企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

【ヨミ】クレームストーカー クレームストーカー

「クレームストーカー」とは、企業の窓口として接客や電話応対などを担当する従業員に、異性の顧客が業務への苦情を装って執拗につきまとうこと、あるいはそうした迷惑行為に及ぶ人物を指す言葉です。自社のイメージや好感度を損なわないように、従業員ができるだけ愛想よく、ていねいに接した結果、相手から好意があると勘違いされて、つきまとい行為にエスカレートしてしまうのがクレームストーカーの特徴です。このところ、被害が急増し、企業や自治体が対応に苦慮しています。

(2015/2/24掲載)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

クレームストーカーのケーススタディ

“苦情”を装って窓口女性につきまとい
ストーカー規制法では取り締まれない!?

店舗やコールセンターなどで、スタッフの応対に執拗に文句をつける人をクレーマーと呼びますが、とくにその接客担当者が女性の場合、“苦情”を名目にして、男性の客からしつこくつきまとわれるケースが少なくありません。近年、問題視されている「クレームストーカー」です。

最近の新聞報道によると、育毛サロンの女性店長が顧客男性からクレームを盾に面会をしつこく求められ、店を異動せざるを得なくなったあげく、相手から慰謝料を求める裁判まで起こされた例や、自治体の就労支援窓口の女性職員に対し、求職中の男が連日電話をかけたり、窓口に何時間も居座ったりしたうえ、「態度が悪い」「謝罪させろ」と半年もつきまとった例などの実態が取り上げられ、被害の悪質さに反響が広がっています。

やっかいなのは、接客業やサービス業の基本中の基本であるていねいで親切な応対を、相手が勝手に“好意”と受け取り、勘違いして何度も店や窓口に通うようになってしまうという点です。気づいた担当者がその客を避けようとすると、相手のゆがんだ恋愛感情が執着心や恨みに転化。因縁をつけることで担当者との接点を保とうとして、つきまといをエスカレートさせてしまうのがクレームストーカーの心理的特徴と考えられます。

本来、つきまといやストーカー行為などは「ストーカー行為等の規制等に関する法律」(ストーカー規制法)で取り締まれるはずですが、クレームストーカーの場合は、同法の適用対象になりにくいといわれます。ストーカー規制法で規制している行為は、単なるつきまとい等ではなく、そこに「恋愛感情その他の好意の感情」や「そうした感情が満たされないことに対する怨恨の感情」を満たす動機が認められる場合に限られているからです。ところが、クレームストーカーの場合、表向きはあくまで“顧客によるクレーム”なので、恋愛感情がらみだと客観的に認識できるような言質が本人からとれないかぎり、ストーカー規制法で対処するのは現実的に難しい。警察にも相談できず、対応に苦慮するケースが多いのはそのためです。

とはいえ、悪質なクレームストーカーへの対応を社員個人に任せるのは、会社としても非常に危険。万一、社員が業務中に事件に巻き込まれ、何らかの被害に遭うようなことがあれば、社員に対する安全配慮義務を怠ったとして、損害賠償責任まで生じかねません。大切なのは、個人の安全を最優先し、組織全体で対応するのだという会社としての姿勢を、クレームストーカーにも、被害に遭っている社員にも毅然と示すことです。ストーカーを被害者に接触させない配慮は最低限必要ですし、とくに接客業、サービス業では日頃からクレームストーカーに対応するマニュアルを整備し、職場に徹底しておくべきでしょう。

また弁護士に依頼して、対応を委託するのも有効な方法のひとつ。ストーカーに対して近づかないように指示できるのは、法定代理人になれる弁護士だけです。実際、先述した自治体のケースでは、自治体側が弁護士に相談し、つきまとい行為の中止を求める文書を内容証明郵便で送ると、クレームストーカーは姿を見せなくなったといいます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい

感情労働
「感情労働」とは、アメリカの社会学者A.R.ホックシールドが提唱した働き方の概念で、感情の抑制や鈍麻(どんま)、緊張、忍耐などを不可欠の職務要素とする労働のことです。体力を使って対価を得る「肉体労働」やアイデアなどを提供する「頭脳労働」に対して、感情労働に従事する者はつねに自分自身の感情をコントロ...
ダブルアサインメント
「ダブルアサインメント」とは、「一業務二人担当制」のことで、通常なら一つの仕事や取引先に担当者を一人ずつ充てるところを、あえて二人の担当者を配置し、ペアを組んで業務にあたる働き方をいいます。担当者二人が業務に関する情報や知識を共有し、緊密に連携することで、特定の人しかその業務ができない状態に陥る、“...
ぶら下がり社員
「ぶら下がり社員」とは、いわゆる問題社員の類型の一つで、仕事や組織へのコミットが弱く、指示された用件や与えられた仕事はこなす反面、求められる以上の役割はけっして果たそうとしないタイプの社員を指します。目的意識や成長への意欲に欠け、現状維持に安住したがる傾向が強いため、会社や上司には従順ですが、自らが...

関連する記事

近年の新入社員教育(研修)の傾向と課題
ここでは、新入社員の気質、経営環境の変化に対応した新入社員教育の必要性、採用活動から配属後フォローまで一貫した体制作り、など近年の新入社員教育(研修)傾向と課題を整理する。
2016/03/30掲載よくわかる講座
「人口減少」と「団塊の世代の大量定年」は、企業の人事戦略にどのような影響を与えるか?
国立社会保障・人口問題研究所の2002年1月の推計では、日本の総人口は「2006年をピークに減少していく」と見込まれています。しかし昨年8月に発表された厚生労働省の「人口動態推計」(2005年上半期)では、統計開始以来、初めて減少を示し、もうすでに日本の人口が...
2006/03/13掲載人事・労務実態調査
マニュアル的な対応は要注意! 裁判例にみる“組織を乱す社員”への対応実務
企業規模を問わず、組織を乱す問題社員がいることがあり、企業はその対応に頭を悩ませている。事情に応じて慎重に検討する必要があるが、その実務的な対応方法とは?裁判例を踏まえつつ、わかりやすく解説する。
2016/09/16掲載人事・労務関連コラム

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

50音・英数字で用語を探す

新着用語 一覧

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


いま、見直される「セルフケア」

いま、見直される「セルフケア」

近年、働く環境が大きく様変わりし、職場におけるストレス要因が増加してき...


「ワーク・ライフ・バランス」実現に向けて<br />
~企業は何に取り組むべきなのか?

「ワーク・ライフ・バランス」実現に向けて
~企業は何に取り組むべきなのか?

近年、長時間労働の是正や育児支援制度の導入など、企業の「ワーク・ライフ...