無料会員登録

会員登録すると検討フォルダがご利用いただけます。 日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

既に会員の方は
こちらからログイン

ログイン

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ
  • 採用コンサルティング・採用アウトソーシング
  • 人材紹介・再就職支援

技術職・専門職をはじめとした日本最大級のヘッドハンティング会社株式会社プロフェッショナルバンク

カブシキカイシャプロフェッショナルバンク

  • お役立ちツール
  • 人材紹介
  • 中途採用ダイレクトリクルーティング

即戦力ポジションの採用戦略 ヘッドハンティングとダイレクトリクルーティング自社に最適な採用手法とは? pdf 1.18 MB / 8 ページ 】

ヘッドハンティングとダイレクトリクルーティングという比較的新しい採用手法が貴社に適するかを検討できます。

●こんな方におススメ
・従来の採用手法から「攻めの採用手法」に転じたい
・ヘッドハンティングやダイレクトリクルーティングを検討している
・採用工数やコストの違い等を明確にしたい

即戦力ポジションの採用戦略 ヘッドハンティングとダイレクトリクルーティング自社に最適な採用手法とは?

ダウンロード資料詳細

【概要】
ダイレクトリクルーティングを検討している企業からヘッドハンティングも同時に検討したいので、
というお問合せが増えています。この2つの手法、いずれもアメリカ生まれであり、
本場ではヘッドハンティングはExecutivesearch、
ダイレクトリクルーティングはDirectsourcingと言われるそうで、日本での呼ばれ方は両方とも和製英語です。

またいずれも自ら候補者へアプローチする「攻めの手法」という特長があり、
即戦力人材を効果的に採用できるとのことで、ここ10年で活用する日本企業が増えてきています。
ただ、この似た特長の2つの手法も詳細をみていくと異なりますし、企業によって向き不向きが分かれるものです。
当資料では、即戦力人材採用の手法として注目されるダイレクトリクルーティングとヘッドハンティングの違いを解説していきます。

【こんな方におススメ】
・従来の採用手法から「攻めの採用手法」に転じたい
・ヘッドハンティングやダイレクトリクルーティングを検討している
・採用工数やコストの違い等を明確にしたい
…など。

本資料では、
1.はじめに
2.ヘッドハンティングとダイレクトリクルーティングの似た特長
3.ヘッドハンティングとダイレクトリクルーティングの違いは?
4.アプローチ手法と対象
5.採用工数とコスト
…など。各セクションごとに解説いたします。

ご興味のある方は下記よりダウンロードください

このダウンロード資料に関係するサービス

この会社のダウンロード資料