企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

【ヨミ】ドウイツカチロウドウドウイツチンギン 同一価値労働同一賃金

同一の価値を持った仕事に対しては、同一の賃金を支払うという原則のこと。「Pay Equity/ペイ・エクイティ」とも呼ばれています。
(2008/1/28掲載)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

同一価値労働同一賃金のケーススタディ

正社員とパート間の賃金格差や
女性の非正規雇用の拡大などで社会問題化

「同一の価値とみなされる労働には同一の賃金を支払う」という原則で、例えば、看護師や司書(図書館などで専門的事務を行う職業)のように女性が多い仕事や、医師や消防士といった男性が多い仕事など、性別的役割分業が賃金の差別に結びつくことに対抗する考え方として登場しました。

仕事の価値については、(1)責任(2)労働環境(3)知識・技術(4)肉体的・精神的負荷という4つの要素で評価することが一般的とされていますが、その価値を評価するのは誰か、また、その評価に客観的基準があるのかということが課題とされてきました。結局、使用者にとって同程度に価値があると認められた労働が同じ賃金ということになりかねず、職種・職務給制度の中に吸収され、真に有効な男女の賃金格差是正のためにならないという指摘もあります。

法的根拠としては、「使用者は国籍・信条または社会的身分を理由として賃金、労働時間、その他の労働条件について差別があってはならず(労働基準法3条)」、「女性であることを理由に賃金に差別があってはならない(同法4条)」などがあります。しかしながら、日本の労働市場では未だ、正社員でも女性社員の賃金水準は男性社員の60%程度であり、その他にも正社員とパート間の賃金格差、女性の非正規雇用の拡大などの問題が、しばしば取りざたされています。

日本政府は、「同じ価値の労働なら性別に関係なく同じ賃金」を定めた国際条約を批准していますが、その価値の評価については何ら具体策を出していません。こうした日本の現状に対し、国際労働機関(ILO/International Labor Organization)は、「法令の形で表明することを希望する」との見解を公表しています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい

バンド型賃金制度
「バンド型賃金制度」とは、職務別あるいは役割別に一定の賃金範囲=バンド区分を設定し、社員それぞれの賃金の額を、本人が属するバンドの範囲内で評価に応じて変動させる賃金制度のことです。バンド(band)は「帯」の意味で、上限額から下限額まで幅をもたせた帯状の賃金構造を指します。成果主義型の給与体系を設...
水平的評価
上司が部下に評価を下す「垂直的評価」に対して、同等の組織階層に属する従業員相互が評価者、被評価者となって評価しあうことを「水平的評価」と呼びます。この手法を考課方式として単独で用いることは少なく、導入している企業などではあくまでも垂直的評価を補完するために、一人の被評価者を直属の上司だけでなく複数...
ノーワーク・ノーペイの原則
労働契約法第6条が定める労働契約は、労働者による労務の提供と、使用者による賃金の支払との“双務契約”です。したがって労務の提供が履行されず、それが労働者の責任に帰する場合は、対応する賃金の支払義務も原則として生じません。これを「ノーワーク・ノーペイの原則」といいます。つまり「労働無くして給与無し」―...

関連する記事

説明できる? 「あの人の方が給料が高い」理由
「同じ仕事なのに賃金が低いのはどうして?」 勤続が長く仕事の隅々まで理解したベテランパートよりも、何も知らない・できない 新人社員の方が賃金が高い、というのはよく聞く話です。 パート・アルバイトで働く人は、正社員との賃金格差についてどのような 不満と納得感を持...
2019/02/26掲載新卒・パート/アルバイト調査
「働き方改革」推進に向けての実務(1)同一労働・同一賃金など非正規雇用の処遇改善
ここでは「働き方改革」の代表的な施策についてその目的・課題と実務上のポイントを整理する。
2017/03/31掲載よくわかる講座
評価制度の実際
人事制度の方針を決定する上で重要な役割を持つ「評価制度」。その意義・目的と運用のポイントについて紹介する。
2017/06/30掲載よくわかる講座

関連するQ&A

時間外労働時間明記について
お世話になります。 時間外労働に対する賃金が、みなし賃金として支払いをしております。 今後、何時間分の時間外労働に対するものなのか明記していきたいのですが、 現在の基本給、200、000円。 みなし賃金、50,000円 1か月21日労働、1日8時間 の場合、200000÷21日÷8×1.25=1、4...
半日有休で遅刻し、半日勤務に満たない場合の対応
いつもお世話になります。 以下、ご質問です。よろしくお願いします。 当社で半日有休を申請しながら、申請日2日間とも1時間遅刻をした者がおります。 ですので、所定8時間の場合、通常は、 4時間の労働時間賃金 + 4時間の労働時間賃金 = 1日分の労働時間賃金 4時間の有給休暇賃金 + 4時間の有給...
管理監督者の休日出勤における賃金
年俸制の管理監督者の賃金の考え方について教えてください。 管理監督者の時間外労働・休日労働の割増賃金の支給義務は労基法第41条により適用除外となっていることは理解していますが、割増賃金を除く1.00の賃金は支給する義務はありますでしょうか? 労基法第24条の賃金の支払については適用除外されている...
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。
「エンゲージメント」を高めるためのポイントやソリューション

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

シェアNo.1採用管理システムi-web LINE採用コネクト

50音・英数字で用語を探す

新着用語 一覧

注目コンテンツ


「エンゲージメント 」を高めるソリューション特集

「従業員エンゲージメント」を高めるために押さえておきたいポイントや具体的な施策、ソリューションをご紹介します。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。