企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ


HRカンファレンス2019 -秋-[東京] 参画企業
事業カテゴリ:
組織・人事コンサルティング
人材育成・研修
その他

一般社団法人中部産業連盟 東京事業部

http://www.chusanren.or.jp/hrm/index.html

〒102-0083 東京都千代田区麹町3-2-6 垣見麹町ビル
対応エリア:全国、海外、代表者名:小坂信之、従業員数:130名

サービス・製品資料 管理職研修 組織開発 チームビルディング

アクションラーニング研修◆◆職場の問題解決に対し、各個人で深く内省する◆◆【わかるアクションラーニング・小冊子】進呈!pdf 2.54 MB / 11 ページ 】

組織活性化の成功のポイントは、社員が持つ問題を共有することが大変重要となってきます。相互が所有している困難な問題を深く理解し、共に解決への道筋を思考する場を形成することで、メンバーが勇気づけられ、心から相談や話し合いを行える信頼関係を構築することが可能となります。その効果的な手法の紹介を致します。

ダウンロード資料詳細

今回、ご提案するアクションラーニング研修では、グループ(4~6名)により、既存のケーススタディではなく、全員が実際に抱えている問題を提示して頂きます。その問題に対して、組織の背景を踏まえて、その在り方を追求していきます。アクションラーニングの手法では、当事者に対する「質問」と本人の「リフレクション(内省)」による気づきを引き出し、自律的に自らの問題を見詰め直していく「セッション」を繰り返すことになります。このことにより解決への第一歩を踏み出す勇気を得ることが目的の一つと言えます。
 また、セッションを重ねる中で、日頃は相談できないような悩みや思いを分かち合い、相互の信頼と強い絆を形成することが、今一つの成果となります。

◆◆アクションラーニングの主な特徴◆◆
 ■ケーススタディによらず現実の困難な問題に関し
 ■信頼し共有できるメンバーどうしでチームを形成し
 ■ラーニング・コーチのファシリテーションのもとに
 ■支援的かつ誠実な態度で相互に質問を行い
 ■深いリフレクション(省察、ふり返り)を醸成させ
 ■行動計画を立案実施しそのプロセスを更にふり返る
 ■個々人の意識改革と人材開発の手法である
 ■その結果組織風土の変革を推進しうるツールとなる

*職場の問題解決、組織活性化に対しある程度の「責任」と「権限」を与えられた
 管理職が実践するとその効果はより高まります。
*今問題となっている「長時間労働」是正について、参加者の共通テーマとして話
 し合いを進めて、解決策を導き出す手法として使うこともできる。

◆資料ダウンロードした方にした方に【わかるアクションラーニング・小冊子】進呈!
*注)同業者の方はお断りいたします。

資料ダウンロードはサービス導入を検討頂く為に経営者の方や人事ご担当の方を対象としております。
恐れ入りますがご同業、学生の方及び個人的な目的での利用はご遠慮頂いております。ご了承下さい。

このダウンロード資料に関係するサービス

他のダウンロード資料