無料会員登録

会員登録すると検討フォルダがご利用いただけます。 日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

既に会員の方は
こちらからログイン

ログイン

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ
  • 業務ソフト・ASP・システム開発

株式会社Works Human Intelligence

カブシキガイシャワークスヒューマンインテリジェンス

  • お役立ちツール
  • 就業規則・勤怠管理
  • 労働時間制度
  • 在宅勤務・テレワーク

休憩時間管理から考える、在宅勤務に適した勤怠管理とは pdf 432.50 kB 】

「在宅勤務においては、従業員の勤怠管理が難しい」という声を聞きますが、果たしてそれは本当でしょうか。厳密に管理・監視をすることが果たしてこれからの働き方にあった方法なのか?今回は、勤怠管理の中の休憩時間に焦点を当てて考えてみます。

休憩時間管理から考える、在宅勤務に適した勤怠管理とは

ダウンロード資料詳細

勤怠管理を行う上で労働時間と対の関係にある「休憩時間」に焦点を当てていきます。

労働時間と同じく休憩時間についても、在宅勤務/テレワークの状況でどこまで管理/監視すべきか、明確な答えを持てていない方もいらっしゃるのではないでしょうか。
本資料では、「休憩時間」のそもそもの定義を改めて確認しつつ、実際どの程度の勤怠管理が適切なのかについて考えていきます。

■目次

ー「休憩時間」と「手待ち時間」の区別
ー 在宅勤務であることと勤怠管理の難しさは比例しない?
ー 時間管理を簡易化するための工夫を
ー より多様な働き方ができる環境を作るために会社ができること

この会社のダウンロード資料