無料会員登録

会員登録すると検討フォルダがご利用いただけます。 日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

既に会員の方は
こちらからログイン

ログイン

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

会員登録済み


選択したSNSアカウントは既に会員登録済みです。

日本調剤グループ株式会社 メディカルリソース

カブシキガイシャ メディカルリソース

  • お役立ちツール
  • メンタルヘルス

【20年ぶりに改正】脳・心臓疾患労災認定基準の改正ポイントを解説 pdf 1.73 MB / 7 ページ 】

厚生労働省は脳・心臓疾患の労災(=労働災害)認定の基準を20年振りに見直す方針を固め、9月14日に新しい労災認定基準に改正されました。この記事では、20年ぶりに改正された「脳・心臓疾患労災認定基準」について詳しく解説します。

【20年ぶりに改正】脳・心臓疾患労災認定基準の改正ポイントを解説

ダウンロード資料詳細

2021年6月、厚生労働省は脳・心臓疾患の労災(=労働災害)認定の基準を20年振りに見直す方針を固めました。そして同年9月14日、見直しを行なった新しい労災認定基準に改正され、翌15日に運用が開始。「勤務時間の不規則性」や「心理的・身体的負担を伴う業務」に焦点が当てられ、以前より柔軟な労災認定ができるよう改正されました。

本記事では、20年ぶりに改正された「脳・心臓疾患労災認定基準」について、改正の背景や具体的な内容、押さえておくべきポイントを解説します。

この会社のダウンロード資料