無料会員登録

会員登録すると検討フォルダがご利用いただけます。 日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

既に会員の方は
こちらからログイン

ログイン

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ
  • 業務ソフト・ASP・システム開発

株式会社Works Human Intelligence

カブシキガイシャワークスヒューマンインテリジェンス

  • お役立ちツール
  • 他 福利厚生

通勤手当の制度を設計し直すために必要な考え方とは pdf 369.45 kB 】

在宅勤務/テレワークの浸透により、今後の通勤交通費の支給方法について改めて考えていく必要があります。本記事では、通勤手当の制度を適切に設計していくための前提やそのポイントについてご紹介します。

通勤手当の制度を設計し直すために必要な考え方とは

ダウンロード資料詳細

在宅勤務/テレワークの浸透により交通費支給方法の見直しについて
各社で対応について活発に議論がされていますが、昨今の状況を鑑みると、
そもそもの制度や運用をより良い形へ柔軟に変化させていく必要があります。

「これを機に交通費支給の制度を見直せ!」
こんな指示が経営から出ている企業も多いでしょう。

加えて、システム的にもどう対処を行うのかが求められるため、
通勤手当担当者にとっては頭の痛い話なのではないでしょうか。
通勤手当業務については、制度上の要因によって、以前より担当者の業務負荷が高い傾向にあります。
さらに社会の変化を業務運用に含め、
調整していくことは非常に困難を伴うであろうことは容易に想像できます。

本資料では、社会の変化を担当者の業務改善につなげるための
適切な制度設計に関してのポイントを整理しています。

■目次

ー「最も経済的かつ合理的な経路」の罠
ー 制度設計に必要となる2つの前提
 ・前提①:通勤手当の支給は各企業の裁量範囲である
 ・前提②:通勤手当を「手当」と考えるのか「実費」と考えるのか
ー 制度設計の基礎となる3つのポイント
 ・① 通勤手当の制度はシンプルに
 ・② 交通費支給の決定条件と算出方法を明確に
 ・③ システムに合わせた支給条件設計も視野に
ー まとめ

この会社のダウンロード資料