企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

無料会員登録

会員登録すると検討フォルダがご利用いただけます。 日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

事業カテゴリ:
給与計算・代行
採用コンサルティング・採用アウトソーシング
人材アセスメント・サーベイ

躍動感溢れる未来を創造する株式会社アクティブアンドカンパニー

カブシキガイシャアクティブアンドカンパニー

http://www.aand.co.jp

〒102-0074 東京都千代田区九段南3-8-11飛栄九段ビル5階
対応エリア:全国、代表者名:大野 順也、従業員数:50名、資本金:30,490万円(資本準備金含む)

レポート・調査データ ERP・人事システム 他 助成金

人事業務をITで効率化、データで検証する「HRテックツール」の費用対効果pdf 884.42 kB / 6 ページ 】

本コンテンツでは、身近になりつつあるHRテックツールの費用対効果を、人事部門の人件費や業務内容、そしてツールの市場相場を基に、多角的に検証します。

ダウンロード資料詳細

 人事部門が担う業務は、給与計算や社会保険手続き、人材採用など多岐にわたります。従来は手作業で行われていたこうした業務を、ITテクノロジーの活用により自動化/効率化するソリューションが「HRテック」であり、既に多数のツールが登場しています。

 HRテック領域のツールは、採用系の「ATS」、人材育成を担う「LMS」、人事情報システム全般を指す「HRIS」、従業員データを分析する「HRA」の4つに大きく分類できるが、ツールの中には複数の役割を担うものもあります。いずれもクラウド型のシステムとして展開され、サブスクリプション型への料金体系へ移行が進むなど、導入のハードルも下がっています。

 本コンテンツでは、そのように身近になりつつあるHRテックツールの費用対効果を、人事部門の人件費や業務内容、そしてツールの市場相場を基に、多角的に検証します。

資料ダウンロードはサービス導入を検討頂く為に経営者の方や人事ご担当の方を対象としております。
恐れ入りますがご同業、学生の方及び個人的な目的での利用はご遠慮頂いております。ご了承下さい。

このダウンロード資料に関係するサービス

他のダウンロード資料