無料会員登録

会員登録すると検討フォルダがご利用いただけます。 日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

既に会員の方は
こちらからログイン

ログイン

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

会員登録済み


選択したSNSアカウントは既に会員登録済みです。

コーン・フェリー・ジャパン株式会社

コーン・フェリー・ジャパン カブシキカイシャ

  • レポート・調査データ
  • 接客・CS

営業組織を変革する7つの方法 pdf 3.72 MB / 19 ページ 】

パンデミックにより購買行動が大きく変わった今、営業組織がより強い組織へと変革する旅を加速させるための7つの方法を紹介。

営業組織を変革する7つの方法

ダウンロード資料詳細

【注目】新型コロナウイルスによるパンデミックはかつてないほど世界を変えました。それは会社や学校とのかかわり方から、買い物や食料品の購入に至るまで、あらゆるものに影響を及ぼしています。そして販売の仕方も購入の仕方も大きく変えてしまったのです。

このような変化に伴い、売り手と買い手の間のギャップが拡大しています。しかし、世界がパンデミックに見舞われる2020年以前から営業指標には異変が起きていました。例えばリードコンバージョン率はマイナス13%、個人営業目標達成者率はマイナス10%と、いずれも二桁も減少していたのです*1。これは買い手が売り手(営業担当者)のを自社課題解決を相談する相手としてではなく、購買最終段階での仕様確認と見積もり入手としての手段としてしか見なくなっていたためでしょう。営業担当者にコンタクトした時点で買い手はすでに何をどのように購入したいかを決定しており、取引を完了させモノ/サービスを届けてもらう手続きをしたかっただけなのです。これは営業担当者が取引に及ぼす力が大幅に低下しているという残念な傾向であり、商談をリードし、直接アップセルやクロスセルを行う機会が制限されているのです。

パンデミックを経てオンラインでのセールスがB2B営業領域にも浸透した今、買い手の売り手に対する無関心はさらに顕著になっていると言えます。しかし、今からでも遅くはありません。対策を講じることはできます。営業組織は顧客との関わり方を再考し、市場開拓戦略、営業人材へのアプローチ、営業体制、プロセス、方法論を変革するのです。

営業組織がより強い組織へと変革する旅を加速させるための7つの方法を紹介します。

この会社のダウンロード資料