パワハラ振り返りシートイメージ)

ご興味・ご質問があればお気軽にお問い合わせください。

資料ダウンロードはサービス導入を検討頂く為に経営者の方や人事ご担当の方を対象としております。
恐れ入りますがご同業、学生の方及び個人的な目的での利用はご遠慮頂いております。ご了承下さい。

このダウンロード資料に関係するサービス

他のダウンロード資料