企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

無料会員登録

会員登録すると検討フォルダがご利用いただけます。 日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

事業カテゴリ:
人材育成・研修
ビジネス効率化・支援
組織・人事コンサルティング

株式会社グローネス・コンサルティング

http://www.growness.co.jp

〒160-0004 東京都新宿区四谷1-15アーバンビルサカス8 B-1階
対応エリア:全国、代表者名:為広 雅夫、従業員数:10名、資本金:1,000万円

サービス・製品資料 意識改革・活性化 若手社員研修 キャリア開発

若手社員対象「貢献力」研修 御紹介資料pdf 1.05 MB 】

「自己完結の時代」を生きてきた若手社員に、「相互支援の文化」である日本企業で働いてもらうためには、「役割認識」「自ら考えて動く」「他者に働きかける」など、私たちの当たり前を具体的に教える必要がある。本研修は、次の時代を担う若手社員と、日本企業の職場とを融合させることを目的としている。

ダウンロード資料詳細

【グローネス・コンサルティングの考え方】
 他者と関わらなくても生きていける時代に生まれ育った「デジタルネイティブ世代」は、今後ますます増えていく。社会システムや企業統治の仕組みも、それに伴って変化する。この流れは止められない。
 しかし、現時点においては日本社会の教育、文化、ビジネス慣習は無論、企業の採用、労務管理、賃金体系といった人事諸制度から職場風土、マネジメントのあり方まで「旧世代の価値観」で形成されており、変えることは容易ではない。
 今後、日本企業で働く若年層たちには、日本の職場では「役割認識による自発的発信と組織貢献」が求められることを理解してもらい、具体的な動き方を教える必要がある。

【研修内メッセージ】
①同一労働同一賃金、リモートオフィス等の時間と空間に囚われない働き方など、企業側も働き方の改革には取り組んでいるが、これには時間がかかる。
②日本の職場では、分厚い業務マニュアル(職務記述書)などはなく、それぞれが役割を認識し、互いに助け合いながら仕事をする。君たち(若年層)もこの会社で働く以上は、こうした職場、働き方を理解してもらわなければならない。
③「役割とはなにか」「自発的に動くとはどういうことか」を学び、役割遂行による組織貢献という働き方を職場で実践してもらいたい。

資料ダウンロードはサービス導入を検討頂く為に経営者の方や人事ご担当の方を対象としております。
恐れ入りますがご同業、学生の方及び個人的な目的での利用はご遠慮頂いております。ご了承下さい。

このダウンロード資料に関係するサービス

他のダウンロード資料