無料会員登録

会員登録すると検討フォルダがご利用いただけます。 日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

既に会員の方は
こちらからログイン

ログイン

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ
  • 業務ソフト・ASP・システム開発

株式会社Works Human Intelligence

カブシキガイシャワークスヒューマンインテリジェンス

  • お役立ちツール
  • 評価・目標管理制度
  • 在宅勤務・テレワーク

在宅勤務/テレワークにおける人事評価制度の見直しに必要な考え方とは pdf 418.89 kB 】

在宅勤務/テレワーク下での人事評価制度の運用の見直しや目標設定の実施、新たな解決方法の導入において必要な考え方とは?問題点を分析して原因を深堀し、対応すべき項目を検討することで、部門コミュニケーションを活性化させることができます。

在宅勤務/テレワークにおける人事評価制度の見直しに必要な考え方とは

ダウンロード資料詳細

在宅勤務/テレワークは、新型コロナウイルスによる非常事態宣言が終了した後も
継続する企業が多く、新たな働き方として定着してきました。
そして、これまで実施されていた制度や運用について、
在宅勤務/テレワーク前提の見直しを迫られている点があります。

人事評価制度の実施や運用はその一つで、インターネット上やSNSでも、
在宅勤務/テレワーク前提の実施における問題点が話題に上がることが多くなってきたようです。

また、それに合わせて多くの解決手法が論じられていますが、
本資料では改めて見直しに必要な問題点を整理し、
主原因を深堀りしたうえで、それぞれに対応すべき項目を検討していきます。

■目次

- 在宅勤務/テレワークにおける人事評価制度の問題点を分析する
- 人事評価制度における問題点が在宅勤務/テレワーク由来なのか分析する
 ・在宅勤務/テレワーク由来の可能性が低い人事評価制度の問題点
 ・在宅勤務/テレワーク由来の可能性が高い人事評価制度の問題点
- 「業務遂行能力」をベースとした人事評価制度と在宅勤務/テレワークについて考える
- 人事評価制度の運用見直しで部門コミュニケーションを増やす
 ・従業員のパフォーマンス・モチベーション低下のリスク
 ・人事評価制度の運用を工夫し、リスクを最小化する
 ・人事評価制度変更だけでは解決につながらない
- その他人事評価制度の運用時に検討材料となる項目
- まとめ

この会社のダウンロード資料