企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

無料会員登録

会員登録すると検討フォルダがご利用いただけます。 日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

事業カテゴリ:
人材育成・研修
人材アセスメント・サーベイ
組織・人事コンサルティング

個と組織を生かす株式会社リクルートマネジメントソリューションズ

カブシキガイシャリクルートマネジメントソリューションズ

http://www.recruit-ms.co.jp/open-course/

〒141-0032 東京都品川区大崎1-11-1ゲートシティ大崎 ウエストタワー
対応エリア:全国、海外、代表者名:代表取締役社長 藤島 敬太郎、従業員数:529名、資本金:214億63百万円

サービス・製品資料 組織診断・活性化 マネジメント コミュニケーション

With コロナに考える 事業部人事が戦略人事になる ということとは?pdf 1.38 MB / 9 ページ 】

【こんな方におススメ】
・with コロナ時代、自分にできる事を模索している
・全社方針に沿った打ち手のみではなく、独自に一歩踏み込んだ人事施策を提案したい
・日常業務に追われてしまっているが、戦略的な取り組みの必要性を感じている

ご興味のある方は下記よりダウンロードください!

ダウンロード資料詳細

【概要】
戦略人事という言葉は、1990年代に米国ミシガン大学の教授 デイビッド・ウルリッチ氏が提唱した考えから生まれたと言われています。ウルリッチ氏は、人事はルーティンや管理だけでなく、事業責任者のパートナーとして戦略面でも関与すべきだと訴えました。
この考えを元に、主にグローバルカンパニーでは、事業部・地域ごとにHRBPと呼ばれるポジションを置き、 採用、教育などの様々な施策を実行する企業が増加しました。

所謂事業部人事にも近いポジションですが、
本社人事の出先機関として本社の施策を現場に推進するのではなく、 部門責任者のパートナーとして、事業・地域に合わせた施策を自ら企画・推進することを期待されていることが特徴です。

戦略人事・HRBPの重要な役割の一つに、「変革エージェント」として組織の変革を仕掛けることがあります。
withコロナで急激に外部環境が変化している中、組織の変革をどのように仕掛けることが出来るでしょうか。

例えば、周りの従業員の声をスピーディに集めて事業責任者に報告する、といったことが正しい変革を助ける可能性もあるでしょう。 いまは、戦略人事としての歩みを進めるべき時なのかもしれません。

資料ダウンロードはサービス導入を検討頂く為に経営者の方や人事ご担当の方を対象としております。
恐れ入りますがご同業、学生の方及び個人的な目的での利用はご遠慮頂いております。ご了承下さい。

他のダウンロード資料