無料会員登録

会員登録すると検討フォルダがご利用いただけます。 日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

既に会員の方は
こちらからログイン

ログイン

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ
  • 業務ソフト・ASP・システム開発

株式会社Works Human Intelligence

カブシキガイシャワークスヒューマンインテリジェンス

  • お役立ちツール
  • ビジネス支援

人事業務をアウトソーシングするメリット・デメリットとは?失敗しないために押さえておくべきポイント pdf 465.29 kB 】

市場としても盛り上がりを見せている人事業務のアウトソーシング。しかし、「思ったより費用が掛かる」「以前と比較してそんなに工数が変わっていない」とデメリットを指摘する声があるのも事実。そこで本記事では人事部の業務がより楽になるためのアウトソーシングのポイントをお伝えします。

人事業務をアウトソーシングするメリット・デメリットとは?失敗しないために押さえておくべきポイント

ダウンロード資料詳細

人事給与のアウトソーシング市場は現在、市場規模が2018年度で3320億円ほどと、
かなりの盛り上がりを見せています。
※矢野経済研究所「人事・総務関連業務のアウトソーシングビジネス調査レポート2020」より

その背景としては、就労人口が減っていることから、人材の確保が難しくなっており、
貴重な社内の人間をよりコアの業務へと配置する流れが生まれていることが挙げられます。
また、なるべく固定費を減らしていきたい、という考えの企業が増えていることも理由の一つです。
こういった考えから、間接業務を外だしする機運が高まっています。
特に大企業は、間接業務にかかる経費をより圧縮する傾向にあるため、
アウトソーシング事業への需要は非常に高まってきています。

また、国が推し進める税制改正やストレスチェックの義務化、
働き方改革等といった施策に関連して、
アウトソーサーがそれぞれ関連サービスを提供・拡充し、シェアを獲得してきつつあることも
市場が盛り上がりを見せている理由の1つです。

本資料では、今この熱い、アウトソーシングのメリット・デメリットは何なのか、
どうすればよいアウトソーシングができるのかについてご紹介します。

■目次

ー アウトソーシングのメリット
ー アウトソーシングのデメリット
ー 人事のアウトソーシングを成功させるためのポイント
ー COMPANYのアウトソーシング
ー まとめ

この会社のダウンロード資料