無料会員登録

会員登録すると検討フォルダがご利用いただけます。 日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

既に会員の方は
こちらからログイン

ログイン

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

会員登録済み


選択したSNSアカウントは既に会員登録済みです。

日本調剤グループ株式会社 メディカルリソース

カブシキガイシャ メディカルリソース

  • お役立ちツール
  • メンタルヘルス

産業医面談による休職命令について判例とともに解説 pdf 819.46 kB / 7 ページ 】

休職命令とは、従業員が何らかの理由で長期間就業ができない場合、企業が一定期間の休職を命じることです。近年はメンタル不調による休職が増加しており、従業員の心身の健康に配慮するための休職命令が多くを占めています。今回は休職命令の基礎知識や、産業医による「勧告」との関係についても解説します。

産業医面談による休職命令について判例とともに解説

ダウンロード資料詳細

企業は従業員を雇う以上、一人ひとりの安全と健康に配慮する義務があります。
仮に従業員が私生活で病気やケガを患ったとしても、
企業の安全配慮義務は果たされなければなりません。
これに関連して、多くの企業には「休職制度」が存在し、
企業は必要に応じて従業員へ休職命令を出すことができます。

当記事では、休職命令の基礎知識や、
トラブルの多いメンタルヘルス不調関連の休職命令、
産業医面談による「勧告」と休職命令の関係について解説します

この会社のダウンロード資料