無料会員登録

会員登録すると検討フォルダがご利用いただけます。 日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

既に会員の方は
こちらからログイン

ログイン

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

会員登録済み


選択したSNSアカウントは既に会員登録済みです。

あたらしい時代の「組織」と「個人」の関係を創り出す株式会社NEWONE

カブシキガイシャニューワン

  • お役立ちツール
  • チームビルディング
  • 管理職研修

機能するチーム・機能しないチームのアクションの違いとは?~オンライン化時代のチームづくりに必要なこと~ pdf 1.39 MB / 11 ページ 】

本レポートでは、チームに所属したことがある係長~部長クラスの約300名を対象に、1. チームとして機能しておらず成果にも直結していなかった時のチーム、2. チームとして機能し成果にも直結していた時のチームの2つの状況において、どんなアクションを行えば機能したかについて調査しその結果をまとめています。

機能するチーム・機能しないチームのアクションの違いとは?~オンライン化時代のチームづくりに必要なこと~

ダウンロード資料詳細

昨今、テレワークなど働き方の多様化により、組織内でのチームづくりにも大きな変化が求められています。
また、多くの管理職が成果を求められる中、テレワーク下でのメンバー育成やマネジメントに悩んでいます。

このような時代の変化に伴い、チームとして機能し成果に直結するためには、どんなアクションが必要なのか、また、どんなアクションが違いを生むのかについて調査を行いました。

本レポートでは、チームに所属したことがある係長~部長クラスの約300名を対象に、

1. チームとして機能しておらず成果にも直結していなかった時のチーム
2. チームとして機能し成果にも直結していた時のチーム

上記2つの状況において、どんなアクションを行っていたか、また、どんなアクションを行えば機能したかについて調査を行い、その結果についてまとめています。

本レポートが、オンライン化が加速するこれからの時代において、新たなチームづくりのヒントとなれば幸いです。

ぜひ、以下よりお申込ください。

◆目次
P2 調査概要
P3 レポートサマリー
P4 どのアクションを行えばチームは機能し成果が出ていたか?
P5 チームが機能し成果を出すためのアクションの違いとは?
P6 オンライン化時代のチーム作りに大事なこと
P7 《参考》 これからの時代に求められるチームマネジメントとは
P8 管理職の7つ道具(ココラボ)のご紹介

この会社のダウンロード資料