無料会員登録

会員登録すると検討フォルダがご利用いただけます。 日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

既に会員の方は
こちらからログイン

ログイン

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

会員登録済み


選択したSNSアカウントは既に会員登録済みです。

日本調剤グループ株式会社 メディカルリソース

カブシキガイシャ メディカルリソース

  • お役立ちツール
  • メンタルヘルス

健康診断の事後措置はなぜ大切なのか? pdf 794.89 kB / 6 ページ 】

健康診断で異常所見が見られた従業員について、企業は産業医の意見を踏まえて就業上の措置を講じ、従業員の健康保持を図る必要があります。健康診断の事後措置について、健診後の流れや、事後措置の具体的な事例についてご紹介します。

健康診断の事後措置はなぜ大切なのか?

ダウンロード資料詳細

従業員の健康状態を把握するために欠かせない健康診断。
健康診断で「要観察」や「要医療」と診断された場合、
その従業員に対して事後措置が行われます。

事後措置とは、企業が産業医など医師の意見を聞きつつ、
今後の就業について適切な措置を行うことを指します。
それでは、どのような流れで事後措置は行われるのでしょうか。
また、具体的にどのような措置が行われることがあるのでしょうか。

本記事では、従業員の健康を守るために大切な健康診断の事後措置の流れや
具体的な事例についてご紹介します。

この会社のダウンロード資料