無料会員登録

会員登録すると検討フォルダがご利用いただけます。 日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

既に会員の方は
こちらからログイン

ログイン

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ
  • 業務ソフト・ASP・システム開発

株式会社Works Human Intelligence

カブシキガイシャワークスヒューマンインテリジェンス

  • お役立ちツール
  • 他 福利厚生

在宅勤務に伴って交通費の実費支給を検討する際に考えるべき5つのこと pdf 417.85 kB 】

新型コロナウイルスに伴う在宅勤務が進む中、交通費支給方法の見直しに必要なポイントとは? 定期代支給から実費支給への切り替えに必要なプロセス、会社として検討すべき制度や運用方法についてご紹介します。

在宅勤務に伴って交通費の実費支給を検討する際に考えるべき5つのこと

ダウンロード資料詳細

新型コロナウイルス感染症予防に伴う在宅勤務/テレワークの浸透により、
多くの企業で交通費支給に関する見直しが検討されています。

しかし実際多くの企業からは
「正直何から手を付ければいいかわからない」
「他社がどうしているのかを参考にしたいから聞いてみたけど、そちらも同じ状態で・・・」
と、検討自体は行っているものの、実際に制度や運用まで固めて制度変更に着手したり、システム変更を検討したりしている企業は全体でも1割に満たないようです。

そこで本資料では、交通費を実費支給に切り替えるにあたり、どのようなプロセスで制度と運用を検討すべきか、いくつかポイントを整理してみます。


■目次

ー在宅勤務/テレワークの実態の把握から始める
ー定期割引率を侮らない
ー前払いの定期券と後払いの実費支給は本来は両立できないことを認識しておく
ー見過ごされがちな交通費と社会保険の関係に注意
ー就業規則の変更や労働組合への報告が必要か確認
ー最後に

このダウンロード資料に関係するサービス

このダウンロード資料に関係するセミナー

この会社のダウンロード資料