無料会員登録

会員登録すると検討フォルダがご利用いただけます。 日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

既に会員の方は
こちらからログイン

ログイン

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

会員登録済み


選択したSNSアカウントは既に会員登録済みです。

株式会社Works Human Intelligence

カブシキガイシャワークスヒューマンインテリジェンス

  • お役立ちツール
  • 就業規則・勤怠管理
  • 労働時間制度
  • コンプライアンス

働き方改革関連法で変わる業務とは?【対策ポイントは5つ】 pdf 418.70 kB 】

働き方改革関連法が施行されて1年以上が経過した今、改めて働き方改革関連法の内容とこれまでの制度との違いをまとめています。対応すべきポイントはどこか、そのために必要なシステムとは何か。それらについて有給休暇や残業などの事例を交えて解説いたします。

働き方改革関連法で変わる業務とは?【対策ポイントは5つ】

ダウンロード資料詳細

「働き方改革を推進するための関係法律の整備に関する法律案」、いわゆる「働き方改革関連法案」が2018年5月31日に衆議院で、同年6月29日には参議院でそれぞれ可決され、成立しました。

改正事項によって時期は異なりますが、2019年4月から順次、労働基準法を始めとする関連法令の改正が施行されています。

本資料では、改めて働き方改革関連法の概要を紹介し、施行に伴い変更が生じる5つの人事業務範囲の変更点と、それに応じる対策を紹介します。


■目次
- 働き方改革関連法の概要
- 通称「残業代ゼロ法案 - 働き方改革関連法により生じ得る従来の制度との違い5つ
・ 時間外労働の上限を厳格化 -生産性の上がらない残業とはもうおさらば-
・ 年次有給休暇取得の義務化 -年5日の有給休暇が保証される- 【罰則あり】
・ 労働時間把握の義務化 -より実績に近い管理に向けて-
・ インターバル制の努力義務化 -適切な休息を確実に-
・ フレックスタイム制の見直し -精算期間や計算式の変更-
- 働き方改革関連法の施行で対応すべき業務範囲は5つ
・ 1. 勤務実績
・ 2. 就労申請
・ 3. 集計
・ 4. 照会
・ 5. 分析

このダウンロード資料に関係するサービス

この会社のダウンロード資料