無料会員登録

会員登録すると検討フォルダがご利用いただけます。 日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

既に会員の方は
こちらからログイン

ログイン

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ
  • 業務ソフト・ASP・システム開発

株式会社Works Human Intelligence

カブシキガイシャワークスヒューマンインテリジェンス

  • お役立ちツール
  • 労働・社会保険手続き

年末調整の電子化、本当に実施して大丈夫?気を付けておきたいポイントまとめ pdf 447.09 kB 】

今年から実施される年末調整の電子化。在宅勤務で電子化が進むからといって本当に実施してもよいのでしょうか。年末調整電子化の実施を進める前に一度読んでみてください。

年末調整の電子化、本当に実施して大丈夫?気を付けておきたいポイントまとめ

ダウンロード資料詳細

ご存じの方も多いと思いますが、今年から年末調整申告において

・保険料控除申告書
・住宅借入金等特別控除申告書
・住宅借入金等特別控除証明書及び年末残高証明書

の電子データ提供が開始されます。

在宅勤務の定着によって、バックオフィスの業務が電子化されることは、大きなインパクトがあり、
どちらかといえばポジティブな評価や印象を受けることが多いでしょう。

当然、各社の人事担当者にとっても、年末調整業務の効率化は常に意識する部分ですが、
果たしてすぐに電子化に踏み切ることは可能なのでしょうか?

メリットとその裏にある思わぬデメリットの両側面からご紹介していきます。

■目次

ー 年末調整手続きの電子化で何が変わるのか
ー 便利に思える年末調整申請電子化。その裏にある担当者の苦悩とは?
 ・①年末調整はだれのもの?
 ・②業務効率化の真逆を行く「電子と紙の併用」
 ・③電子化による従業員のメリットは実はない?
ー まとめ

このダウンロード資料に関係するサービス

このダウンロード資料に関係するセミナー

この会社のダウンロード資料